経験談!インターナショナルスクールのメリットとデメリット

インターナショナルスクールと聞くと、とても良いイメージを想像する人が多いのでないでしょうか。

また、金銭的に余裕さえあれば自分の子供をインターナショナルスクールで教育させたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

私は親の教育方針で、皆が幼稚園に通っているころインターナショナルスクールで教育を受けていました。

そんな私が大人になって母になって感じるインターナショナルスクールのメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

インターナショナルスクールのメリット

まず一番のメリットは、英語力が明らかに伸びるという事です。

子供の頃から毎日英語が飛び交う世界で生活をするので、勉強をしてというより自然と英語の会話力は伸びていきます。

 

また、子供の頃から外国の方と過ごすという事は世界観も広がるという事です。

私はインターナショナルスクールで教育後、普通に日本の小学校に入学しました。

しかし、その後も英語の学習は続け、大学卒業後には海外へと留学をする道を選びました。

 

子供の頃からいつか日本を出て広い世界に飛び込みたいと思っており、小さいころから海外のドラマが大好きで海外での生活にも憧れていました。

留学後は、日本で英語学習の教育機関に就職して英語を勉強する方を支える仕事を行いました。

インターナショナルスクールに通わすという事は、その子の世界観や人生の選択肢を増やす事は間違いないと思います。

インターナショナルスクールのデメリット

しかしデメリットもあると私は考えます。

インターナショナルスクールは日本の学校とは全く異なります。

 

それは英語を話すという事だけでなく、それ以外の教育の仕方もいわゆる海外仕様になります。

私自身、日本の小学校に入った時幼心にカルチャーショックを感じた事を覚えています。

日本の学校は、礼儀や躾にとても厳しいです。

今までは怒られなかった事で叱られる事がありました。

 

その後も慣れるまでには少し時間がかかりました。

インターナショナルスクールに通わす事は日本が大切にしている礼儀や躾を教えないという事にもなるのではないかと思います。

もしその子がそのまま海外の学校に行き海外で生活してとなった場合は特に問題はないかと思いますが、日本の企業に就職して日本で生活してとなると少し窮屈な思いをする可能性があるかもしれません。

インターナショナルスクールは間違いなく将来の選択肢を増やしてくれる

インターナショナルスクールに通わすことはその子の人生を広げることは間違いないと思います。

私はたった3年でしたが確実に自分の人生が広がったと感じでいます。

 

海外に飛び立ってほしいと考えるならば、インターナショナルスクールは良い選択だと思います。

著者:ALICE

性別:女性

年齢:33歳

幼稚園児の男の子のお母さんです。両親の教育方針で幼少期インターナショナルスクールに通った経験があります。その後海外留学を得て日本でも英語を使って仕事をしていました。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!