珍名な名字は大変!?平凡な名前になった私が今思う事!

今は結婚して姓が変わりましたが、私の旧姓はかなりの珍名でした。
漢字そのものは決して難しいものではないのですが(低学年で習う程度)何せ読み方が特殊なんです。
珍名の苦労って自分が珍名になってみなければ絶対に分からないと思います。

 

この記事では珍名で育った私の半生と共に、現在も珍名で悩んでいる方に私なりのアドバイスを書かせていただきたいと思います。

苗字を変えたくて仕方がなかった子供時代

学生時代は名前でイジられる事が多かったので、自分の苗字が特にコンプレックスに感じていました。
子供って程度を知らないので、からかいも本当にしつこいんですよね。

 

小学3年生の時、クラスの男子達に名前をバカにされるのが本当に嫌で母に「お母さんの結婚する前の名前にして」ってせがんだ事がありました。
母方の祖母は「田村」という姓だったので、これなら問題ないと思って母に言ったのですが、「あら、お母さんは田村じゃないよ、○○だよ」と驚愕の事実を知らされました。
祖母は祖父が亡くなった後に再婚し「田村」になりましたが、母は籍を移さなかったので旧姓が田村ではなかったのです。
しかも母の旧姓もなかなかの珍名だったので、「どっちを取れと言うのだ!?」と子供ながらに苦悩しました。

母は名字だけでなく名前でも悩んでいた様子

しかし、その母も名前ではかなり苦労しています。
母の名は決して珍しいものではないのですが、この珍名の姓ととても発音が似ているんです。
字を見ると全く問題ないのですが、病院などでフルネームで呼ばれたりすると、同じ名前を繰り返して言っている様に聞こえるんです。
母の名前が呼ばれるとその場の空気がザワつくのは子供ながらに感じていました。

 

母もそれが嫌だったんでしょうね、ある時、名を改名しようとした事がありました。
父に新しい名を付けてもらい役所に手続きに行った所までは良かったんですが、担当者に「元の名の字がとても綺麗で親の愛情が感じられるから変えない方が良い」と説得され、そのまま改名できずに帰ってきてしまいました。
もしかしたら私以上に母も名前にはコンプレックスを持っていたのかもしれません。

「珍名あるある」をいくつかご紹介

ここで珍名あるあるをいくつかご紹介したいと思います。

珍名で悩んでいる方は「あるある!」となるのではないでしょうか。(笑)

 

  • 判子は特注
  • 両親の出身地を確認される
  • お店の予約時には友人の名前、または偽名を使う
  • 電話では一発で聞き取ってもらえない
  • 新学期の出席で自分の時に先生が「うっ」ってなる
  • 店で名前を記入する際、カナをふると「なるほど〜」と店員が言う
  • 病院など違う読み方をされて、自分だと気が付かずにいる
  • 間違えて読まれても「はい」と言って訂正しない事がある
  • 名前の間違いにはとても寛大である
  • 同じ名が親戚しかいない
  • 名が途絶えそうだ

 

などなど、珍名なら必ず経験していますよね。

苗字のコンプレックスが愛着に変わった瞬間がやってきた

こんな苗字に強いコンプレックスを持って生きてきた私ですが、その考えを覆す大きな出来事がありました。

 

両親の死です。
白くなった両親の戸籍書類を見て、名が無くなるとはこういう事なんだとしみじみ実感しました。
それからはあんなに嫌いだった自分の姓に愛着を感じる様になり、この珍名に対しての気持ちが変化して行ったのです。
思考が変わると不思議なもので、苗字を褒められる機会がとても増えた様に感じました。

 

いえ、以前からこの珍名を褒めてくれる人はいたのだと思います。
ただ自分が意固地になっていたために、その言葉が耳に入って来なかったんでしょう。

 

その後、結婚して旧姓とは程遠い平凡な名前となり、便利に思う反面ちょっと淋しく感じる時もあります。
名前が変わってからは、もちろん読み間違えられる事は100%ありません。
面倒な事もなく本当に楽ではありますが、あの珍名時代の名乗った後の「おおおっー」というどよめきを懐かしく思い返す事があります。
今は「どうだ、驚いただろ?期待以上だっただろー」みたいな満足感を経験する事もありません。

珍名で悩んでいる方へ伝えたいこと

今にして思えば見ず知らずの他人や顔も見えない電話の向こうの相手から、名前について興味を持ってもらえたり、良い名前だと言ってもらえる経験なんてそうそう無い事だと思えるのです。
これは珍名だけに与えられた特権です。

 

珍名の方、またはご結婚されていきなり珍名となった方、いろいろご苦労はあるかと思いますが、この特権を是非楽しんでもらえたらいいな、と心から願っています。
私の姓は変わりましたが、取りあえず父方の親戚がいるのであの珍名はこの先もまだ途絶える事は無さそうです。

著者:すぴな

性別:女性

年齢:34歳

結婚5年目、今我が家はイヤイヤ期絶頂の最強ツインズがおります。子育てでヘロヘロの毎日ですが、まあ何とか楽しくやっています。中日ドラゴンズのドアラさんを絶賛応援中!子供が大きくなったら家族総出で野球観戦したいです。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!