養子縁組という選択。子供が出来なかった私達を救った息子

養子縁組

子供が産めるのに、経済的理由やその他の理由で産まない夫婦。すごくうらやましく思います。

 

この記事では、どうしても子供がほしいのにできなかった私たち夫婦の話です。

一向に子供が出来ない私たち夫婦

結婚した年齢は、私は28歳、妻は30歳でした。
私たち夫婦は、子供がたくさん欲しいと思っていました。
テレビで大家族の番組を見ては、いつかは自分たちもそうなりたいと思っていました。

しかし、いくら夜の営みをしても、一向に子供ができる気配がありません。妻も書籍を何冊も買ってきて、どうしたら子供ができやすくなるのかということを調べたりもしました。

 

耐えかねた私たちは産婦人科に行き、妻と私の体について調べました。
妻は特に問題は見つかりませんでしたが、私は普通の男性よりも精子の数が少ないということがわかりました。それでも、自然にできない数ではないと医者から言われ、特にお金のかかる治療を考えませんでした。

漢方の先生を尋ねると驚きの指摘が…

妻はある日、子供ができない夫婦が通うというその世界では有名な漢方の先生を訪ねました。
意外だったことは、先生の見立てでは妻に子供を生む状態ができていないということでした。

妻は年中風邪をひいているくらいで、喘息もあっていつも体調が悪そうでした。そこを先生は指摘してきたのです。

 

まずは1年間、妻の体調を変えるということから始め、それから子供をつくるための治療をしましょうという話になりました。確かに先生の話には筋が通っていて、妻の体調を変えることと、私もより万全な体調を整えるという意味で、月に1度先生の所に通いました。

そこに行くと、待合室にこの医院に来ることによって、子供を授かることができましたという、感謝の手紙がたくさん貼られていました。
私たちもそれを読んでは、いつか自分たちもそのような時がくると信じていました。

 

1年経ったある日、私の転勤が決まりました。妻は確かに体調もよくなりこれからという矢先の出来事でした。
会社のことなので、泣く泣く受け入れました。そうなると、転勤先からこの医院に通えなくなります。結局私は仕事を優先したのでした。

子供を諦めたその日

妻は風邪もひかなくなり、喘息もあまり気にならない状態にまで体調がよくなり、漢方の先生の見立て通りになりました。けれども残念ながらここまでです。
そして妻の体がよくなったのだから、自然に子供を作るしかないと話し合い、そうすることにしました。

 

もうこの時の私は年齢が38歳、妻は40歳になっていました。正直高い治療費をかけて子供を授かることも考えましたが、金銭面もそうですが、そのための時間を確保するなど現実的には無理でした。

 

そしてとうとう私たち二人は子供を諦めたのです。

青天の霹靂

しばらくして、妻の友人から、電話がかかってきました。

妻の友人は子だくさんの家で、5人目の子供を妊娠したとの話でした。

 

その話の内容は、養子縁組の勧めでした。

私たち夫婦にとっては青天の霹靂でした。

もうなにも考えずにとにかくその話を進めさせてもらおうということになりました。もう夢をみているかのようでした。

 

その話を頂いた日、家に帰ると妻は泣いていました。

どういう形であれ、私たちに子供ができることには変わりはなかったからです。

妻は友人の予定日を確認すると、仕事を辞めてその友人宅に寝泊まりして、家事を手伝いながらその日を待ちました。
そして、予定通りに子供が生まれました。その妻の友人は、一度だけ授乳して、その子を預けてくれました。

私たちを父親と母親にしてくれた息子

私は、名前を考える担当でした。名前の付け方の書籍を何冊か買って、どうつけるといいのか勉強して、たくさん考えました。

そして妻と相談して、一つの名前をつけたのでした。

 

私は妻と子供を迎えに飛行機で行きました。生まれて10日後でした。

すぐに抱かしてもらいましたが、父親という実感が全くわきませんでした。

 

私は主に子供をお風呂に入れる役目でした。

そうしてしばらくして、ゆっくりと時間をかけながら、自分はこの子の父親なんだと自覚するようになりました。
私は、子供を見た瞬間に父親という実感がわくものなのかと思っていました。実際にはそうではありませんでした。

 

父親という存在は、子供が作ってくれるものだと知りました。
今、息子は15歳です。完全に父親にしてくれた息子に感謝しています。

著者:N.A

性別:男性

年齢:52歳

私は現在52歳、妻は54歳、息子は15歳です。家族和気あいあいと過ごしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ