お見合い結婚を経験!結婚して良かったと思える私の体験談

お見合い結婚

私はお見合いという形で結婚しました。
お見合いといっても親同士が知り合い同士で「お互いに婚期なのに未婚の子供がいるんだけれど…」というところから話が始まりました。

それまで結婚の「け」の字の気配もなかった私。友人も私が結婚するとは思っていなかったようです。

今回は、最近では少なくなってきたお見合い結婚をした私の体験記をご紹介していきたいと思います。

きっかけは母

私がお見合いをしたのはちょうど仕事がうまく行かず少し休んでいた時期でもあり、母から「ちょっと会ってみない?」と言われたのがきっかけでした。
そして私も知り合いを誘い、主人になった彼も自分の友人を誘い、食事をすることに。

よく結婚の馴れ初め話を聞かれますが、だいたいこういう話をすると「うそだ?」という表情をされたり、「よく親が決めた相手と会おうと思ったね」とか言われます。
まぁ確かに結婚式の準備も私よりも母の方が気張っていたような気もしなくもないですが、私は結婚してよかったと思っています。

結婚相手を決めるジンクスのようなものがあったわけではないですが、「一番最初に出会った人」で「よほど相手がどう見ても変な人ではなく、向こうも私と次も会いたいと言ってくれたらその誘いに乗ることにしよう」と思っていました。

回数を重ねるうちに結婚を意識

よく巷に流布されているような話からは程遠いかもしれませんが、何回か会ううちに「この人について行こう」と思うようになりました。
お付き合いをした期間は1年半以上2年未満です。そのうち1年くらいは結婚式の準備をしたりもしていました。

というか、最初は結婚を意識したデートを特にしていなかったのですが、だんだん行くところも少なくなり、休職中に近い私もお金がだんだんなくなってきたので、「どこか安くて美味しいものが食べられる場所ないかね?」と言っているうちに結婚式場の試食会は結婚式場の見学もできるし、美味しい料理も試食できるし、なかなかいいんじゃないかという話になりました。(笑)

声を大にして言っていいのかわかりませんが、実際にこれはよかったです。見積もりの話になるとちょっと緊張しますが、いろんな式場の見学ができてよかったと思います。

結婚はゴールじゃなくてスタート

まだ結婚して3年しか経っていませんが、結婚って出会うまでのプロセス以上に結婚してからが大切なんだなと日々思います。

そんな巷にはなかなかないと思われる方法で結婚した私ですが、もし誰かにアドバイスをするとしたら、どうしても自分の中で譲れないものがある場合は、結婚前に相手にそれを伝えた方がいいと思いました。
私の場合は結婚しても同人誌を作る趣味を辞めるつもりはなかったので「結婚してもオタク活動はするからね」と言いました。

たかが趣味、されど趣味で結婚した後もお金や時間をその趣味に費やすのであれば、言わないよりも言った方がいいです。

著者:momo-A

性別:女性

年齢:31歳

普段は子供相手の仕事をしているパート主婦です。たまにライティングの仕事をしていますが、最近は絵の仕事にも挑戦したいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ