21歳で出来婚を経験した私が伝えたいメリットとデメリット

出来婚

晩婚化が進む日本。

そんな中私は21歳で妊娠し、所謂出来ちゃった結婚をしました。子供が中学生になった今、早くに子供を産んだ私のメリット、デメリットをお話したいと思います。

メリット

1、若いお母さんと子供の友達に持て囃される

私の子供の周りは私と同年代のお母さんが居なかったので私は「若いお母さんで羨ましい」と子供の友達に言われる事が多かったです。

2、周りのサポートが手厚い

まだ若い母親とあって、「危なっかしい」と思われていた様で自分の両親、夫の両親に何かと気を使ってもらいました。

また、若いから遊びたいだろうと私の自由時間も貰えていました。

3、子供が手が離れた時、まだ気軽に動ける年である

私は子供を22歳で産みました。

子供が18歳になった時、私は40歳です。まだ気軽に動け回る年であると考えたらそれはメリットになるのではと考えました。

デメリット

1、周りの友達が遊び回れて羨ましく感じる

親のサポートがあって自由時間があったとはいえ、やはり家族を第1に考えなければいけません。

遊びたい盛りの20代前半は家事育児を優先せざるを得ない状況だったので大学に通い、合コン、夜遊び、など楽しそうな友達を羨ましく感じました。

2、出来ちゃった結婚を良く思わない人達に必要以上に詮索される

今は風当たりも違う時代になりましたが、私が子供を産んだ時はまだまだ出来ちゃった結婚に否定的な考えを持つ方達が多かった時代でした。

「何でそんなに早く子供作ったの?」「避妊に失敗したから?」「堕胎しようとは考えなかったの?」などお構い無しに聞いてくる方達も多かったです。

3、お金が少ない

早くに結婚したせいで、夫も私も貯金はほぼ無く大変な思いをしました。

夫は当時フリーター、私はパート。そんな中での子育てはとても苦労しました。

出来ちゃった婚でも何とかなる!

メリット、デメリットを書きましたが結局はお金無くても時間が無くても何とかなるもんだと気付きました。

早くに子供を産んだと言う事は早くに子供が大人になるのです。

子供が大人になるその時、私は40代です。

まだまだ動く事も出来るしやりたい事に取り組むには時間が沢山あると考えたら、やはり子供は早くに産んで良かったと思いました。

 

子供が産まれた時はフリーターだった夫は危機感から就職活動をし正社員に転職する事が出来ました。これは子供が出来たから考えが変わったと言う事です。

子供が子供を産みましたが、子供が子供を大人にしてくれたのだと思います。

著者:はいね

性別:女性

年齢:36歳

中学2年の子供を持つゲーム大好きな主婦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします