パパになる心構えを!知ってほしい妊娠中~産後のママの気持ち

妊娠中,気持ち

妊娠中から産後のママの体は未知です。
妊娠してる本人ですら予測できない体調不良やコントロールできない感情に押し潰されそうな毎日。

初産のママは日々変わっていく体に気持ちが付いていかない事かと思います。

そんな時、パパも一緒に共感してくれたらママはとても心強いものです

しかし、何をすれば良いかわからないという新米パパさんは多いですよね?

この記事ではそんな新米パパさん向けて、妊娠中から産後のママが気にかけてほしいことをご紹介していきたいと思います。

1、母親学級に参加

妊娠中は父親学級に必ず参加して下さい!

父親学級に参加することで、奥さんは「ちゃんと考えてくれてる」と思うはずです。

そして、是非妊婦スーツを着てください。私的にはあの妊婦スーツを1週間くらい貸出しして、24時間ずっと着けていて欲しいくらいです。
たった数分じゃこの大変さは分かりません。実際わたしの旦那さんにも着用して貰いましたが「ふーん」と、反応が薄かったのです。そんな反応に私はイライラ。
けして、「大したこと無いじゃん」なんて言わないで下さいね。

2、妊娠後期

とにかく体が重いです。10ヶ月の間に個人差はあれど、10kg以上体重が増加します。

しかも、体の外に均一に肉が付くのではなく、体の内側がどんどん重たくなってゆくのです。内蔵が隅っこに追いやられ、胃は圧迫されて気持ち悪い。それが24時間毎日……
動くのがとにかくしんどい。特に妊娠後期は今まで通りに動けるとは思わないで下さい。

「お腹が大きくなるだけでしょ」
「職場の◯◯さんは臨月まで働いてたよ」

なんて言葉は絶対に禁句です。

特に他人と比べる発言は、
「◯◯さんの旦那さんは稼いでるのにうちは全然ね」とお給料の事を奥さんに言われるのと同じことですよ!

3、温度差に注意

とくに初めての赤ちゃん出産の場合、パパになる自覚があまり湧かないかと思いますが、自らネットで「妊娠中の身体」「産後のこと」など調べて勉強して、赤ちゃんが産まれてくる心の準備をしておいてください。

私が実際に母親学級に無理やり旦那を連れて行ったときに軽い自己紹介があったのですが「旦那に父親になる事を実感してもらうために連れてきました」と言ったらママ達が一斉に頷きました。
その頷きに「みんな同じこと思っているんだ」と安心したと同時にやっぱり世間のパパ達はそんなものなんだなと思いました。
是非ママからではなく自ら情報を得て、パパになる準備をお願いしますね。

4、産後のこと

産後は体がボロボロです。
そのうえ、母乳で栄養は吸いとられ、睡眠時間はビックリするほど削られ身体が回復する暇を与えてくれません。

ママが朝起きない、夜帰っても寝てる、部屋が汚ない、食事の用意がされていない。そんな事が続くと思いますが決してため息をついたり愚痴ったりしてはいけません。
予想不可能な「赤ちゃん」と毎日一緒に居ることは体力・精神力共にかなり消耗されます。

家事をしたくてもできないジレンマにイライラしてるのは奥様本人です。

最後に

妊娠中に仕事で忙しくて奥様のサポートができない場合、せめて言葉で労ってあげましょう
産後は初めての子育てでいっぱいいっぱいの奥様をできるだけサポートしてください。子供が産まれるってことは生活がガラリと変わることです。

初心者マークのパパ、ママ頑張って下さいね。

著者:あい

性別:女性

年齢:36歳

家事に育児に仕事にと毎日バタバタ 4歳の娘と11ヶ月の息子を育ているママです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ