無趣味の社会人がカラオケと演劇に出会って変われた話!

寂しい日々

私は子供の頃はおとなしい性格で、静かに一人で本を読んだり、絵を描いたり小説を書いてるような感じの子でした。声も小さく、目立たない子だったと思います。
高校生になってもあまり変わらず、そのまま大人になり会社勤めをはじめ、休みは家にひきこもる。
そんな日々を少し寂しく思っていました。

そんな中、ネットサーフィンをしていると、カラオケオフ会というイベントをみつけ、その後に劇団を見つけて私の生活は一変しました。

まさに人生が変わったのです。

この記事では、演劇とカラオケに出会えたことによって、大きく変わった人生のことをお話ししていきたいと思います。

カラオケオフ会と出会えて

カラオケには大人になるまで行ったことがなく、ずっと憧れていました。
一人カラオケも寂しい、けれど大人になってから友達とも疎遠になり、行けるタイミングという物がなかったのですが、ネットでカラオケオフ会というものを見つけ、勇気をだし参加しました。

ドキドキしましたがカラオケオフ会はとても楽しく、外に出て遊びに行くことの楽しさに加え、友達をたくさん作ることが出来ました。

大人になってからと遅かったですが、友達も出来、何より歌うことも最初は自信がなかったのですが、歌っていく内に歌うことの楽しさを覚え、休みの日にはカラオケに行くことが増えました。

出かける楽しみを教えてもらえたと思っています。

演劇と出会えて

演劇との出会いもカラオケと同じく、習い事という感じで参加したのですが、昔から興味はありました。

カラオケと同様に勇気を出して参加をしてみると、そこには自分の知らない新しい世界がありました。

舞台に出る、ましてや人前に出て何かをする方ではなかったのですが、演劇に出会い表舞台に立つという事で度胸がつき、なにより、発声練習をする事で声も大きくだせるようになりました。これはカラオケにも良い影響がでました。

発声練習のおかげかカラオケでも高い声がだせるようになり、演劇に出会えて、性格もおとなしい性格から変わったなと思っています。

最後に

大人になってからと遅い出会いでしたが、私はこれらに出会えた事で自分が変われたという事と、休みの日は予定も入り寂しいと思う事も少なくなりました。
大人になってからの友達もたくさん出来て感謝しかありません。

もし今現在、無趣味で何かしたいな、と思ってる方がいたら、近くでいいのでカラオケオフ会など探してみたり、演劇をされてる劇団を探してみて、体験という形で参加してみたら私のようにいつもの日常が変わる方もいるのではと思います。

やっぱり一歩を踏み出すことが大切なんだと思います。

ただ、嬉しい誤算ですが、少しだけ弊害があるとすれば出かける事を増やしすぎて一日休みがなくなったので、今後はもう少し調整していきたいと思っています。(笑)

著者:トマト

性別:女性

年齢:29歳

29歳の女性、会社勤めから現在はフリーランスの独身女性です。

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。