転勤族の子供は可哀想?8回引っ越しをした私が得た経験とは

転勤族,子供

私は高校を入学するまでの15年間で父親の仕事のため8回の引っ越しを行いました。

小学校は3校、中学校は2校行きました。幼稚園に関しては引っ越しの関係で通う事が出来ませんでした。

この記事では、そんな転勤族の親を持つ私が引っ越しを何度も行う事で得た良い経験と辛い経験をまとめていきたいと思います。

良い経験

まず引っ越し・転校を繰り返すことで得られた良い経験は、やはり色々な所に友達が出来る事です。

大人になってからは旅行がてら地方で出来た友達に会いに行けるので、その点は本当に良かったと思います。

そして転校を繰り返す事で人と仲良くなるのが他の人より早い気がします。私は性格もよく明るく人懐こいと言われますが、これは転校を繰り返す事で出来た私の性格なのだと思います。新しい土地で早くなれる為に自然とそのように成長したのだと思います。

辛い経験

引っ越しを繰り返すことで辛かった思い出は、やはり友人関係です。

転校して最初の3か月くらいはやはり「新入り」といった感じで、中々友人が出来ないような時期もありました。また地方に転校した際は、その土地の方言が話せなくていじめられた事もありました。

しかし、私の場合はこんな事が毎回起こるのでそのうち全然気にならなくなり、うたれ強くなったような気がしますし、そんな問題も3か月経てば仲の良い友人が出来て気にならなくなってしまいます。

また他には、教科書が場所によって違うという問題もありました。この事は私よりも両親が頭を悩ませていました。前回の場所ではまだ習っていない事を今回の場所ではもう教えているといった事がよくありました。

その為私は、塾に必ず通わせてもらったり父親が私の学習をサポートしてくれたりしました。おかげで自分で勉強しないといけないという意識が芽生え、学生時代はそれなりの学力を維持する事が出来ました。

転勤族で何より良かったこと

そして最後に転勤族で良かったな思う最大の理由は、家族が仲良くなった事です。

私の家族は両親と妹を入れて4人家族です。引っ越しが多かったからか家族で協力する場面が他の家族よりも多く、家族の仲が本当に良いと思います。また色々な場所に4人で行き、その場その場でたくさん観光する事が出来良い思い出が出来ました。

転勤族はかわいそうと思う方も多いと思いますが、私は自分が子供の時たくさん転校が出来て良かったと思います。大変な場面もたくさんあると思いますが、色々な事をその場その場で学べて私の人生を華やかにしてくれたと思います。

著者:ALICE

性別:女性

年齢:33歳

33歳主婦です。15歳までに8回引っ越しを繰り返しました。そんな私が思う転勤族の良い点と辛かった事についてまとめました。