人生を導いてくれたピアノ!私が助けられた経験を語る!

ピアノ,助けられた

子どものときに1度は習い事をしたという経験を持つ方は結構いると思います。

習い事といってもたくさんありますね。ピアノやヴァイオリンなどの音楽系、水泳や体操などの運動系、英会話や習字などの文化系など本当に様々あります。

わたし自身も子どものとき、小学校1年生から中学3年生までピアノを習っていました。

この記事では、ピアノを続けていたおかげで助けられたわたしの人生についてご紹介していきたいと思います。

ピアノを習ったきっかけ

わたしがピアノを習いたいと思ったきっかけは保育園の年長のときでした。元々小さい頃から音楽は大好きでした。

保育園で何かの行事でピアノを弾きたい人はいないかと先生に言われ、ピアノに興味のあったわたしは立候補し、ピアノを弾くことになりました。

弾くことになったのはいいものの全くの未経験者。でも保育園の先生に教えてもらいなんとか弾くことができました。

それからというもの、ピアノを弾く楽しさにやみつきになったわたしは休み時間もずっと鍵盤ハーモニカやピアノを弾いていたそうです。それを見ていた担当の先生は母に「◯◯ちゃんは音楽はもちろん、ピアノが好きなんじゃないかなぁ?いつも休み時間やお迎えが来るまでずっとああやって鍵盤ハーモニカを演奏してるんですよ」と言われたそうです。

先生からそう言われた母は私に「ピアノ習ってみたい?」と聞くとわたしは勢いよく何の迷いもなく「習いたい!」と言ったそうです。そこで小学校に上がるタイミングでピアノを習い始めました。

ピアノを通して得た達成感

音符もまともに読めないわたしはまずは音符の読み方から始めました。鍵盤の位置や指の位置、各音符の表す音の長さ、1からのスタートです。

ピアノに関してわかることがどんどん増えてますますピアノにハマっていきました。家には父がパチンコの景品で取った小さなキーボードがあり、家ではそのキーボードで練習をしていました。

1曲弾けるようになった喜びと達成感はなんとも言えません。

学年が上がるに連れて曲のレベルは上がり、キーボードでは鍵盤が足りなくなりました。そこで両親は電子ピアノを買ってくれました。わたしのやる気はますます高まりました。

年に1度ピアノの発表会もありました。たくさんの人の前で1人ステージに立つというのはすごく緊張しますが、誰もができる経験ではないのですごく貴重な経験になりました。

ピアノのおかげで救われた人生だった

中学に入ってから学校生活に慣れることができず普通に通学することすら難しくなりました。進路を決める時期になってもなかなか決めれないでいましたが、ピアノを習っていたことで音楽の道に進みたいという目標を持ち、進路も決まりました。

わたしはピアノを習っていたことで、悩んだときに夢中になれるものがあったり、進路を決めることができたり、人前で何かを発表する力が身に付いたりと素敵なものを手に入れることができました。

著者:KIYAKU

性別:女性

年齢:25歳

岩手県に住む25歳女。趣味は料理と音楽です。