大人になって初めて気付く!嫌々習い事に通って得られたもの

習い事,嫌々

私は子供の時に、スイミングスクールに通わされていました。

自ら望んで、通っていたわけではありません。体が弱く、よく熱を出していたことから、物心がつく3歳くらいから、親に行かされていたという感じです。

私の友達や周りには、スイミングスクールに通っている子供がいませんでした。おかげでスイミングスクールに行っても中々友達ができなかったし、幼稚園を早引きしなければいけないのも変に目立ったりするし、友達と離れるのも嫌だったと思います。

それでも、遠いところにあるスイミングスクールまで母親が自転車を漕いで送り迎えをしたり、なぜだか必死だったようなので、泣きわめき駄々をこねて嫌がることができませんでした。私が熱を出すたびに「スイミングスクールにやらせてるから風邪をひくんだ」と祖母に罵られても、通わせることをやめなかった母親が、なにを考えていたのかは分かりません。

オリンピックを目指せる水泳選手にさせるつもりはなかったようなものの、とにかく休むことは許されない感じでした。時が経っても友達ができないのは相変わらず。きつい性格の子供に泣かされながらも通い続けて、結局4種目すべて泳げるようになりました。

友達ができなかったのは辛かったとはいえ、4種目泳げることで小学校で自慢できたりスイミングスクールの先生が気にかけてくれて、親以外に頼れる大人がいることを知ったりと、今から思えば良いこともあったように思います。

ただ、幼稚園のころと違って小学校高学年になると嫌という思いが我慢できなくなり、それでいて「やめたい」とも言いだせずに、「体調が悪い」と嘘を吐くようになりました。あまりに「体調が悪い」としきりに言うので、母親もさすがに察してやっと辞めさせてくれました。

当時のことを改めて振り返り、「スイミングスクールに無理に通わせて、悪いことをしたわね」とたまに母に言われることがあるものの、私には母に怒ったり恨む気持ちはありません。

私は意志が弱いので、嫌だと思うとすぐにやめたり逃げたりすることがあります。あの頃のように嫌だと思っても、辞めたり逃げたりできない状況だったからこそ4種目泳げるようになったわけで、大人になった今やろうと思っても、できない可能性が高いでしょう。そう考えれば嫌でも無理にやらされることも悪くないと思います。

大人になっても泳げない人がいると考えれば、幼いころ無理に身につけさせられたことをありがたく思うというものです。おかげで今はたまにプールに行って、伸び伸びと泳ぎリフレッシュをすることができています。

著者:ootaruta

性別:女性

年齢:35歳

子供のころは、母親の熱心な教育ぶりに辟易していたものの、あらためて振り返って、いろいろと考え直しているいい大人です。

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。