運動嫌いの私がスポーツマンと結婚して人生が豊かになった実話

運動嫌い,結婚

私は子どもの頃から運動が大の苦手で、体育の成績は散々なものでした。とにかく家でダラダラするのが大好きで、運動なんてするだけ無駄と考えていたのです。

そんな私が結婚したのは、陸上部出身のスポーツマンでした。

旦那は学生時代から中距離走の選手として大会に出ており、社会人になった今でも職場の陸上サークルに所属しています。休日にいつまでも寝ているなんてことはあり得ず、朝7時から筋トレをこなし、近所をジョギングしています。

結婚当初は、そんな旦那を「よくやるなぁ」と呑気に眺めていた私ですが、結婚を機に仕事を辞めてからなんと10kgも太ってしまったのです。数年前に買ったワンピースはファスナーが上がらず、下着もきつくて入らないという緊急事態に陥ってしまいました。

そんな私に手を差し伸べてくれたのが、ほかでもないスポーツマンの旦那でした。何でも以前から、まったく筋力のない私を「肉体改造させたい」と思っていたそうなのです。これはスポーツジムに通うより早いと、私は旦那をトレーナーにして肉体改造に取り組みました。

まず始めたのは筋トレです。

私は3回しか腹筋ができなかったのですが、旦那の「数をこなすより毎日続けよう」というアドバイスを励みに頑張り、1ヶ月後には30回の腹筋を3セットこなせるようになりました。

旦那が休みの日は、トレーニングウェアを着て二人でジョギングします。今までの私からは想像もできない生活ですが、旦那とおしゃべりしながら運動するのは楽しくて、今も続いている習慣です。

食事にも気を使うようになりました。

以前は食事を抜いてお菓子を食べたりしていたのですが、これでは筋肉がつかないと気づき、1日3食しっかり食べるようになりました。筋肉づくりに大切なタンパク質もきちんと摂っています。旦那に助言してもらいながら料理する日も多く、夫婦二人で台所に立つ機会が増えました。

こんな生活を半年間続けた結果、私の体重は10kg近く落ち、体脂肪も38パーセントから25パーセントと大幅に減少したのです。結婚前に買った服が今では緩いくらいです。また、筋肉が増えたおかげか、以前より疲れにくくなったと思います。
「汗をかいて運動すると気持ちいい」と感じるようになったのは、まぎれもなく旦那と結婚したおかげです。自分とは真逆のスポーツマンと結婚したことで、こんなふうに人生が変わったことにびっくりしました。

これからも夫婦仲良く運動を続けていきたいと思います。

旦那や妻の趣味が理解できないと悩んでいる人も、思い切って同じことをしてみれば、新しい楽しみが待っているかもしれませんよ!

著者:もちこ

性別:女性

年齢:28歳

北海道に住む主婦です。趣味はジョギングと野球観戦。