婚活イベントは行動あるのみ!僕が1回の参加で結婚できた理由

婚活イベント

20代後半の時に、寺社好きが集まる婚活イベントがあり、そこに参加し出会ったのがきっかけで今の妻と結婚をしました。

婚活イベントのテーマが写仏好きな人たちが集まるという内容でした。お寺の住職さん全面協力のもと、開催されている感じです。

 

まずは受付を済ませ、その後自己紹介を行います。全部で30名近くいたと記憶しています。

一通り自己紹介が終わった後、写仏が用意されている部屋へと移動します。ちなみにここまで会話はほとんどありません。

部屋に到着後、住職さんからのお話があり、その後写仏を開始しました。。写仏は30分もあれば終わる作業です。それぞれ作成した写仏を気になる異性に見せに行きます。写仏の後は一通り神社の中を案内してもらいました。この頃には日も傾き始めています。夜は近くの居酒屋で懇親会を行い、終了となりました。

 

テレビとか見ていると婚活イベントに何回も参加して、やっと恋人ができた人もいれば、何回やっても成功しない人もいらっしゃるという場面があります。

私の場合、婚活する!と決断して初めてのイベントで今の嫁さんを見つけました。

 

なぜ私は一回で結婚相手が決まったのでしょうか?

一言で言えば、運と行動した結果でしょう。まず、イベントに集まった男性陣は奥手の方が多かったため、異性同士の会話は懇親会までほとんどありませんでした。

私は積極的に話しに行くのですが、女性の方もまだ緊張からか会話できない方も多くいらっしゃいました。その環境の中で積極的に動く私は目立った存在になっていたのだと思います。

 

ただ、会話があまり続かないこの環境をなんとかしたいと思い、懇親会でお酒を飲みまくりました。アルコールの勢いを借りて思いっきり場を明るくしようと考えたのです。

みんなで乾杯する前に主催者に内緒で大ジョッキビールをおかわりした状態で皆さんと乾杯しました。

 

その時に目の前に座っていたのが今の嫁さんだったのですが、相当私が異質に映ったのか、印象を強く与えていたようです。

婚活イベントでは相手に印象を強く与えることが大事だと思います。かっこいい顔などであれば、ここまでする必要がないと思うのですが、私は一般的に見てかっこいい部類ではないので、こうした言動等で印象を与えるしかないと思っていました。それを実行したという話です。

 

ただ、人によっては少し行動を間違えると悪い印象を与えてしまうかもしれません。今の嫁さんはそれを好印象として受け取ってくれました。総合的に見て、私は運が良く行動したという一言に尽きると思います。

著者:tukkomi

性別:男性

年齢:33

初めまして。tukkomiと申します。昨年結婚し、今年息子が誕生しました。今は仕事・育児に追われながらも楽しい日々を送っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう