1人暮らし前に兄弟姉妹と暮らそう!私が姉と生活して助かったこと

兄弟姉妹,ルームシェア

私は独身で一人暮らしをしています。実家からは、車で5時間程の離れた場所に高校卒業後からは生活するようになりました。
高校卒業後、専門学校に通いましたが、その3年間は既に実家を出てきていた姉の家で二人暮しをしました。

 

二人暮しとは言えど、実家を離れしばらくはホームシックで寂しかったですが、色々な場面で姉が一緒だったことでたくさん助けてもらい、知らないことばかりだった自分にとっては迷惑もかけました。というのも、家事というものに高校まではほとんど触れておらず、親に甘えて過ごしてきました。そのため洗濯、料理、掃除等など、何もかもが初めての経験でした。

料理はなんとか、自分なりに作れるものから少しずつレパートリーを増やしていきました。洗濯は、どこに洗剤を入れるのかはわかるものの、漂白剤や柔軟剤の使い方はまるでわかりませんでした。掃除も、今までは自分の部屋だけを掃除すれは良かったため、トイレ掃除や玄関、等など今まで共有スペースだった場所は、初めての経験でした。

 

だらしない性格の私にとっては、家全体の掃除についても疎かになることが多かったですが、几帳面な姉がいたことで家を清潔にするためにどのように掃除を行えば良いのか、怒られながらも学ぶことが出来ました。

家事に伴う日用品の購入についても、初めはどれを買えば良いのか迷うことが多かったです。しかし、それらの諸々についても手順や常識的なことについて、一緒に暮らす姉に教えてもらいました。

姉と共に過ごした3年間は実家を離れ何もかもわからずだった自分にとって、自立へと繋がった重要な年月だったとつくづく思います。

 

その後、社会人になり姉とは別々に暮らすことになり、そこで初めて一人暮らしを始めることになりました。
その時も少し寂しさがありましたが、姉との生活のおかげで一人暮らしにおいてわからないことや困ることはほとんど無かったと思います。いきなり一人暮らしを経験していた可能性を考えると恐ろしいですね。

段階を踏み、姉に教えてもらいながら過ごした3年間があってから、一人暮らしをするに至ったことは本当に助かったと思っています。
実家を離れ、段階を踏んで私は自立できたと思っていますが、多くの人は一人暮らしをいきなり始める人も多いと思います。

 

 

私は姉からたくさん学ぶことが出来ましたが、実家で生活する間にきちんと家事の手伝いを行い、自分の能力として養っておくことがいかに重要なのかいうことを身にしみて感じました。

著者:きぼ

性別:女性

年齢:30歳

一人暮らしを初めて8年目。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ