灯台下暗し!出会いは身近なところにあることを痛感した実話!

出会い,身近

結婚したい僕。相手が見つからない僕。

20代も後半に差し掛かった僕はどうしても結婚したいと思い、出会い系サイトや出会い系アプリを利用していました。しかし、出会い系サイトや出会い系アプリは利用料金がかかってしまう上に、サクラが非常に多いんです。

 

サクラに対していくら課金したって結婚は近づきません。その中でやっと出会えたと思えば、どちらかというと遊び目的だったり、ご飯を奢って欲しかったりというそういう人にしか出会えず……結婚がしたいのに1年かけて全然結婚出来る気配が生まれませんでした。

 

手軽なのはいいとは思うんですけど、手軽だからこそ真剣な恋愛をしたがらない人達が入ってくるのかも知れないですね。でもこちらとしては真剣な恋愛がしたくて課金をしているのに困ります。サイトも真剣な恋愛を押しているのだから、こういう人達は弾くべきだと思います。そんなことを言っても仕方がありませんが、とにかく困ってしまいました。

閃いた。僕には10000人のフォロワーが居る。

そんな毎日をSNSに投稿していました。

いつの間にかフォロワーが増えてきて、フォロワーはなんと10000人以上になりました。人の不幸が面白いんでしょうね。フォロワーが増えても虚しいことだらけです。(笑)

 

しかし、ここで僕はある考えにたどり着きました。10000人以上フォロワーがいるということは自分に好意がある人間が10000人以上いるということである。
そう考えれば圧倒的に出会い系サイトで出会いを求めるより早いです。なぜなら好意的な上にサクラなんて一人もいないのだから。

 

それに気づいてからフォロワーとコミュニケーションを積極的にとるようにしました。出会い系サイトなどで適当に登録された情報に比べると日々のツイートなのでどういう人なのかが非常にわかりやすいです。なので連絡先を交換した後なども話題が探しやすくて助かりましたね。

いざ、結婚へ

そこから実際に出会うこととなりお話しました。会話が弾みますね。しかも変に出会いを求めていない分、しっかりとした人でした。そこから何回か自然と遊ぶようになり、僕たちは付き合うことになりました。
あんなに出会い系サイトで出会いを求めていたのに実はSNSの方が付き合うのが早かったですね。灯台下暗しということわざはよく出来ています。

 

それから僕たちはデートを重ね、お互いの両親にも挨拶をして結婚することになりました。
婚活の方法って色々ありますけど、結局自然な出会いが一番いいんですよ。だから、SNSというのはこういう風に使った方がいいと思います。

ただし、がっついていると出会いを求めている人と思われるので自然に仲良くするのが大事だと思います。それではいい結婚を。

著者:ぱんちょ

性別:男性

年齢:27歳

27才、サービス業。趣味は読書と映画鑑賞。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう