実家が遠い=里帰り出産?あえて「里帰らない出産」のすすめ

里帰り出産

妊娠がわかると、意外と早く決断を迫られるのが「どこで産むか」ということです。人気の病院はすぐに分娩予約がいっぱいになりますし、「迷っているうちに希望の産院の予約がうまっちゃった」なんてことも。

 

また、今住んでいる地域と実家が離れている場合には、里帰りをするかどうかも考えなくてはなりません。初産だと不安も大きく、産前・産後の期間を安心できる実家ですごしたいと希望する方も多いでしょう。

 

でも、ちょっと待ってください。家族や周囲の協力が得られれば、里帰りせずとも今住んでいる地域で問題なく出産することができますよ。

初産で里帰りを選ばなかった私の経験から、「あえて里帰りしないメリット」をお伝えします。

今通っている病院で出産できる安心感

病院のシステムによりますが、多くの場合は妊婦検診で何度も診てもらっている先生に出産でもお世話になります。同じ先生でなくても、妊娠初期から出産に至るまでの検診や診察時の情報は全て記録されているので、安心感を持って出産に臨むことができると思います。

 

私自身も妊娠初期からお世話になった先生に子どもを取り上げてもらいました。出産直前にトラブルが生じたときにも、これまでの経過を考慮しながら適切に対処してもらえましたよ。

育児をともに奮闘する仲間ができやすい

私が通っていた病院では産前の妊婦エクササイズが無料で受けられたので、出産直前まで通いました。

そこでできた友人とは、産前は「出産前の食べ納め」と称してカフェランチしたり、出産への不安や悩みを分かち合えて本当に救われました。子どもが1歳をすぎた今でも、よく会って遊びますよ。別の友人は出産後の入院中に知り合った方と今でも仲良くしているようです。

 

子育ては孤独を感じやすく、月齢が低いうちは簡単に外に出ることもできないので、気軽に悩みを相談する相手を見つけるのも大変です。あえて今の地域で産むことで、病院や母親学級を通じて近所に心強い仲間ができるかもしれませんよ!

夫に「パパになった実感」を持ってもらいやすい

出産後子育てが始まると、きっと多くのママが直面するのが「パパになったことを実感できていない夫」でしょう。

ママだって主産後の身体にムチ打って初めての子育てに奮闘しているのに、夫婦2人の生活の感覚が抜けきれずママにキレられるパパのエピソードは、あるあるです。

 

男性は出産しないので親になった実感を持ちにくいといわれていますが、里帰り出産して新生児のお世話を全くしたことのないパパのもとに帰ることを考えると、私ならしたくありません!うちのパパも出産後2週間で長期主張に出てしまい、帰宅後も「怖いから」という理由で子どもが半年を迎えるまで沐浴もできませんでした。

やっぱり離れていると余計に子どもの扱い方もわからないし、「親になった実感」を持ちにくいんだなぁと、身をもって体験しました。

さいごに

里帰りしないことでママが身体を休めにくいなどデメリットもあります。

でも、もし実母など頼れる人が家に来て手伝ってもらえるのなら、私は初産こそ「里帰りしない出産」を強くお勧めします。

 

出産はゴールではなく子育てのスタートだからこそ、出産前から自分が子育てしやすい環境を整えておくのはいかがですか?

著者:あいやん

性別:女性

年齢:33歳

転勤族の妻です。妊娠初期に遠方へ引っ越し、そこで出産を経験しました。今は子育てに奮闘しつつ、ときどき文章を書くお仕事をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ