育児をして実感!男の子の子育てが大変と言われる理由とは

男の子,大変,子育て

男の子の子育ては女の子の3倍大変だと言われることが多いです。
実際、3歳の息子を育てていて大変だなと感じることは多く、ママ友の家の穏やかな女の子を見て、うらやましくなることもあります。

 

今回は、どうして男の子の子育てが大変か、私が育児から思ったことをご紹介していきたいと思います。

1、運動量が多い、危ない遊びが楽しい

男の子には外遊びが好きな子が多く、走り回ったり、高いところからジャンプしたりと、運動量が多かったり少し危ないと思う場面に遭遇したりする機会が多いです。

 

追いかけ回す体力とはらはらして気を揉んだりすることで、疲れてしまうことが多いですね。

2、興味のある対象についての知識がない

女の子でしたら、母親が子供のときに遊んだ人形やぬいぐるみ、ファッションなど比較的似たような知識はありますよね。

しかし、電車、車、戦隊モノに関しては、一から勉強しないといけないこともあり、また自分がそれに対して、それほど興味がないとまた大変です。

3、集中、熱中の度合いが強い(単純と言えば単純なのですが)

好きなものに対してのこだわりは女子より男子のほうが強いような気がします。
朝からずっと金網に張り付いて電車を見ていたりすると、付き合うほうが大変です。
一方で対象が次から次へと変わる男の子も多く、ついて行くのが大変な男場合もありますね。

4、手が出てしまう子がいる

男の子同士が遊ぶとき、おもちゃを取った、取られたなどでケンカになることも多いです(女の子でも多少はありますが)。
中には、怒っておもちゃを投げたり、砂をかけたりする子も見受けられます。

自分の子がその立場になってしまうと相手の親御さんに謝ったりするので、疲れてしまうこともあります。

 

また、女の子よりも声が大きいが多いので、子供の声に慣れていない場合はどうしても耳が痛いと感じてしまうこともあるかもしれません。
家でも親を叩いたりして、頭を悩ませている男の子は少なくないと思います。

さいごに

他にも個人的な印象ですが、小さい時に偏食が多い子は男子に多いような気がします。
また母親が女性ということで、男性である子供の体や精神の構造が少し分かりづらいというのもありますね。

 

父親から見ると、男の子は単純で分かりやすいという意見もありますが、母親から見ると、どうしてなんだろうと考えることも多いでしょう。
幼稚園などに子供が入るまでは、親も体力勝負と心がけて、ほどほどに付き合ってあげるのがいいのかもしれません!

著者:なべ

性別:女性

年齢:42歳

現在、3歳の息子の子育て中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ