結婚できない不安な男性必見!夫30人が贈る理由とアドバイス

結婚,できない,男

近年メディアでも度々取り上げられることの多い「生涯未婚率」。

総務省が行った国勢調査によると1980年以降、50歳時点での未婚者数が激増しています。2015年時点で男性の未婚率は約24.4%と、4人に1人が50歳の時点で結婚歴がないことが分かりました。

そんな「未婚」ですが、「結婚しない」ことを選ぶ人もいれば「結婚したいのにできない」という人も多いこともまた事実。結婚相談所やマッチングアプリの急拡大を見ても結婚したい男女が多いことが分かりますね。

「結婚したいのに出来ない。自分に原因があるのならば直したい!」と考える男性も沢山いるのではないでしょうか?

そこで今回は、夫30人による「結婚できない男性へのアドバイス」をご紹介してきたいと思います。実際に結婚した女性30人による「この人とは結婚できない!」と思う男性の特徴や条件もご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

結婚出来ない男性の条件って?既婚女性30人の本音

まずは、既婚女性30人による「結婚できないと感じる男性の条件」をご紹介していきましょう。

「そこは直せない!」と思う箇所もあれば、「自分に当てはまっているかも。。」と気になる部分があるかもしれません。

ご紹介する意見がすべて正しいということはありませんが、既婚女性30人の本音として頭の片隅にでも入れておくと良いかもしれませんね。

仕事も家事も育児も要求する男性

結婚できない男性はよくよく観察していくと女性に、仕事も家事も育児も要求する人が多いです。どれか一つだって完璧にするのは大変だし、今はイクメンも流行してるのにそういう流行には乗らないんですかね?「女性はパート程度で良いよ」という男性は結婚してますね。その上容姿的なこととか体型的なこととか年齢を出されたら、普通の女子はドン引きです。そんな感じで独身の男性も多いです。

サービス系・40代後半・結婚6~10年目

服装にこだわりがない男性

結婚できない男性は、自分が異性にどのように見られているかを気にしていない、考えていないように感じます。それはまず清潔感や服装に現れると思うのですが、量産型の服装をしていると個性がないと思われますので、自分らしさを出せるようなファッションを身につけ、異性に自分のことを印象付けることが、結婚への第一歩だと思います。

専業主婦・20代後半・結婚1年目

女性の容姿や年齢にこだわりすぎる男性

いくつになっても20代の女性をターゲットにし、30代以上の女性を範囲外にしている男性は結婚できないと思います。
よほど、本人に収入や外見、ステータスなどがあれば別ですが、20代の女性も自分と同年代で婚活をしていることが多いので、自分と同一スペックの人なら、女性の同年代の男性に取られてしまうでしょう。
芸能人の年の差婚に感化されて自分も中年になっても若い子と結婚できるだろうと希望を持つ人も多そうですが、現実では同年代婚が主流なので、そう甘くはないと思います。

IT・通信系・20代後半・結婚4年目

遊び上手な男性

遊び上手な男性って、彼女は出来ても結婚は出来ない人が多いと思います。色んなことに興味津々で落ち着きがない人は魅力的に見えますが、結婚という人生の大きな決断はできないのかと思います。安心感というか、信頼も薄くなります。遊び上手な男性ってもともとモテるタイプの人が多いので、誘惑が多いんでしょうね。ぐっとこらえて誠実になれば結婚は近づくと思います。

自営業・30代前半・結婚2年目

理想が高い

結婚していない年配の男性の特徴として女性を選びすぎている方に多い気がします。容姿端麗で、性格もよく、家柄もよく、などなど、全て揃った女性はそうそういないですし、いたとしても早くに売れていってしまいますので妥協が必要です。

専業主婦・30代後半・結婚6~10年目

自分が一番、自分が大好きな男性

自分が一番、自分が大好きな男性は結婚できないと思います。自分が一番という考えを持っているということは、もし結婚して子供が出来、奥さんが子供ばっかり見ていたら子供に嫉妬しそうで面倒です。また、結婚して夫婦になるからには、家事においても育児においても夫婦間において上下関係はないと思いますが、男の方が偉いと勘違いしているような男性は結婚しない方がいいと思います。

専業主婦・40代前半・結婚11年目以降

女性に慣れていない男性

結婚できない男性は幼少期から現在に至るまで女性とあまり関わりを持たなかったのではないかと思います。例えば男子校に通っていて出会いが少ないことを理由に女性と関わろうとしなかったなどです。
勇気を出して婚活等に参加して,まずは女性に慣れることから始めたらいいと思います。

専業主婦・20代後半・結婚4年目

自分の思いどうりでないと納得できない男性

結婚できない男性で多いと思うのは、日常生活の色々なことに関して自分の思い通りにしないと嫌だという特徴です。お金の使い方や、掃除・洗濯などのやり方、食事の好みやすごく細かい方だと食材の切り方など色々なことで自分の今までのことに合わせようとしますが、やる人によりやり方は違うので譲歩するか、自分でやるべきだと思います。

専業主婦・30代後半・結婚2年目

妻に母親の代わりを求める男性

ゴミをゴミ箱に捨てる、脱いだ服を洗濯カゴに入れる、自分が食べた後の食器を下げない等の当たり前のことすら面倒臭がる男性は、もし結婚したとしても、日々細々した面倒臭いことの積み重ねで成り立っている家庭の仕事を増やすだけなので、女性からしたら伴侶を得たというよりは、産んでもない大きい子供がそこにいるような感覚になってしまいそうです。妻に母親の役割も求める男性は、自分では身嗜みを整えるのも下手くそで清潔感が無い方も多いでしょうし、全てにおいて「うちの母親はそれくらいのことやってくれた」という態度が透けて見えるのかもしれません。

専業主婦・30代後半・結婚3年目

傲慢な男性や無知な男性(学業でなく雑学的な部分が無知)

最近の結婚できない男性は、女性に頼ってしまってたり、勉強ではなく雑学的なプチ知識がないと、結婚は難しいと感じています。現在は、キャリアウーマンな女性も多く、学業ができる男性よりも、いろいろな事の雑学を知っている人の方が、魅力的に感じる事が多いのではないかと感じます。

金融・保険系・30代前半・結婚4年目

趣味に打ち込みすぎている男性

結婚できない男性は、誰にも譲れない趣味があります。趣味をしている時間が何よりも大事で、彼女との時間、女の子とのデートの時間よりも優先してしまいがちです。また、趣味を理解できない彼女とはどうしても上手くいかずそれが原因で長く続かない場合が多いです。自分との時間を大切にしてくれない人には誰しも不信感を持ちますよね、。もし、結婚して、結婚生活を充実させたいと本気で思っているのならば、趣味の優先順位をぐんと下げるべきだと思います。

専業主婦・20代後半・結婚1年目

こだわりが強すぎる男性

こだわりが強い男性は、自分の時間を優先しがちで、家庭は二の次な行動をとっている人が多く感じます。また、こだわりの強い男性は、お金の使い方が荒いように感じます。結婚すると、独身時代のように自由ではなく、制限がついてきます。それは相手も同じということを理解しなければなりません。自分の我を押し通すような考え方が続くならば結婚できても長続きはしないと思います。こだわりを捨てろとまでは言いませんが、自分ばかりにではなく、相手の女性に対しての配慮が欠かせないことを忘れてはなりません。

専業主婦・30代後半・結婚5年目

協調性がなく自由な人

結婚できない人は、まず自分中心過ぎて人に合わせられない人だと思います。自分の時間ばかり大切にする人は結婚はなかなか出来ません。誰かと時間を共有する事も必要とせず、自由に一人で過ごすのが慣れてしまっているから結婚できないのです。人に合わせる術を身につけた方が良いです。

サービス系・40代前半・結婚11年目以降

何も気にしていない人

まず見た目だと思います。第一印象は大事だと思うので、ちゃんと身だしなみをキレイにする。髪型や服装など汚かったり、ダサかったりすれば女性はこの人ステキだなとはまず思わないと思います。最低限ファッションなど勉強したほうがいいと思います。

流通・小売系・20代後半・結婚1年目

思いやりのない人

なかなか結婚に辿り着けない男性は思いやりが欠けているのではないかと思います。自分のことばかりに目を向けがちで相手を尊重しちゃんと話しを聞いてあげたりしてないんじゃないかと思います。女性を軽視ししたりする性分があるとそれが行動にも表れると思いますし、やっぱり女性は自分を大事に想い真の優しさを持って接してくれる男性を好むのでないかと思います。

専業主婦・40代後半・結婚11年目以降

過剰に優しすぎる男性

過剰に優しすぎる男性は結婚できないと思います。過剰な優しさは相手のためというより、自分の自信のなさ、不安感からくるものが多いのではないでしょうか。結婚する上で優しさは必須ですが、それがあまりにも度が過ぎたものだと、女性は「この男性はいつも私の意見に合わせてくれるけど、本音はいったいどうなんだろう?」と感じるようになっていってしまいます。結婚生活は他人だったふたりが一緒に作り上げていくものです。自分の考えを相手に伝えるということは時にぶつかり合うこともありますが、お互いが意見を出しあって納得できるものでなければ、どちらも居心地が悪くなってしまいます。普段から相手を、そして自分を大切にする優しさが必要だと思います。

専業主婦・30代後半・結婚6~10年目

一人の時間が好きな男性。

一人の時間が好きだったり、趣味に没頭している人は結婚には向いていないと思います。今まで自分のために使っていたお金や時間も、結婚すると自由が利かなくなります。そのため切替が難しく、相当なストレスがかかってしまいます。結婚したいと考えるのであれば、どちらも程々に抑えるべきだと思います。

医療・福祉系・20代後半・結婚4年目

仕事のことしか考えない男性

仕事のことしか考えない男性は、結婚向きではないと思います。家庭のことは妻に任せれば良い、育児は母親がするものだという考えを持つ男性と結婚した場合、どんなに高収入でも女性の負担は重くなります。ワンオペ育児、実際に体験すると、とても大変です。女性は、家庭も大切にする男性と結婚すると幸せです。

専業主婦・40代後半・結婚11年目以降

理想が高い男性

結婚できない男性は高望みのしすぎだと思います。容姿、年齢、性格など高い理想をお持ちの方だと思います。ご自身の年齢に似合わず、「平成」「令和」と時代を越えてきたのにもかかわらず、若くて、可愛らしい女性を選んでいる事が多いと思います。俳優さんや社長さんみたいなランクがかなり上の方なら、出会いがあると思われますが、普通の一般人の方ですと、若い女性は、まず、相手にするとは思いません。ご自身が逆なら、どうでしょうか?逆の立場も考えて行動した方がいいと思います。理想が高い方は、ある程度の妥協が大切だと思います。同年代でも、容姿、性格がいい方はたくさんいらっしゃると思います。

専業主婦・30代後半・結婚2年目

自分を押し付ける人

結婚できない男性の多くは理想などが高いことが1番の理由だとは思いますが、私はそれよりも性格な面でいうと自分のエゴや考えを押し付ける人が多くなってきているからです。晩婚化も進んでいることから余裕を見せている感じですが、世間から遅れていることも理解しておくできです。

メーカー系・30代前半・結婚2年目

自分が一番の男性

結婚できない男性はとにかく自分が一番という考え方だと思います。専業主婦になってくれる人がいいという人は自分が働くのに家事をしてくれる人がほしいから、美人な人と結婚したいという人は友人や親族に紹介するときに体裁がいいから、という風な条件を持っている男性が多いように感じます。

専業主婦・30代前半・結婚6~10年目

評価が厳しい男性

結婚できない男性は、女性に対して劣等感があるか、あるいはトラウマがある人が少なくないように思います。そのため、常に女性を目の敵にするような態度を取ったり、卑下したり。総じて評価が厳しいところもあったりします。生身の女性に受けいられないのではないかといった不安があって、それなのに責任を取る気はさらさらない。
できることなら趣味や自分のためだけにお金や時間を使って、自由を謳歌したいとか、もっと遊びたい、もっと理想の女性がいるのではないかといった高望みもあるのではないかと思います。

専業主婦・30代後半・結婚11年目以降

プライドが高い男性

プライドが高すぎる男性は結婚する事が難しいかもしれません。他人と一緒に生活するうえで重要な事は、感謝の言葉と謝罪の言葉が言えるかという点だと思います。
何かしてもらったら「ありがとう」、悪いと思ったら「ごめんなさい」。プライドの高い人は何かしてもらう事は当然と感じ、問題が起きても自分に非は無いと思う傾向があります。
もっと肩肘張らずに、素直に接する努力が必要だと思います。

流通・小売系・20代後半・結婚2年目

自己中心的な男性

結婚は相手に合わせたり、自分の欲求を我慢したりすることで生活が成り立つので、自己中心的な男性だとうまく回らないと思います。お付き合いした段階でその自己中が感じられると女性は結婚相手から除外したくなると思います。相手や家族を思いやり、空気を読める男性になれると女性からは魅力的だと思います。

専業主婦・40代前半・結婚11年目以降

理想が高すぎる、その人の基準が複雑

結婚できない男性は、まず理想が高すぎること、その人の求めるものが複雑な方が多いように思います。
顔が可愛い、スタイルがいい、趣味が合う、かと言ってグイグイくる人は苦手…など、じゃぁどうしたらいいの?ということをよく耳にします。
結婚相手を探す以上、多少の妥協は必要なのでこだわりが強すぎるのはよくないですね。

専業主婦・20代後半・結婚3年目

コミュニケーション能力がない・低い男性、清潔感のない男性

結婚ができない男性は、普段からコミュニケーションが苦手な方が多いのかなという印象があります。顔が好みでなくても、話していて楽しい方なら、恋愛に発展しやすいですが、会話が続かないような方だと、一緒にいても楽しくないし、気を遣ってしまうなと感じます。また、清潔感のない男性(お風呂に入らない、歯磨きしない、部屋が極端に汚いなど)は、一緒に生活したくない・近くに居たくないと感じてしまうので、結婚を考えられない要因の一つだと思います。

医療・福祉系・20代後半・結婚3年目

多趣味な男性

趣味があることは悪いことではないですが、それが多趣味となると、お金も時間もかかります。それらを家庭を省みることなく続けられたら…想像するだけで恐怖です。
多趣味とは、気が多いとも捉えられます。広く浅い感じに不安しか感じません。

専業主婦・40代前半・結婚11年目以降

自分のプライドが高過ぎる男性

結婚できない男性は、自分のプライドが高いように思います。そんな自分に見合った女性はこの人じゃない、この人じゃない、と無意識の内に篩いに掛けているのです。そして自分ができるのだから、相手もできるはずと、自分に厳しい反面、相手にも同じレベルのことを求める傾向にあります。人の弱い部分、ダメな部分も受け入れられる器の広さを身につけることも大切だと思います。

専業主婦・40代前半・結婚6~10年目

相手の気持ちを考えられない男性

結婚できない男性は相手の気持ちを考えられない人だと感じます。自分しか見えていない、自分のことしか考えていない人は結婚相手としては対象にならないのではないかと思います。他人同士が家族になるわけだから、相手の気持ちを理解したり時には自分が折れたりしないといけないと思います。

専業主婦・20代後半・結婚6~10年目

自分話しかしない男性

結婚出来ない男性は自分のことしか考えてない人だと思います。結婚前から、デート時などに自分の話優先で相手の話を聞かない男性は結婚後も奥さんの話はそっちのけで、会社の愚痴、人の愚痴しか言いません。奥さんが喋っても、「はいはい」と相づちだけで聞き流します。結婚はパートナーとの生活から始まり、両家の親や家族、将来的に子どもも出来る可能性もあります。その人たちのことも思いやれる人とでないと、結婚後の様々な困難に立ち向かう為に話合いなど出来ないと思います。奥さんの話や子どもの悩みをきいてあげようという気持ちが大切だと思います。

医療・福祉系・30代後半・結婚6~10年目

夫30人による「結婚できない男性へのアドバイス」

男女では満足感の得方が違う

女性がパートナーに求めるのは何かを二人で共有しているという実感です。例えば、料理が美味しいレストランに夫婦で出かけた場合、男性は美味しいものが食べれたということだけで満足しますが、女性はその美味しい料理を夫婦二人で仲良く味わったという体験を重視します。

このような男女の感覚の違いを理解しておくと、女性のことを分かっている男性だと思ってもらえるでしょう。

自営業・30代後半・結婚6~10年目)

判断は早めに

私も婚活を10年以上続けた後に結婚したのですが、お見合い相手への判断時期を間違えるとうまく行かない気がします。

せっかくのご縁なのでなるべくうまく行くようにOKを出して何度も会ってみたけれどやっぱり無理となると時間の無駄になりますから、初対面でどうしても無理と思う女性にはお断りした方がうまく行く気がします。

自営業・50代後半・結婚6~10年目)

理想を求めすぎない

結婚は、あくまでもお付き合いした延長だと思います。お見合いや家系のための結婚は別です。付き合う前から結婚前提で、物事を考えることが間違っていると思います。

相手からすると押しつけられている感じを受けます。根本的な柱の部分が一致していれば、その他の事柄は結婚してからでも改善可能です。

自営業・40代前半・結婚6~10年目)

老後のことを考えてみてください

初めに自分は現在専業主夫です。病気をして障害を負い現在仕事はしていません。配偶者が主に生計を立てています。

結婚が出来ない男性の方老後も一人で出大丈夫でしょうか、大丈夫ならいいですが結婚をしたいんではないんでしょうか、結婚することで老後の楽しみが膨らみます。子供が出来孫もでき老後は笑って暮らすことを夢見ることが出来ます。

相性などがあり一概には言えないかもしれませんが楽しい老後のことを考えていけば自然と答えが出てくると思います。また結婚したくともできない人はいくつかの出会いの中で必ず一緒になれる人と出会っていると思います。タイミングを逃さない様に相手を探せば自分の生涯の伴侶に出会えると思います。

専業主夫・50代後半・結婚11年目以降)

高望みしすぎない(特に容姿)

男性が結婚できない原因は理想が高かったり、相手の容姿を重視しすぎたりすることにあると思います。話してみると安らぐとか会話が楽しいとか、付き合いが長続きする見た目以外の要素も見つけた方が無難です。

それと結婚は二人でするものなので、相手の意向(結婚の方向性)と自分の意向がある程度一致していないと難しいので、きちんとコミュニケーションをとってください。そうでないと、結婚する前に女性に見切りをつけられます。

サービス系・40代前半・結婚6~10年目)

理想と現実の区別をつける

自分は過去にいろいろな女性を見てきましたが、理想と現実はそんなに甘くないです。結婚できない理由は人それぞれだとは思いますが、その一つに理想はあると思います。

痩せていて、ちっちゃくて、アイドルみたいな可愛い子がそのうち現れて、ドラマみたいな恋愛を、、、みたいな事は、現実には一握りの人しかいないです。

もし本当に彼女を作って結婚したいのであれば、周りをしっかり見て自分に好意があったり、女性との出会いがなければ、街コンや友達との飲み会など、色々な人と交流をして彼女が欲しいとアピールしていったほうがいいです。

流通・小売系・30代前半・結婚3年目)

出会いを求める

結婚できない人は2パターンに分けられ、彼女はいるけどその後の発展がない、もしくは彼女もいないです。

前者の場合は相性もあるので、あまり何も言えませんが、後者は出会いの場にいき、交流を図ることです。合コン、アプリ、飲み会、婚活パーティーなどなど、案外、様々な出会いもあるようです。

医療・福祉系・30代前半・結婚1年目)

ある程度の所で妥協する

いつまでも理想を追いかけていては結婚できません。ある程度のところで妥協して結婚しましょう。

こだわり続けたところで後々素敵な人と巡り合って「結婚するの早かったかな」と思う事には変わりありません。

そして自分がいつまでも市場価値があるとは限りません。高望みしているうちにどんどん見た目も体力も劣化していくといことを忘れてはいけません。

医療・福祉系・30代後半・結婚6~10年目)

理想を考えすぎない

結婚ばかりに気にし過ぎるとそこに意識が向いていい出会いにはなかなかならないと思います。

チャンスがあまり無いからと言ってガツガツいくのは良くないです。まずは、相手を理解することが第一歩だから、自分も楽しくして相手もなるべく楽しくさせることが大事です。

不動産・建設系・40代後半・結婚11年目以降)

相手の嫌なところを考えない

相手の嫌な部分を常に考えてしまうと、良いことがありません。結婚したくても、毎日一緒にいると嫌な部分しか見えてこないので、付き合っているときに嫌なところを探していると結婚してからは相当嫌になると思います。

女性は良い部分だけ見て、良い所だけ話をしてあげると喧嘩もほとんどなくなり楽しく付き合えると思います。

流通・小売系・30代後半・結婚1年目)

本当に結婚したいのなら方法はある筈

まず大事な事は本当に結婚したいと思っているかどうか、だと思いますよ。相手を捜す手段は色々あると思います。昔は「お見合い」という方法があって、お付き合いを始めるというケースが珍しくなかったのですが、今は「婚活」と称して様々な機会を得る事ができますので、本当に結婚したいと思っているのなら積極的に「婚活」の仕組みを利用すべきだと思います。

それとお付き合いしたい相手が見つかったら積極的にアタックする事、単純に考えた方が良いと思います。

自営業・60代後半・結婚11年目以降)

縁と妥協が大事

結婚相手を探すに当たり、一番優先される事は何なのか?これだけは譲れないと言うことだけにして、後は多少の妥協も必要だと思います。

完璧に理想の人は居ないと思った方が良いです。後はご縁は大切にした方が良いですね。縁は円、人には誰しも持っている物で、大きな円を持っている人も居れば小さな円の人も居ます、気付く人、気付かない人、色々だと思いますが円なので必ずまた廻って来ますから縁を大事にしましょう。

流通・小売系・40代後半・結婚11年目以降)

意外と身近にいますよ

私は、結婚し15年目を迎えますが思い返せば最初は凄く軽い感じで好きかわからない状況で今の奥さんと付き合い始めましたが、時日が経過するにつれて奥さんを好きになりました。

確かに理想は大事かもしれませんがどんなに魅力的な女性に出会ってもその女性を貴方の価値観で判断してしまえば必ず崩れてきます。身近にいる女性の良い所を見つけてみてください。気になりいつの間か好きになってると私は思います。

メーカー系・30代後半・結婚11年目以降)

ポジティブなイメージを持つ

私は結婚に対してネガティブなイメージを持っていました。その為、中々結婚相手も現れず焦っていました。

ある時から考えを改めて漠然的でも結婚をポジティブなイメージで考えるようにし、結婚相手を探す過程を楽しむようにしました。疲れたり面倒なこともありますが自分自身も成長でき、相手女性も幸せにしてあげられますから、お互いに良い影響が生じるのです。やはり結婚をポジティブに考えることが大切だと思います。

商社系・40代前半・結婚6~10年目)

結婚相手に求めすぎない

私はもう少し若い頃、20代で結婚したかったのですが、仕事も忙しく、なかなか良い相手と巡りあいませんでした。

結婚なのでやはり相手に理想を求めすぎていたと思います。その理想をどんどんランクを下げると意外と近いところ相手は待っていると思います。

不動産・建設系・30代後半・結婚1年目)

高望みしすぎない

年齢を重ねれば重ねるほど自立心も強くなってきて自分ルールみたいなものが増えていきます。なので、どんどんどんどん結婚相手に求めるハードルが高くなっていくように感じます。

まずは、結婚相手を探すということではなく好きになるような相手を探すことから気軽にやってみる方が良いかと思います。

金融・保険系・20代後半・結婚2年目)

焦らないこと

私も結婚までは遅く年齢的にもかなり焦ることが多かったのですが、女性にはその余裕のない感じがかえって魅力を半減することにもなっているみたいです。

私は、そんな中力まず意識しない様な連絡を取り入れたところ女性側から追い掛けられる様な感じになり、順調に交際が進みました。
焦りは禁物なんです。

メーカー系・30代前半・結婚1年目)

出逢いの機会を増やすこととハードルを上げることは違います

なんといっても出逢いは自分から探さないとないことです。ドラマのような運命的な出逢いなどありません。婚活パーティーや結婚相談所を利用することは恥ずかしいことではありません。

入会後は逆に出逢いが劇的に増えます。そのため、目が肥えてしまい入会する前であれば良かった人もまた次があるかもと思ってしまい、何も決められないまま長期間会員費を払うことになってしまいます。

出逢いは自分で作ること、出逢いが増えてもおごらないことが大切だと思います。

IT・通信系・40代前半・結婚3年目)

結婚相手に求めるものを一つにする

私も結婚したのは30代後半でした。20代も彼女はいましたが、結婚相手に求めるものが多くなってしまい、なかなかうまくいかなかったことがありました。

なので、結婚相手に求めるものをこれだけはゆずれないもの、ここだけはこだわりたいというのを一つにして、結婚相手を探していくと結婚相手も探しやすくうまくいくのではないかと思います。

サービス系・40代前半・結婚2年目)

結婚はゴールではなく、スタートです。

私は結婚はゴールと思ってました。だから遊びきったら結婚などと思って人生を29歳まで満喫しました。ギャンブル、女遊び、お酒、タバコと自由に暮らし、29歳で1回目の結婚。妻に裏切られ3年で離婚し、もう結婚はしないと心に誓いましたが、又、いい人が現れて結婚。

前の婚姻生活とはまるっきり違うのはジュニア誕生です。確かに独身時代とは明らかに自由度が違いますが、それよりも別の楽しさがそこにはあります。今は中々の生意気さを出してますが、寝顔は可愛いし、行動や言動がコミカルです。子供は授かる存在なので、結婚したら直ぐに出来る事はないかもしれません。

そこに到達する為の夫婦の努力も中々良いものではないかと思います。結婚はゴールではなく、新たな人生のスタートだと思います。

流通・小売系・40代前半・結婚6~10年目)

相手の細かい変化(ネイルやピアス)に気付く

私は特に意識した訳では無いですが、同僚に「これが結婚出来る人なんだ」と言われた出来事です。

事務の女の子がネイルを変えて、何気なく「季節感あっていい色じゃん」と伝えたら上記の発言がありました。
事務の子もビックリして、「彼氏すら気付かなかったのに」と。

躍起になって誉めるとか、恋愛に発展させるのではなく、人を見る心の余裕を持つことが近道かも知れません。
因みに、妻の変化にも必ず気が付きます。

IT・通信系・30代後半・結婚3年目)

ギャンブルなどはやめよう

女性をキチンと大事にするためにはギャンブルなどをやっているならやめた方がいいです。

ギャンブルのせいでデートに遅れるとか、お金がないとか、デート場所にパチンコなどは本当に良くないと思います。大事なものはなにかをキチンと考えられる人になれないと女性は寄ってきません。

サービス系・20代前半・結婚1年目)

完璧な女性はいない

失敗したくないからと自分の好み通りの女性を探したい気持ちはわかります。

でも、その希望通りの女性にあうことはかなり難しいです。どこかの部分は妥協しないと結婚相手は見つかりません。結婚してからいろいろと見えることもありますよ。

IT・通信系・30代後半・結婚6~10年目)

理想よりも楽しい時間を考えて結婚する

今までに付き合った人も3人しかいない私でした。特に、1人目に付き合っていた人と結婚するのだろうと考えていました。しかし、相手に別に好きな人が出来て別れることになりました。

タイミングが合わなかったのかもしれないと思い、新しい出会いは求めずに、仲間と楽しい時間を過ごしていました。その仲間の中で一緒にいて楽しいと思える人と出会いました。理想の女性とは言えませんでしたが一緒にいて楽しいことが一番だと思いました。今は幸せです。

医療・福祉系・30代前半・結婚5年目)

出会う機会を増やしましょう

とにかく女性と出会う機会を増やしましょう。

「数打ちゃ当たる」という意味ではなく、色々な女性と出会い話すことにより、自身の女性に対するスキルアップにもなります。出会いが増えれば自分に好意を持ってくれる女性もいるかもしれません。

出会いがなければ何も始まることはないのですから、積極的に出会いの場に参加してみましょう?

サービス系・40代後半・結婚11年目以降)

出会いは自分で見つけるもの

出会いが無いと嘆いている人は自分から出会いの場に足を運ぶことをお勧めします。婚活サイトやパーティーなど探せばいくらでもあると思います。

人との出会いは待っていても訪れる事はありません。最終的には自分で動いて出会いを求めるしかないのです。
結婚できない理由を出会いが無いと考えている人は行動あるのみだと思います。

表現は悪いですが当たって砕けろ精神で良いと思います。動いていれば必ず良い出会いが訪れるものです。

メーカー系・40代前半・結婚11年目以降)

一緒にいれるのであれば結婚してみるとよい

結婚は一生のパートナーを決める大切な事。それに間違いはないのですが、結婚に対してのハードルを上げすぎないことは非常に大切だと感じます。時間を共有してみて一緒にすごすことが苦ではないのならば結婚を考えてみるのも良いと思います。

実際に結婚してみて悪い所も良い所も見えるというのはあるので、結婚はあくまでスタートに過ぎないと考えても良いと思います。

不動産・建設系・30代前半・結婚3年目)

とにかく話しが合う人を目指す。

見た目やスタイルがいくら好みでも結婚相手にそれを一番に考えてしまうと結婚生活が続かずなかなかうまくいかないと思うので、話をしてみて価値観が合うや話をしていて話し方に違和感がないと感じる方を探すことが大切だと思います。

医療・福祉系・30代前半・結婚4年目)

理想は高すぎないか客観的に見直してみることです

理想の女性は思い浮かべてみるとキリがないと思います。

美人でスタイルが良く家事ができて若くて…という具合に幾らでも理想は出てくると思います。しかし、自分がそれなりに見合った男であるかをもう一度客観的に見直してみると案外自分の周りに素敵な女性がいることに気が付いたりすると思います。

流通・小売系・20代後半・結婚2年目)

自分と向きあう

私が結婚するうえで重要だと思っていることは、婚活などをするうえで自分の価値を正しく理解するということです。

ここでいう自分の価値とは年齢、年収、見た目、性格などのことです。自分の価値を正しく理解し、高望みせずに身の丈にあった相手を探せば結婚に近づけると思います。

公務員・教育系・30代前半・結婚2年目)

まとめ

今回は夫30人による「結婚できない男性へのアドバイス」をご紹介してきました。

結婚が出来なくて悩んでいる男性は是非ご参考にして頂いて、婚活の糧としていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ