結婚できない不安な女性必見!妻30人が贈る理由とアドバイス

結婚,できない,女

近年メディアでも度々取り上げられることの多い「生涯未婚率」。

総務省が行った国勢調査によると1980年以降、50歳時点での未婚者数が激増しています。2015年時点で女性の未婚率は約14.1%と、7人に1人が50歳の時点で結婚歴がないことが分かりました。

そんな「未婚」ですが、「結婚しない」ことを選ぶ人もいれば「結婚したいのにできない」という人も多いこともまた事実。結婚相談所やマッチングアプリの急拡大を見ても結婚したい男女が多いことが分かりますね。

「結婚したいのに出来ない。自分に原因があるのならば直したい!」と考える女性も沢山いるのではないでしょうか?

そこで今回は、妻30人による「結婚できない女性へのアドバイス」をご紹介してきたいと思います。実際に結婚した男性30人による「この人とは結婚できない!」と思う女性の特徴や条件もご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

結婚出来ない女性の条件って?既婚男性30人の本音

まずは、既婚男性30人による「結婚できないと感じる女性の条件」をご紹介していきましょう。

「そこは直せない!」と思う箇所もあれば、「自分に当てはまっているかも。。」と気になる部分があるかもしれません。

ご紹介する意見がすべて正しいということはありませんが、既婚男性30人の本音として頭の片隅にでも入れておくと良いかもしれませんね。

与えられることを当然だと思う女性

結婚できない女性の特徴として、自己評価が高く、男性から食事や金品等をもらうことや、車の運転をしてもらう、荷物を持ってもらう等、何かをしてもらうことを当然だと思っているような女性が多いように思います。結婚に限らず、人間関係においてお互いを尊重して、感謝の気持ちを忘れないという事は大切なことだと思いますし、だから結婚できないのかなと思います。

30代後半・結婚6~10年目

理解し合えないとだめだと考えている

結婚できない女性はパートーナーとなる男性に対してなんでもかんでも理解を求めすぎていると感じます。長年連れ添っている年配のご夫婦でも相手のすべてを理解しているわけではありません。むしろ、理解できない部分があることを受け入れ、それに対してどうしたらよいか考え、譲り合うことができるというのが夫婦というものなのではないかと思います。

30代後半・結婚6~10年目

親離れできていない女性

同居が条件でお見合いしたことは何度かありますが、お見合いに親同席とか初デートに実家の周りを指定されたりするとさすがに気が引けてしまいます。「私は親が死んだら一緒に死にます。」と宣言されてしまうと、その先を考える気も失せてしまうのではないでしょうか?

50代後半・結婚6~10年目

何でもできてしまう女性

女性が社会に出て働くことが一般化した現代において、仕事をして収入を得て一人暮らしをし、家事もそつなくこなす。生活のすべてがひとりでできてしまう女性はパートナーを必要としない、男性に頼る部分を持ち合わせていないから結婚できない(というよりも「しない」という選択が近いかも)と思います。
仮に結婚の意志があったとしても男性側は隙が無い女性に対して高い壁を感じ、近寄り難い印象を持ち、結果として遠ざかってしまうとも思います。

40代前半・結婚4年目

選択肢の多い女性

一般的にもてるのに結婚できないのはこのパターンが多いです。
人間心理として選ぶ選択肢が多いと、かえって一つに絞るのに時間がかかってしまうのは、スーパーのジャムの実験からも判明しています。
男友達や恋人候補になるような男性が多いようなタイプは、自分が選べるという立場に満足し、居心地の良い環境から脱出するための行動(結婚)に踏み切れないまま年を重ねていく事が多いので注意ですね。

30代前半・結婚5年目

自立心が強すぎる女性

自立心が強すぎる女性は、意識が高いので、世の中の男性がみんな頼りなく見えてしまうのではないでしょうか。また、結婚生活は、ある意味お互いの弱みを補い協力し合って家庭を築いてゆくものなので、男性から見ても、あまりに自立心の高い女性は、敬遠されてしまうのではないでしょうか。

60代前半・結婚11年目以降

自分本意な女性

結婚出来ない女性は自由に甘くて、自分をわかってないと思います。年齢が上がっていくほどに自分が最優先になり、回りがあまり見れなくなり何事も自分のせいではないと考えがちになっています。自分を理解すると同時に相手も理解するといいと思います。

40代後半・結婚11年目以降

性的魅力のない女性

異性同士がひかれあい結婚するには、男女とも生物としての本能として異性に惹かれるものがあるためです。そのため、性的な魅力がない女性の場合、男性から見た場合に魅力に乏しく、他の女性と比較してしまうと、一緒に住みたいという感情自身が生物として湧いてこず、知り合っても、良いお友達・会社の同僚として終わってしまうことになるからです。身だしなみや、言葉使いなど外見から気を付けると変えらると思います。

50代前半・結婚11年目以降

要求事項が多すぎる

異性に対して普段から求める項目が多すぎると正直疲れます。それに対応できる人に出会えれば良いのですが、選択肢が自ずと狭まるのではないでしょうか。相手に求めるなら自分も相手に応えてあげないと永くは続かないと思います。

40代前半・結婚6~10年目

自己中心的な考え方をする女性

人間は不特定多数の誰かの為に成るように神様が創造され、生かされていると思います。人を幸せにする事で、自分の幸せを感じる事(自己満足)の出来る人が理想ですが、なかなかそんな事は難しいと思うので、せめて自分の周りの人の為に自分を犠牲に出来る人になって欲しいと思います。

60代後半・結婚11年目以降

完璧主義的なオーラ

結婚できない女性の特徴は完璧主義的なオーラを出している人だと思います。キャリアウーマン的で仕事をバリバリやり回りを寄せ付けない強さをもった女性も完璧主義的なオーラを出しています。しかし逆におっとりしていてもさくさく器用にこなしてしまう女性も実は完璧主義的なオーラを出していると思います.
何か欠点あったり守ってあげたいと思わせる女性の方が男としたら結婚したくなるんじゃないでしょうか。

40代前半・結婚11年目以降

言葉遣いが悪い女性

結婚できない女性は、言葉遣いが悪いと感じます。
言葉遣いが悪いと喧嘩も多くなりますし、一緒にいても疲れるだけだと思います。言葉遣いが悪いと性格も悪く感じます。
顔が良くても、言葉遣いが悪いと一緒に居たいと思いません。

30代後半・結婚4年目

気遣いの行き届いていない女性

男性が結婚を意識する女性の条件は個々の価値観があれど気遣いを重要視する男性が多いのではないでしょうか。外食の際はハンカチやティッシュなどの準備は勿論、同居、別住まいに関わらず男性が一番油断できるプライベートの時間をどれだけ言葉を発せずとも理解してくれているかが大事です。男性は皆が彼女の前では油断をし尚且つ甘えたい生き物なのです。男性の安らげるオアシスのような気遣いの出来る女性であれば生涯の伴侶として考えると思います。

40代前半・結婚6~10年目

情報に流されるい女性

メディアによって作られている流れに乗せられてしまって恋愛の価値観まで支配されているタイプ。作られた世界観で思考し凝り固まってしまうので現実とのギャップにより噛み合わず行き遅れてしまう傾向があると思います。人間の行動は同じではないのに、勝手に決め付ける事で自身を不幸にしていると思います。

30代後半・結婚5年目

独立心やプライドが高く、男性を見下している女性

太平洋戦争で敗戦後、よく言われることですが、強くなったのはストッキングと女性であり、年々自信を失っていく男性が増えているように思います。学歴にしても女性の大学進学率が急上昇、学業の成績も女性の方が優れているというケースは多く見られるようになりました。男女雇用均等法の施行により、女性の社会進出も間口が広がってきています。
昔のように、女性は結婚と同時に家庭に入り、子供を産み・育てるだけという社会ではなくなりました。社会構造の変化とともに独立心・自立心の強い女性が増えて来ていますし、学歴向上とともにプライドも高くなり、出来の悪い男性を見下すような女性が、またそのことを公言する女性がどれだけ増えたことか。こういう女性は世の中の男性からは近寄り難い・近づきたくない女性になっているように思います。大和撫子のような女性を世の中の男性は未だに追い求めている人が多いのではないでしょうか。

60代前半・結婚11年目以降

理想が細かすぎる女性

女性は、結婚する条件として容姿や経済力などよく耳にしますがそういうひとに限って結婚を逃していそうな気がします。結婚は、やはり理想通り物事がうまくいかないですし、理想の結婚ができた人は、ほんの一握りでその点を理解してもらいたいと思います。

40代前半・結婚5年目

一緒に幸せになるのではなくて、相手に幸せにしてもらいたいと思う女性

なかなか結婚できない女性は、一概には言えませんが常に相手に幸せにしてもらいたいと思っていて、自分は頼っていけばいいと思っているのではないでしょうか~長い結婚生活の中では夫がリストラにあうこともあり、事業をしていても倒産することもあります。そんなときは妻も働かないといけない時もありますから、その覚悟が無いので、しっかりとした男性からは見抜かれて敬遠されるのではないでしょうか。

60代前半・結婚11年目以降

プライドが高い女性

プライドが高い女性はとにかく自分を下に見られることが嫌いです。
女性のプライドが高いのはカッコいいな最初は思っていましたが、高すぎる女性とはいざ結婚となるとどこかで躊躇ってしまいます。
普段の生活からそういった態度や言動が後々になってストレスに感じてしまいがちです。
プライドは持っていて悪いことではありませんが、たまには下手に出ることも大切だと思います。

20代前半・結婚1年目

自由に生きたい女性

私の周りにいる結婚できない女性は、夫や子供にとらわれることなく自由に生きたいと思っている方が多いです。旦那や子供が欲しいと思っていても、独身のように自分の時間やお金を自由にできないと思うと、なかなか結婚には踏み込めないようです。自身のライフスタイルを理解してくれるパートナーに出逢えることが重要だと思います。そのような人に出逢うためにも、自分から出逢いの場や、知人の紹介など幅広く行動することが重要だと思います。

20代後半・結婚2年目

キャリア志向が高すぎる女性

私の上司がまさにそうなのですが、結婚と仕事のいずれかを選択しなければならない時に、仕事を選択する女性は婚期を逃してしまうのではないでしょうか。キャリアが上がるほど自分で稼げてしまうので、男性からの援助は必要なくなり、年齢が上がるほど男性に求める条件(年収など)も上がるため、より難しくなると思います。今の時代、一生独身でも生きていけますので、その点も大きいのかもしれません。

40代前半・結婚6~10年目

相手に多く求めすぎている

やはり、旦那におんぶに抱っこして生きていこう、自分は働きたくない、外で働くのは旦那の勤めとかんがえていると、「俺はATMじゃない」と思います。
他にも旦那は小遣い制だけど自分はランチに行きたいなど考えているうちは結婚は望めません。

30代後半・結婚3年目

世の中を甘く見ている女性

結婚できない女性は、世の中を甘く見ている方が多いように感じます。自分自身では「私はちゃんとしている」と思っていても、傍から見れば言葉遣いは汚い・態度が悪い・忍耐力がなくわがままなど、一般的な社会人としてのレベルに達していない方が多いです。男性からは、そのような方と結婚しても良い家庭を築くことは出来ないと思われるでしょう。世の中は甘くありません。今一度自分自身を見つめなおし、大人になる努力をする必要があると思います。

30代後半・結婚5年目

自らを過大評価している女性

結婚出来ない女性は、相手の容姿、学歴、職業、収入のレベルの高さにこそ幸福があると信じていると思われます。自らがその様な相手と同等のポテンシャルをお持ちならば、寧ろ結婚に執着せず、仕事に趣味に幸福を見出し、自分の道をひたすら進むべきと思います。自らを過大評価している、勘違いなさっている女性は、一生それに気づかぬまま、叶わぬ幸福を追い求めながら人生を終わらせることをお勧めします。

50代前半・結婚11年目以降

理想が高すぎる女性

結婚できない女性はまずすべてにおいて理想が高すぎだと思います。
内面よりもどちらかと言うと外見重視な所があります。
年収においても平均よりはるかに高いのがあると思います。一般の社会人には無理な金額です。
まずは相手を知ることと高望みをしなければ結婚できると思います。

40代前半・結婚6~10年目

性格が自分勝手な人

周りの未婚の女性を考えてみると、自分1人のプライベート時間を多く取る傾向にあったり、逆に飲み会には参加するけど、相手に合わそうとはせずに、自分の理想に合わないと思ったら、絶対に付き合おうとはしない傾向にあると感じます。

40代前半・結婚4年目

お金にだらしない

結婚の本質は共同生活です。生活の基礎はお金です。主婦だろうが、共働きだろうが、浪費癖や借金がある方はよっぽどそれを上回るアドバンテージ(美貌、多分、女性の場合これしかないです。そして首尾よく結婚できてもすぐ破綻します。)がないとほぼほぼ結婚できません。逆に言えばそれさえしっかりしていれば後は趣味の問題なのです。年収いくら以上の男性がいいという女性の願望はあまり高過ぎると金銭へのだらしなさ(それだけ浪費しますという暗黙のメッセージ)を醸し出していますので実際その年収条件をクリアする男性からより一層相手にされない結果になります。

40代前半・結婚6~10年目

家庭的ではない

料理ができない、金使いが荒い、掃除ができないといった、王道なものはもちろんのこと。仕事と家庭が両立できないのが、あまりよくない。共働きの世代でお互い仕事疲れして帰ってきて家事をしない、疲れてできないなどと理由を付けられるとこっちだってやる気がなくなる。結婚するには体調管理ができない女性は嫌がられるかなと思います。

20代後半・結婚1年目

誰に対しても厳しい

結婚できない女性は、すべてにおいて高望みしすぎかもしれませんが、それ以上に、仕事熱心な面が強いと思います。そのため、だれに対しても厳しく当たってきます。
そのため、評判が悪く、イメージ的にマイナスになるため良い縁がないと考えます。

40代前半・結婚11年目以降

自分で行動しない女性

結婚できない女性は、自ら行動しない人です。周囲に結婚したいと話しておきながら、出会いの場や飲み会などをセッティングしても、仕事が忙しくて時間がないなどと理由をつけて行動をしません。そのため、常に「出会いがない」が口癖になっています。結婚するためには相手と出会うことが必要です。そのためには出会う努力が必要となります。

40代後半・結婚11年目以降

お礼やあいさつなど社交辞令が出来ない人

結婚できない女性は相手に対して、社交辞令が出来ない人だと思います。もしも自分と一緒にいる時に、友人や家族などにあいさつやお礼が言えない場合は紹介したくなくなります。そんな一般的なことができない女性と結婚したと思われるのも自分のステータスを下げることになりますので、男性はその女性と遊ぶことはあっても結婚はしません。人見知りなど苦手な場合でも、努力が必要だと思います。

20代後半・結婚1年目

妻30人による「結婚できない女性へのアドバイス」

自分への優先度を下げる

私が結婚できないだろうなと思っている周りの独身女性に皆共通している点が「自分が1番」だと思っていることです。

男性を探すにしても「私のことを愛してくれる人」「私のために働いてくれる人」など自分のことばかりな人ばかりなので、そうではなくて、まず自分が結婚するために何を相手にしてあげられるかを考えるべきです。独りよがりな思いでは付き合えたとしても結婚までなかなかたどり着きません。

流通・小売系・20代後半・結婚1年目)

まず動いてみる

私の周りでも、本人は結婚したいのに、できないという方がいます。だいたいは出会いがないと言います。でも聞く時、婚活サイトはサクラしかいないという話を聞いたなど、噂を信じ、行動していないんだなと思いました。まず一歩、踏み出してみるのがいいと思いました。

専業主婦・40代前半・結婚11年目以降)

妥協も必要

自分の理想ばかり語らずに、ここだけはこうあってほしいと思うところを二、三個決めて探したらいいと思います。自分のここだけは曲げれない条件を満たしてくれれば、それ以外のところは大目に見ておくといいのではないかと思います。

専業主婦・20代後半・結婚5年目)

ピンと来なくても運命の人

好きになる人は山ほどいましたが、今の主人は当初、全く好みのタイプではありませんでした。
当時私には交際歴は全くなかったので、彼から「好きだ」と言われても
最初はお断りしようと思っていました。だけどふと「この人は良いパパになりそうだな」という思いにかられたのです。
外見には全く惹かれませんでしたが性格が素敵で、結局お付き合いを始め、結婚。
現在では2児のパパですが、本当に子煩悩で良いパパになってくれました。

不動産・建設系・20代後半・結婚5年目)

リアル男性の中から選ぶ(ただし慎重に)

私はあまり結婚願望がなかったタイプの人なので、結婚したいという人が参考になるのかどうかは分かりませんが、とにかくリアル男性の中から選ぶということに尽きると思います。

なので結婚相手が自分の理想から少しでも外れると嫌だという人はなかなか結婚できないと思います。理想ではなくリアルな現実を見た方がいいです。それと、探すならあまり焦らない方がいいです。結婚を焦って変な人と一緒になってしまうと一生後悔しますし、結婚詐欺にもあいやすいです。

サービス系・40代前半・結婚6~10年目)

理想を高くもたない

結婚すると必然的に好きであっても、許せない部分が見えてくるものです。理想を高く持ちすぎると、そのマイナス部分に大きな衝撃をうけます。ダメージを軽減するためにも、結婚相手だと思える相手をみるときは片目でみるくらいがちょうどいいです。

サービス系・30代後半・結婚5年目)

理想通りの人が見つかるなんて夢見がちすぎ

結婚できなくて悩んでる人は自分がどれだけ完璧だと勘違いしてるのでしょうか。選べる立場であるのは自分だけじゃなく相手もだということを忘れないで欲しいです。理想を求めるのはいい事ですが、その理想を低くする事を考えてみてください。

専業主婦・20代後半・結婚1年目)

自分の中のこだわりを捨てましょう!

婚活を頑張っているのになかなかお相手が見つからない人は、自分の理想にぴったりと当てはまる人ではない限り、一歩踏み出さないからだと感じています。「ここはいいけどここは嫌!」という減点方式ではなく、「こんな一面もあるんだー」と、加点方式でお相手を見ていくといいと思います♪

サービス系・20代後半・結婚1年目)

結婚相手の条件を羅列しない女性になること

私自身がもう少し若い頃に考えていたことや、今現在結婚できずに30歳を迎えることを嘆く未婚の友人の話を聞いていての感想です。

言い尽くされた言葉かもしれませんが、ある程度の年齢までいって『結婚できない』ことに本気で悩んでしまっている彼女達の問題点は『理想と現実の相違』がほぼでしょう。

誰しも付き合う相手には何かしら理想があると思います。容姿、職業、収入、家庭環境、最低限これぐらいの中で誰か性格のいい人と結婚したい。誰でもいいは建前であって本当は誰でもよくない。だからそう簡単には『結婚できない』のです。

ちなみにそんな我儘を簡単に叶えられる人もいます。出会いはあるし、好きな人はできるし、誰かに好かれるし、相手は結婚を考えてくれているし、あとは自分の心次第という女性。世の中は不公平です。ただ、自分が現状そういう女性でないのだとすれば、結婚する為には何か考え直すべき部分があるのかもしれませんね。

専業主婦・20代後半・結婚2年目)

完璧な人はいないと肝に銘じる

私も今の夫と出会う前は「一生結婚できないかもしれない」と考えていました。というのも、私の理想に合う人がまったく見つからなかったからです。

私は外見も内面もある程度平均以上で経済力もある男性を探していました。けれど、そういった完璧な人は正直いません。今の旦那は外見も内面もタイプですが、経済力はありません。しかし、そこは自分でカバーして結婚にこぎつけました。

流通・小売系・30代前半・結婚3年目)

ステータスにこだわり過ぎない

お相手を探すときに、ステータスのような指標のみで判断しがちですが、趣味や金銭感覚、価値観といった思考の合致度が高いほうが重要だと思います。
私自身もステータスばかりにとらわれていた時は、どんどん理想が高くなってしまい、なかなかいい方向に進みませんでした。
まずは、お話していく中で、考え方などが合う人を探すのがいいと思います。

IT・通信系・20代後半・結婚5年目)

紹介してもらいやすい人になる

「知り合いの男性を紹介したい」「飲み会やパーティーに誘いたい」と女友達に思われることが大切だと思います。

私はどんな集まりでもいつも二つ返事でOKしていたので、多くの女友達から多くの誘いを得て、結果、たくさんの出会いに恵まれました。今の夫もそうやって出会った男性の一人です。

逆に、女友達に何かの集まりに誘われたとき、「どんな人が来るの?」などなど細かく質問するような女性は次から声をかけにくくなり、どんどん出会いが少なくなっていきます。

専業主婦・40代前半・結婚3年目)

積極的にアプローチ!

私もなかなか結婚できなかったタイプの一人なのですが、2年前に結婚することが出来ました。

私の方法は、「この人!と思ったら積極的にアプローチ」です。結婚て男性にとっては責任が増すことでもあるので、足踏みする人が多いと思います。本当に結婚したい人がいて、相手が迷ってるようなら強引に引っ張ってこっちのペースに巻き込むといいと思います。

自営業・30代前半・結婚2年目)

理想を高くしすぎない

まず出会いを作る事です。家と仕事の往復では絶対に出会いなんかありません。飲み会に参加したり、趣味を見つけてその趣味で出会いがあるかもしれません。行きつけのお店などの店長と仲良くなり、同じ行きつけにしている人を紹介してもらうなど行動範囲を広げたほうがいいと思います。

例えば美容、整体、バーなどお店の人と仲良くなり、いい人いるよなどと紹介してもらってもいいと思います。

専業主婦・40代前半・結婚6~10年目)

理想を高くしない

旦那と出会うまで、条件のいい人が結婚相手だと考えていました。収入や性格にすごくこだわっていたのですが、完璧な人はいないです。一番は思いやりの気持ちがある人がいいと思います。子供、自分の両親を大切に思ってくれる人が一番いいと感じます。

専業主婦・30代前半・結婚6~10年目)

多くを求めすぎない

結婚相手の条件として、経済力が高く背が高くて優しくて、面白くて、等と多くを求めすぎてしまうと、相手の粗ばかりが目についてしまい、うまくいく出会いも中々上手に事が運ばないと思います。

自身がその条件を出すだけの器であるのか、自己査定ではなく他人から見ても年齢を差し引いてもそうなのか。と、自問自答すると、もう少し優しい目で相手のことを見ることが出来て、相手の良い点を探す目で人と接する事が出来るような気がしました。

IT・通信系・30代後半・結婚6~10年目)

結婚相手に自分の理想を押し付けすぎない

「こんな人と結婚したいな〜」と、理想や憧れを持つことはよくあることと思います。ですが、世の中にはそうそう、自分の理想と完璧に一致する男性などいないものです。相手の男性に自分の理想を押し付けてしまうと、その男性はきっと窮屈に感じてしまうでしょう。

また、視野が狭まってしまって、その男性が持っている良さにも目が行きにくくなってしまいます。逆に男性から理想を押し付けられてしまったとしたら、あなたはどう感じるでしょうか?決して心地よいものではないと思います。

これだけは絶対に譲れないというものがいくつかあったとしても、その他は妥協ではなく寛容の心を持って男性と接することが大切なのではないかと思います。

専業主婦・30代後半・結婚6~10年目)

タイプじゃなくてもお友達になってみる

今の夫は、私より一回り近く年上です。最初、友達の紹介で会った時は、顔も性格も全くタイプではないので、『付き合うのはムリ』と思っていました。

しかし、彼は積極的で、頭も良く、何より誠実でした。お友達だちとして会ううちに、『結婚』を視野に入れ付き合うことに。タイプじゃなくても、人間性で心動かされることもあるのだなと思いました。

医療・福祉系・30代後半・結婚6~10年目)

理想を追いすぎない

年収や職業等、理想を高く持ち、追い続けては、なかなか結婚までいけないように感じます。どこか妥協も必要だと思います。上を見ていては、きりがありません。贅沢は出来なくとも、少しの貯金と、笑顔で過ごせるパートナーと出会い、生活していくことが一番の近道なのではないかと感じました。

専業主婦・30代後半・結婚1年目)

昔からホントに自分が好きな事に手をつけましょう

私が結婚をしたのは、41歳です。結婚をしたかったわけではなく、田舎なのでまわりからの「なんで結婚しないの?」という干渉にうんざりしたから…というのが一番の理由です。

相手は長年付き合っていた彼氏です。その彼氏とはケンカもさんざんしました。しかし、今も続いているのはベタですが共通の釣りや、アウトドアといった趣味があったからだと思います。

一時的な感情の盛り上がりも良いですが、好きな事を一緒に楽しめる相手というのはやはり大事だと思います。いい人はもう結婚しているという見方は多いかもしれませんが、バツイチとなってフリーでいらっしゃるかもしれませんよ。

医療・福祉系・40代後半・結婚6~10年目)

理想だけでは相手は探せない

結婚の理想を求めすぎると縁遠くなってしまいがちです。

結婚相手は、仕事をしっかりしている、一緒にいて自分らしくいられる。この二点があればきっとそれなりに幸せな生活が過ごせると思います。結婚して一年もたてば夫婦は家族の存在になります。衣食住無理なくこなせる収入と素のままの生活が出来る人と肩の力を抜くときっと現れると思います。

専業主婦・40代前半・結婚11年目以降)

結婚を考えすぎない

結婚相手とは、自分が好きになった人とするというのが私の理想でした。また、合コンなどの出会いの場では良い人とは出会えないと勝手に決めつけ、誘ってくれても断っていました。そのうち、お堅い人というイメージがつき、そういう誘いもめっきりなくなりました。

結局、今の主人と出会ったのは、友人の紹介でした。当時は突然紹介されても…と乗り気ではありませんでしたが、会ってみるととても気さくな人で、片意地を張ることなく話をできました。そこから徐々に好意を抱き、結婚に至りました。

自分の見えていない部分を友人が見てくれていて、良い人を紹介してくれました。頭でっかちで決めつけた考え方が結婚を遠ざけていたのだと感じました。

専業主婦・30代後半・結婚5年目)

生活への妥協

付き合っている相手はいても(欲しくても)「結婚」に踏み切れない、もしくは結婚相手としては・・と感じている人が多いように感じています。

付き合っているのは、生活ではない部分での楽しみや幸福感が重要だと感じますが、「結婚」はやはり一緒に生活をしていくことが重要。生活スタイルや習慣がちょっとずつ違う人間が一緒に生活していくって本当に大変。戸惑うことや「え??」と感じることも多い。それは当たり前!多少の妥協と楽しむことできっと結婚が身近に感じられるはず。違う部分も楽しんじゃえ!

サービス系・30代後半・結婚6~10年目)

高い理想を追わず身の丈にあった人を

結婚に至らない方はもしかしたら理想が高いのかなと思います。

相手にルックスや年収など完璧を求めすぎてしまうとなかなか難しいんじゃないかと思いますが、妥協することも大切だと思いますし、自分の身の丈に合った人がきっと暮らしていく中で共鳴できたり安心できたりするんじゃないかと思います。あまり欲をかかず純真な気持ちでいらっしゃったら素敵なご縁に出会えるのではないでしょうか。

専業主婦・40代後半・結婚11年目以降)

性格の合う人を探すこと

結婚するにあたって譲れない条件というものが人それぞれ色々あると思うけど、やっぱり性格が合う人と出会うことが1番だと思います。

年収などに惹かれて焦って結婚に持ち込んだとしても、「この人と過ごす何気ない時間が本当に本当に幸せ」と感じない人だったら、今後いつか上手くいかなくなる日が来ると思います。

そんな風に思える人と結婚できれば、結婚後の生活でも相手を思いやることができて、幸せな家庭が築いていけると思います!

専業主婦・20代前半・結婚1年目)

結婚は就職と同じである

なかなか良い人に巡り合えず、婚活をしていた時に感じたことです。

就職は結婚と似ていると就職活動をしていた頃によく言われましたが、婚活をしていて「たしかに就活と似ているかも」と思ったのです。

「背伸びをして大きな会社にばかり応募しない」「ありのままの自分を受け入れてくれる会社を選ぶ」「志を同じようにもてる会社をさがす」「会社」を「結婚相手」という言葉に置き換えてみてください。

専業主婦・30代前半・結婚1年目)

とりあえず、食事でも

結婚相手を探していても、友達が既婚者ばかりになってしまい、なかなか出会いがなくて、30代独身、負け犬になっていました。

社内恋愛にも憧れましたが、出会いもなくて。私は同級生か2歳から3歳年上の人と出会いが欲しかったのですが、同窓会もなく断念。その頃、会社で異業種の方々との飲み会に参加させていただき、年下の方に声をかけてきただきました。

試しに食事だけでもと思い二人で会うようになりました。何回かお会いして、一緒にいて楽だったので、付き合うようになりました。今の、旦那です。

専業主婦・30代後半・結婚2年目)

自分の気持ちを見直して譲れない条件は1つだけに。

多くの結婚願望のある方は様々な理想を抱えて活動することが多いと思います。実際にご相談を受けた友人(34歳 女性)では「都内在住、年収800万以上で自分より5歳上まで」と、とても狭めていました。

年齢を重ねると、これまでにお付き合いされた男性とどうしても比較をしまうものだと思います。しかし、恋愛としては楽しかったけれど結婚に至らなかった人というのは結局は合わない人だったということです。自分にとってすべて完璧な男性は残念ながらおりません。

その友人は「これだけは外せない」ということを1点だけに絞って活動されることで無事結婚に至りました。

専業主婦・30代後半・結婚6~10年目)

誰とでも仲良くする

私もなかなか結婚までいたらなかったのですが、二十代後半から友達に誘われてお見合いパーティや街コン、合コンと何度も足を運びました。最初は、なかなかうまく相手の方と話すこともできなかったのですが少しずつ話せるようになって、自分の苦手な人もやはりいたりしましたが、とにかく話して仲良くなり、輪を広げていこうと努力をしていきました。

参加していくうちに、女性の方とも仲良くなって、「一緒にいかない?」と、誘われることが増えて、自分も誘ったりして、場をこなしていくうちに、出会いが訪れるってこういうことなんだなって思いました。

彼氏ができるまでには時間がかかりましたが、必ず自分と会う人っていると思うんです。出会いがあると考え方や自分のタイプが見えてきたりするので的を得やすくなってくると思います。

専業主婦・30代前半・結婚1年目)

結婚できないと考えるのはやめましょう

まず、自分を安売りするのをやめましょう。結婚出来ないというのは、相手に選んでもらえないという受け身のマインドになります。自分を否定して、相手に選んでもらえるような人間になろうと、背伸びをしたり、自分らしさを失うことにつながりかねません。

私は、ありのままの私を受け入れてくれる人と結婚するのよと、自分に自信を持って自身を輝かせるほうが、自分も楽しいし、見ている男性の目にも魅力的に映るはずです。お化粧ではないですよ、生き方の話です。

出会いがないのでしたら、積極的に趣味やボランティアなど、新しい世界に繋がれば、好きなことがきっかけで、趣味の合う男性に出会えるし、自分も充実した日々を過ごせて一石二鳥だと思います。

専業主婦・40代後半・結婚11年目以降)

まとめ

今回は妻30人による「結婚できない女性へのアドバイス」をご紹介してきました。

結婚が出来なくて悩んでいる女性は是非ご参考にして頂いて、婚活の糧としていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ