【男性編】「子供はいらない…」と思う30人の正直な理由とは

結婚をして子供を持ち家庭を築くことが夢だと考えている方はたくさんいますよね。

しかし最近では、仕事や趣味、夫婦での生活に重きを置くため望んで子供を持たない選択をする夫婦も増えてきました。

夫婦の幸せの形は人それぞれですので、どんな形が正しいという事は当然ありません。

 

今回はそんな「子供はいらない…」と思う男性30人の正直な理由をご紹介していきたいと思います。

 

父親という立場がイメージできないため

自分自身、早くに父親を亡くし思春期から現在に至るまで父親の存在の無い人生を送ってきました。
私は一人っ子で、身近に手本というか、男として相談等できる者がいなかったので自身の生き方は自分で考えるしかなく、ましてや親になることなど想像できないです。
元々、子供は好きではないというのも理由の一つです。 

(40代後半)
 

子孫を残したくない

私は自分の容姿に自信がないので、子供が私のようになったら必ず不幸になると考えてしまいます。
ひねくれた考え方になりますが私が子供を持つよりも、いわゆる経済的に安定し肉体的・頭脳的にも優れていてる方が子供を残された方がよっぽど良いと考えてしまいます。 

(40代後半)
 

自分の好きなことができなくなるため

子供ができると生活の中心が子供になってしまいます。
旅行や休日など自分好きな選択肢が選べなくなるばかりか、普段の生活も制約されます。
自分が見たいテレビ番組、ふと食べたくなる食事など全て子供中心になるので子供はいらないと思ってしまいます。 

(30代後半)
 

年齢的にも金銭的にも先行きが見えないから

自営業のために、なかなかプライベートな時間が取りにくく、キチンとした子育てができなさそうだから消極的です。
また、年齢的にも不妊治療が前提となり、治療費用がかかる点も理由の一つです。
子供が成人するころは60代を過ぎ、養育資金だけでなく、自分の老後費用などを考ていかないといけません。 

(40代前半)
 

育てる自信がない

私はまだ独身ですが、特に結婚したいとも思いませんし当然子供がほしいとも思いません。
もし結婚して子供が出来たとしてちゃんと育てる自信がありませんし、子供の育て方も分かりません。
このように考える親の元で育つ子供が果たして幸せなのか自問自答してしまいます。 

(30代前半)
 

子供がいて何がいいのかわからない

結婚して子供を産むことを当たり前のように考える人が多いですが、私はそうは思いません。
人生たかだか数十年しかないのに、子どものために時間を費やすのならば別のことに時間とお金を使いたいです。
子育てで悩むのなら別のことで悩みたいのです。 

(40代後半)
 

女性と同居したくないから

仕事から帰ってきて、家事に加えて育児も加わると手が回らなくなると思っています。
また女性と同居しなければ育児ができないので、できるだけ家の中では1人で過ごしたいですし、自由な時間が必要なので、子供はいらないと思っています。 

(20代前半)
 

金銭的な理由が一番

子供を大学まで育てるのに、どれだけのお金がかかるのか考えただけで耐えられません。
子供が出来たとしたら、習い事もさせてあげたいですし、子供の可能性を奪うようなことはしたくないので、お金は相当かけねばなりません。
姉がすでに母に孫の顔を見せているので、子供はそちらに任せたいと思います。 

(20代後半)
 

仕事に充実感を感じ、結婚も子供のことも想像できない

男性にとっての人生の最大の目標はやりがいを強く感じる仕事に就き、世の中に貢献することだと思いますし、自分もそう思います。
今自分は仕事が順調でたくさんの人にも必要とされている有り難い状況で、そういう時には結婚したいという願望は正直湧きません。
子供を作ることはその先にあるものなので、自分にとってはすごく遠い事に感じ、必要性もあまり感じないです。 

(20代後半)
 

親になる自覚が無い

兄の子供や親戚の子供達と接していても、決して子供が嫌いなわけでは無いのですが、自分の事となるとこれからの人生に残された時間とお金の多くが配偶者や子供のために費やされると思うと、それが本当に幸せなのか確証が持てないです。
子供はかわいいし、配偶者になる方は素敵な方かもしれませんが、果たしてそれが重荷とならずにやっていけるのか自信がありませんし、想像が出来ない現実があります。 

(30代前半)
 

自由な時間が欲しい

結婚して2年が経ちますが、平日は仕事、休日は妻がどこかへ行きたいというので、車を出してどこかへ出かけています。
自分が一人で自由な時間を過ごせるのは、妻が友達や親とどこかへ出かけた時ぐらいで、正直もう少し一人の時間が欲しいと思っています。
そんな中で子供ができるとおそらく全く自由な時間がなくなるのではないかと思うと子供はいらないなと思ってしまいます。 

(30代前半)
 

お金がかかるし、明確なメリットが見当たらない

1人子供はいますが、2人目はいらないと考えてしまいます。
子どもに日々お金を使っていますが、明確が夢がないため、子どもからの利益のリターンが不透明になってきました。散々、お金を使ってきましたがここまで来てさらにお金が必要になり、これが永遠に続くかと思うと、精神的にもきついです。 

(20代前半)
 

育てるお金を払えない

具体的な理由というか核心ですが子供を成人させるために必要な費用を自分の稼ぎからは払えないと思ったためです。金銭的に自分や妻、子供に迷惑をかけてまでつくるのは悪いのではないかという思いがあるため今はいらないと考えます。 

(30代前半)
 

自分の人生で手一杯

精神的な体調不良もあり自分自身の日常の暮らしをしていくことだけで毎日に疲弊してしまって全く余裕がありません。
このような状況でさらに子供を責任持って養育する気力も体力もありませんし、無理しても子供とともに体調不良になるかと思うからです。 

(40代前半)
 

子供が好きではないため

そもそも子供が好きではありません。子供のために自分達の人生が犠牲になるくらいなら子供がいないほうが人生楽しめると思うのです。
経済的にゆとりもできますし、時間も自由がききます。
子供が好きなら不自由も我慢できますが、子供が好きではないのであえて不自由を取りに行く気持ちになりません。 

(30代前半)
 

正直、子供が嫌いだから

私が中学生の頃、近くの保育園で課外授業をしていた時一人の物凄くわがままな保育園児と遊ぶことになりました。
最初は良かったのですが、わがままな行動で徐々に腹が立ってきました。子供と分かっていながらも怒りたい気持ちでいっぱいでしたが泣き寝入りされたら困るので我慢していました。
この出来事が原因で私は子供嫌いになり、将来的にも子供はいらないと思いました。 

(20代前半)
 

夫婦二人での生活が充実しているので

結婚して、嫁もこれまでは派遣社員だったのですが、運良く正社員となりお互い仕事が充実しています。また各々会社の付き合いもあり飲み会も多い。
そしてまた金曜日は仕事終わりに嫁と待ち合わせし、映画を観たり、食事、バーに行ったりと謳歌しております。子供となるとこれら全ての行動が制限されるので。 

(40代後半)
 

自由を失いたくないから

結婚して子供が出来た時はこの世にこんなに可愛いものがいるのかと思ったのですが、現在は離婚して子供に会えません。
会えないもののために気持ちが不安定になるのは嫌なのでこの先結婚しても子供は要らないと思っています。 

(40代後半)
 

お金がかかる

子供を育てるだけで1000万と言われており、経済的な自信がありません。
また、子供は言うことを聞きませんし、しつけようとすると子供の虐待だと言われかねないような状況であり、そんな苦労や労力を要するくらいであれば、夫婦二人で楽しんだほうが良いと考えてしまいます。 

(50代前半)
 

子供のことを好きになれるかわからない

今は、まだお互いに好きなことをしながら生活をしています。特に子供が好きという感情もないので、子供が欲しいという気持ちになれません。
これからも二人で、仕事と趣味を充実させたいので、今の段階では子供はいらないと感じています。 

(20代後半)
 

少ない稼ぎは自分のために使いたいため

もともと1人で過ごすことが好きなので、結婚や子供は不要という前提で、自由な時間を多く持てる代わりに収入の少ない仕事をしています。
また、自分は日本の将来にあまり期待を持てていません。
例え結婚できたとしても、子供の幸せに責任を持てる環境ではないと考える以上、子供をつくることはないと思います。 

(20代前半)
 

現在の年齢からではきついから

現在の年齢47歳で子供ができると、子供が可哀想な感じがするから。
子供が成人する頃には自信が定年退職を迎えており、経済的な面で計画がむずかしい。
将来的に色々なことを計画していくことに障害が多すぎるように感じるため、子供はいらないと思う。 

(40代後半)
 

自分自身にお金をかけたいため

正直なところ他人にお金を使うより自分自身にお金を使いたいと思っています。
自分で働いて稼いだお金は自分に還元したいです。
このような気持ちがあるため、事実独身ですし今後も結婚することはないと思います。
自分で使えるお金が少なくなってしまうのが耐えられないです。 

(30代前半)
 

経済的に、十分な環境を確保できなかった

本当は結婚して彼女とは子供をもうけて普通の家庭を築きたかったです。
でも、土地神話の崩壊、日本的経営の崩壊(終身雇用)、低金利により年金基金の破たん等、大変な環境変化があり、世代的に直にぶつかってしまいました。
嫁さんにはできるたけ楽をさせて、大和撫子になってもらいたい願望あったのに、残念です。 

(50代後半)
 

お金がかかるため

生まれてから出産、七五三、保育園、小学校、塾、高校、大学、社会人になるまでお金がずっとかかってしまいます。
それだと子供の為に働いているようなもので、自分の生き方ではないと感じ、子供はいらないと考えています。 

(50代後半)
 

40代後半ともなれば、もういらないです

若い頃は、ほしいと思いましたが、40代後半ともなれば、もういらないですね。
近所に赤ちゃんがいますが、お父様、お母様は、毎日が大変そうです。
日々の成長には楽しんでいらっしゃるようですが、自分には無理です。可愛いだけじゃすまされないですよね。
また、体力・気力がありません。残りの人生を、健康で仕事や趣味に、精一杯頑張りたいと思います。 

(40代後半)
 

自分の自由な時間がなくなる

現在彼女と半同棲の生活をしています。将来的には、結婚予定です。
共働きで働いているのですが、お互いに忙しく子供を作る余裕がありません。
経済的にも切迫している状態の為、子供を養うお金も育てる時間もない状態です。
無計画に子供を作ってしまうより、自分達の生活基盤を固めるのが一番なのでまだ時期ではないと考えております。 

(30代前半)
 

仕事でいっぱい

子供はほしいですが、仕事のこともあり一緒に居れる時間も今は少ないですし、今すぐではなくてもいいかなと思います。
もう少し、自分にも家族にも余裕ができたときに子供のことを考えた方がいいかなと思います。 

(20代前半)
 

仕事もプライベートも今が一番良いと思うため

仕事も今やっと波に乗り始め、これからが仕事の面白みを感じられる年代であるように思うし、プライベートも今が一番充実しています。
そのため今はまだこの生活を崩したくはないので、まだ子供はいらないのではないかと思っています。 

(20代後半)
 

自分の時間を大事にしたいから

自分で稼いだお金と時間は自分の為だけに使いたいと思ってしまいます。
また今は仕事に必死に取り組みたいと思っているので、子供を可愛がったり相手をする精神的、時間的な余裕がなく子供にとっても不幸だと思うからです。 

(30代前半)
 

まとめ

今回は子供はいらないと思う男性30人の正直な理由をご紹介してきました。

子供を持って得られるものはたくさんありますが、失うものも多くあるのかもしれませんね。

 

今回の意見とは反対の【男性編】「子供が欲しい!」と思う22人の心理と理由とは!も是非参考にしてみてください。