「叔父」と「伯父」の違いとは!

みなさんは「おじ」に2つの漢字があることをご存知でしょうか?

今回は「おじ」の漢字の違いについて解説をしていきたいと思います。

 

「おじ」とは

まずは、簡単に「おじ」という続柄について解説をしておきたいと思います。

「おじ」とは自分から見て以下の続柄の方を指しています。

 

  • 父の兄弟
  • 母の兄弟
  • 父の姉妹の夫
  • 母の姉妹の夫

 

画像でも確認してみましょう。

 

 

上図のように、「おじ」は自分の両親と同じ世代の続柄であることがわかります。

 

このほかにも祖父母の養子や祖父母の再婚相手の息子、義理の祖父母の息子も「おじ」となります。

 

「おじ」の漢字

次に「おば」の漢字を見てみましょう。

実は「おじ」を表す漢字は正確には以下の3つ存在しています。

ひとつずつ確認をしてみましょう。

 

「叔父」

ひとつめは、みなさんもよく知っている「叔父」です。

漢字変換をしてもよく見かける感じですね。

 

この「叔父」は以下の場合に使われています。

 

  • 父の弟
  • 母の弟
  • 父の妹の夫
  • 母の妹の夫

 

上記のように「叔父」とは両親から見て年少の者を指す漢字となっています。

 

「伯父」

ふたつめが「伯父」です。

たまに見かけることのある漢字ですね。

 

この「伯父」はどのような場合に使うかというと、以下の場合に使われています。

 

  • 父の兄
  • 母の兄
  • 父の姉の夫
  • 母の姉の夫

 

もうお分かりの方も多いですね。

「伯父」とは両親からみて年長の者を指す漢字となっています。

 

「小父」

三つめが「小父」です。

この漢字は初めて見る方も多いのではないでしょうか。

 

この「小父」はどのようなときに使うかというと、年下の者が親族以外の年長の男性を呼ぶときに使います。

例えば遠い親戚の年長の男性などですね。

お正月などで続柄がいまいち曖昧な年長の男性をよく「おじさん」と呼ぶことがありますよね。

その時の「おじさん」の漢字が「小父さん」というわけです。

 

違いの一覧

 

漢字 関係性 ポイント
叔父 父の弟

母の弟

父の妹の夫

母の妹の夫

など

父母より年少の場合
伯父 父の兄

母の兄

父の姉の夫

母の姉の夫

など

父母より年長の場合
小父 特定の親族関係はなし 自分より年上の男性に対する通称

まとめ

今回は「叔父」と「伯父」の違いについて解説を行ってきました。

 

普段ではあまり気にすることはありませんが、文章で書く時など丁寧に漢字を使い分けると素敵ですね。