態度や仕草を確認!自分に好意的な相手の4つの傾向とは!

恋愛において相手の気持ちが分からないと嘆いた事はありませんか?

 

男性は女性の心理がわからないし、反対もまた然りです。
しかし、思っていることや考えていることは自然と言葉や態度に出てきてしまうもの。
そこから、恋愛のゆくえが紐解ければ事が上手く運ぶというものですよね。

 

この記事では仕草から相手の心理を読み取って、パートナー探しに生かせる事柄を4つ紹介していきたいと思います。

1, 話をしている時にどこを向いている?

話をしている時に気になる異性の体制がどこを向いているか?で自分に興味を持っているかがわかります。

 

体を前のめりにしていたら、こちらにとても興味がある証拠。
さらにつま先がこちらを向いていたら、好意がある確率が高いのです。
話ながらさりげなくチェックしてみましょう。

2, パーソナルスペースに入っても嫌がられない

パーソナルスペースとは両手を伸ばしたくらいで、半径30CMくらいの距離感のことを言います。

 

これは不快な人が近づくと露骨に嫌な態度をとられるなど、人が敏感に感じ取る距離感です。
ですから、ずいぶんと近づいて話しても嫌な顔をされなければ、好意があると言っても過言ではありません。
嫌われない程度に試してみてはいかがでしょうか?

3, 手や足が自然に開いていてリラックスしている

これはこちら側に心を開いていたり、興味がある時に自然な態度を取っているという事でもあります。
一緒にいる時に緊張しないでいてくれるとは、嬉しい限りですね。
ラブチャンスがあると言っても過言ではありません。

 

反対に拒絶をしていると腕組みをしていたり、足を組んでいてあなたとは逆方向に向けていたりします。
このような場合の時はアプローチをするのは控えて、心を通わせてからアタックするようにしましょう。

4, 自分のプライベートな話をしてくる

もしも心を開いていなかったら、自分のプライベートの話は絶対にしないもの。
従って、相手がプライベートの話をしてきたら、確実に心を許しているという証拠です。

 

もちろん、それが異性だとしたら好意を寄せられている可能性が高いといえます。
なぜなら相手から進んで自己開示をしてきているからです。

さいごに

普段、何気なく会話をしている異性がこれらに当てはまるようなことがあったなら、異性として気に入られているかもしれません。

恋のチャンスが到来しているかもしれないので意識して観察してみましょう。

自分は気づいていなかったかもしれないけれど、意外にモテているかもしれませんよ!

著者:れい

性別:女性

年齢:45歳

こもりたいアラフォー。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!