【男女別】30代で結婚を諦めた…男女200人の正直な理由とは

【男性編】30代で結婚を諦めた理由ランキング

順位 割合 30代で結婚を諦めた理由
1位 31% 時間や金を他人に分ける気がない
2位 30% 自分のスペックや金銭的な問題
3位 16% 一人が気楽・誰かと一緒が無理
4位 8% メリットがないから
5位 7% 時期を逃した・いい相手がいない
その他 8% 上記以外の回答

続いて、男性編をご紹介していきます。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた30代で結婚を諦めた理由アンケート』によると、1位は『時間や金を他人に分ける気がない』、2位は『自分のスペックや金銭的な問題』、3位は『一人が気楽・誰かと一緒が無理』という結果に。

割合で見てみると、1位の『時間や金を他人に分ける気がない』が約31%、2位の『自分のスペックや金銭的な問題』が約30%、3位の『一人が気楽・誰かと一緒が無理』が約16%となっており、1~3位で約77%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に男性編の30代で結婚を諦めた理由12選をご紹介していきましょう。

男性編1位|時間や金を他人に分ける気がない

時間や金を他人に分ける気がない

結婚が負債であることを痛感したから

20代は人との出会いに奔走し、合コンをしたりマッチングアプリで新しい出会いを求める日々でしたが、30代になって時間の大切さ、有限さを日々実感するようになりました。

周りを見ても結婚に焦る人ばかりで、嫌気が差し始めていました。そんな中で、限られた人生を最大限有効利用するためには、人生において負債を背負うべきではないと考えました。

そして突き詰めて考えた結果、結婚が負債であることを痛感し、今後の人生においては結婚をしない人生を選択することにしました。

結婚をしても幸せになれるとは限らないのであれば、今置かれている状況を最大限楽しみ、幸せを掴もうという考え方にシフトチェンジできたのがとても大きかったと思います。

30代後半/IT・通信系/男性

結婚して家族ができると、自分の時間が持てなくなると思っているから

私には弟がいるのですが、結婚して二年で離婚しています。原因としては、夫婦間の毎日の喧嘩やお金のやりくり、子育てにおける意見の相違等があったらしいです。そういう現場を見ていると、私は結婚に対してどうしても前向きになれません。

また、収入があまり良くないため、結婚したら生活が厳しくなると予想されます。また、自分の時間が持てなくなったり、自由に出かけたりすることが出来なくなると思っております。

結婚して家庭を作っている友人たちを見ると、時折羨ましくなったりもしますが、やはり妻や子供を持ってしまうことに尻込みをしてしまう自分がいます。

このまま独身生活をエンジョイするほうが、自分には合っているのかと思っています。

40代前半/自営業/男性

頑張って築き上げてきた収入や資産を他人と共有するのが嫌だから

結婚を強く勧めていた父親が亡くなったことで、結婚に対する意識が弱くなりました。

これまで父親と話すたびに「結婚しないのか?結婚しない人はおかしい人」と激しく詰め寄られてきましたが、強要してくる人もいなくなったため、一種の解放感を感じてしまいました。

またあくまでも私の周りの既婚者の男性ですが、言うほど幸せそうに見えないというのもあります。小遣い制にシフトし、経済的に自由も少なく、隙があればこっそりキャバクラや風俗に行く様子もたくさん目にしてきました。

そして自分自身が頑張って築き上げてきた、収入や資産を他人と共有するとなると、なかなか前向きになりません。自由気ままに生きているということに多少の幸福感もありますし、「結婚」よりも「お金」への執着心のほうが強いのだと思います。

30代後半/IT・通信系/男性

自分で稼いだ給料は自分で使いたいので

私は自分で稼いだ給料は自分で使いたいので、家族や子供のために注ぎ込むと言う感覚が理解できません。私の父親も「宵越しの金は持たない」を地で行く人だったので、似ているのかもしれません。

また、弟は子供が3人いるのですが離婚してしまったので、一番下の子が成人するまで15年も養育費を払い続けなければなりません。一緒に住んでいる訳でもないのに、ずっと金を払わされる生活なんて私には耐えられません。

それから、単純に子供が嫌いなのもあります。公共の場でうるさく騒いでいる子供や、それを注意したりあやしたりせず放置している親を見ているだけでもイライラし、子供のいる生活など想像できません。こういう感覚からして、自分が結婚に向いてないのがわかります…(笑)

30代後半/サービス系/男性

男性編2位|自分のスペックや金銭的な問題

自分のスペックや金銭的な問題

子供ができない身体だったので

以前、結婚を考えていた人がいましたが、私の精子等の問題があり、出来にくい身体だったようで、それが原因の一つでわかれてしまいました。それ以降、そういう関係になっても、やんわり断るようになってしまうなど、自分に対して自信が持てなくなってしまいました。

幸い、他の兄弟は全て結婚しているので、親からとやかく言われることもありません。

将来に対して非常に不安を感じていますが、今を生きるを目標として、悔いのない生き方をしたいと考えております。

新たに趣味も沢山できて、1人で生きていけるような生活もいいのかなと思うようにもなったので、毎日を大事にしていきたいと思っています。

30代後半/不動産・建設系/男性

仕事の内容や経済的に考えて結婚できる状態ではないから

結婚をしたくないわけではないのですが、経済面を考えると諦める方の気持ちが強まったように感じます。

子供のいない生活であれば、結婚相手と私の収入だけで普通の生活ができると思いますが、子供ができると収入の歩合的に結婚相手に負担がのしかかる状態です。かといって仕事量を減らして家事に専念してしまうと、収入の激下がり&結婚相手の負担がさらに増加することになります。そのようなリアルを考えてしまうと、今現在不自由ない状況がベストだと考えてしまいますね。

また、私は県をまたいで仕事をしているので、週の半分は家にいることがありません。その点を考えると尚更、子供のいる結婚生活は難しいですね。

週の半分は仕事をしながら育児もしないといけない訳ですから、結婚相手も大変です。もしも私の職種内容を理解して応援してくれる人が見つかったならば、また結婚したいと思うかもしれないですね。

30代後半/自営業/男性

結構な額の借金があるから

私は高校を卒業後、早朝から深夜まで仕事ばかりしてきました。

当時は若かったので、毎日おやじに怒られて家に帰るのも嫌になり、ストレス発散のためにギャンブルばかりしていました。十数年間この繰り返しで、結構な額の借金を作ってしまいました!

姪っ子、甥っ子が遊びにくるたびに、「子供可愛いな、結婚したいなぁ〜」と思います。ですが、こんな自分を好きになってくれる女性なんかいないと思って、諦めています。

友達が紹介してくれると言うこともあるのですが、相手や友達に悪い気がして断ってしまいます。

30代前半/不動産・建設系/男性

不況よる失業により

コロナの影響もあり、私が住む地方は全く良い仕事が無く、失業に至ったのが決定打でした。

仮に今後、経済が回復して私の収入が安定して生活出来る様になれば、再び婚活をするかもしれませんが、現状を考えると当面は生活が最優先なのでその間は考えられません。

きっと私と近い世代の方達で、「結婚は当面考えられない」とか「今は諦めている」という人の割合は、以前より間違いなく増していると思います。

年齢的な事も含めてですが、まず経済的に回復して良い雇用の安定水準が保たれない限りは、誰もが結婚を諦めたりしづらい状況だと思います。

30代後半/サービス系/男性

男性編3位|一人が気楽・誰かと一緒が無理

一人が気楽・誰かと一緒が無理

誰かと一緒にいることが苦痛

結婚するとなると、一人の人とずっと同じところに住むことになるため、それ自体が苦痛になるからです。

もちろん一緒にいることはいいのですが、毎日というとちょっと息苦しくなります。それにお互いに嫌なところを言い合い、うまくいかないことを相手のせいにするなど、イライラすることが何度かあるでしょうから、余計にストレスとなり楽しくありません。

自分の時間もとれなくなり、なにか買うにしたってわざわざ相談しなければならないとか、大人気ないかもしれませんが、自分のやりたいことができなくなることが嫌です。

結局、自分の時間を大切にしたいので、めんどうな結婚はしなくていいのではという考えになりました。

40代後半/メーカー系/男性

一人でいる方が楽で、特に不便も感じていないから

出会いがなく、合コンなども上手くいった試しもなく、だんだんと面倒くさくなってきました。一人でいる方が楽で、特に不便も感じていないし、ある程度の家事も自分でこなせるので、無理をして結婚しようと思いません。

また、もし結婚して義父母との付き合いや子供が出来た時の事を考えると、とても煩わしく思います。収入も多くないので、家族を養う力もありません。

私には兄が二人いてそれぞれ子供がおり、実家の父からは「早く結婚しろ」だとか、「孫の顔が見たい」などと言われた事が無いので、もう諦めているように感じます。

たまに実家に帰って顔を見せてあげれば満足しているようですし、私が結婚しなくても問題無いように思っています。

40代前半/不動産・建設系/男性

男性編4位|メリットがないから

メリットがないから

結婚生活は窮屈なだけでメリットが殆どないから

私はもともと恋愛感情というものが希薄なタイプの人間なので、生涯一緒に生活を共にするという事にどうしても窮屈なイメージがあり、世間体を気にして結婚生活を営む事にまったくメリットを感じませんでした。

「子供を残すため一時的に生活を共にし、子供が自立した後は各々で自由に生活していく」という事に賛同してくれる異性はあまりいない為、結婚するという選択肢をあきらめる事にしました。

ひと昔前であれば、仕事と家事の分担などで結婚して双方にメリットが多くあったのだと思いますが、昨今では生活家電の性能も上がっており、なんでも全自動でこなしてくれたりするので、専業主婦という生き方も時代にそぐわなくなっていると考えています。

結婚に固執するあまり、自身の選択肢を減らすのはどうかと思います。

40代後半/IT・通信系/男性

男性編5位|時期を逃した・いい相手がいない

時期を逃した・いい相手がいない

タイミングを逃し、街コンでもいい人が残っていなかった

20代の頃は何人か女性の友達もいたのですが、20代後半になって友達が1人、また1人と結婚していきました。

私も当時付き合っていた彼女がいたのですが、この人とお互いに80歳くらいになるまで一緒の家に住み続けるんだ〜と思ったら、急に嫌になってしまい、結局別れることになりました。

その後、結婚を考え、街コンや出会い系にも登録してみたのですが、そういう所に来ている女性は、今まであまり男性とお付き合いをしたことが無いような女性が多いというのが私の感想です。話してみると、まったく話せない人や逆に自分の事ばかりを話す人など、私の性格と合わないような方しかいませんでした。

結婚はタイミングとはよく言いますが、タイミングを逃してしまったし、一人暮らしも長くなると家事も何でもできてしまうようになるので、結婚しなくても良くなってしまいました。

40代前半/不動産・建設系/男性

30代で結婚を諦めた理由まとめ

この記事では、30代で結婚を諦めた理由を体験談と共にご紹介してきました。

30代で結婚を諦めた理由アンケートでは、女性側の1位は『一人が気楽・誰かと一緒が無理』、男性側の1位は『時間や金を他人に分ける気がない』、となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

【女性編】30代で結婚を諦めた理由アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 30代で結婚を諦めた理由を回答
調査期間 2022年06月03日~06月18日
回答者数 女性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 30代で結婚を諦めた理由
1位 36票 一人が気楽・誰かと一緒が無理
2位 21票 相手に問題があって心が折れた
3位 11票 時期を逃した・いい相手がいない
4位 10票 自分のスペックや金銭的な問題
5位 9票 周りの既婚者が大変そうだから
6位 4票 自分の価値を失いたくない
その他 9票 上記以外の回答

【男性編】30代で結婚を諦めた理由アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 30代で結婚を諦めた理由を回答
調査期間 2022年06月03日~06月18日
回答者数 男性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 30代で結婚を諦めた理由
1位 31票 時間や金を他人に分ける気がない
2位 30票 自分のスペックや金銭的な問題
3位 16票 一人が気楽・誰かと一緒が無理
4位 8票 メリットがないから
5位 7票 時期を逃した・いい相手がいない
その他 8票 上記以外の回答