絵本「これなあに?かたぬきえほん」現役ママ2人の商品レビュー!

これなあに?かたぬきえほん

1人目

初めての育児で分からないことだらけ。

特に最初はどんなおもちゃを買えばいいのか悩みますよね。

まだ目もあまり見えていない時期、読んでも何がなんだかわからないんじゃないかな?と絵本を買うのもためらってしまうかもしれません。

 

そんな時、友人の勧めでこちらの絵本と出会いました。かたぬき絵本となっていて、最初のページはただの色とすこしの模様だけですが次のページにいくとかたぬきになっているところに車や自転車などの’のりもの’が浮かび上がってきます。

色も単調でわかりやすくなっているので初めて生後2か月の息子に読ませてあげたら目で追っていました。

 

生後10か月になる現在でもこちらの絵本を自分で開いてよく遊んでいます。すごく気に入っているようなのでほかの果物や動物のシリーズも購入し、こちらも同様に自分でめくって楽しそうにしています。

絵本は1冊がけっこうなお値段になりますので買ってみてあまり興味をしめさなかったら・・・と考えるとなかなか買うのをためらってしまうかと思いますが、こちらの絵本はしかけ絵本になっていますし飽きがあまりこなくておすすめです!

 

紙も厚紙になっているのでやぶれる心配もありませんし、なんでも口にいれてしまう赤ちゃんでも安心して触らせてあげることができます。

初めての絵本デビューにはもってこいの絵本です!

 

著者:ハル

性別:女性

年齢:28歳

初めての育児で毎日てんやわんやしていますが、わが子と幸せな日々を送っています。

2人目

いしかわこうじさんの型抜き絵本シリーズの2作目「のりものいろいろかくれんぼ」はおすすめです。

 

最初に登場するのは何かのシルエットで、型抜きの仕掛けのあるページをめくると子ども達が大好きな乗り物が登場します。
乗り物好きの息子が1歳になる前から3歳半になった今でも大好きな絵本です。

ハイハイやヨチヨチ歩きを始めた頃家の中をひたすら動き回っていたのですが、この本を見せるとしばらくはじっとしていてくれたので助かっていました。

 

この本を見せることで絵本への興味がぐんと増すようで、この本を見せると何冊か続けて読んでとせがまれました。

本を読んであげていいる間はわたしも落ち着いて座れるので、疲れた時などは息子に言われる前にこの本を出してきたりしてちょっと休憩できていました。

ページが厚紙でできているので、赤ちゃんが多少乱暴につかんだりめくったりしても破れたりしないところもいいですよ。

 

また大好きな乗り物のイラストを楽しめるだけではなく、乗り物の名前や色の名前が日本語と英語両方で描かれていて、子どもが自然に英語に触れるきっかけにもなってくれました。

 

息子はこの本のおかげか色は英語で言うことができます。
今ではわたしが日本語で色の名前を読むと、息子が英語でその色をいてくれたり、乗り物の音は息子が読んでくれたりと一緒に読みながら楽しんでいます。

著者:ままごん

性別:女性

年齢:35歳

5歳の娘と3歳の息子のママです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう