「永和 新生児用ベビーバス」現役ママの商品レビュー!

永和,新生児用ベビーバス

今はもう4歳になる息子の子育てにおいて、最も活躍してくれたと言っても過言ではないアイテムが、「永和 新生児用ベビーバス」です!
名前に「新生児用」とありますが、我が家では息子が1歳になるくらいまで、大活躍してくれました。

 

以下で、子どもの成長に合わせた使い方や、便利だった点をご紹介します!

〈新生児期〉

生後1ヶ月くらいまで、沐浴用のベビーバスとして大活躍!
商品の特徴にある通り、台所のシンクにハマるサイズなので、ちょうどいい高さで腰に負担なくお風呂に入れることができました。

〈生後1ヶ月〜3ヶ月〉

生まれた時は標準体重だった息子も、1ヶ月で5kg弱まで大成長。
さすがに片腕で頭を支える沐浴スタイルではお風呂がキツくなってきました。

 

そこで、お湯を少なめにはり、ベビーバスに座らせる体勢に変更。
斜めの背もたれと、お尻ストッパーがあるおかげで、まだ自力でお座りができない赤ちゃんでも、安定した姿勢でお風呂に入れることができます。

〈3〜8ヶ月〉

息子もだいぶ大きくなってきたので、ベビーバスをお風呂場に移動させました。
ワンオペお風呂が多かったので、親は服を着たまま息子だけお風呂に。
ベビーバスに息子を座らせ、バスチェアーとして使用しました。
脚の裏に滑り止めが付いているので、お風呂場でも安定感は抜群!

 

ちょうど段々と寒くなる時期でしたが、ベビーバスにお湯をはり、座らせておけば湯船につかるように息子はあったか。
背もたれが斜めになった作りのおかげで、ベビーバスの容積が小さく、すぐにお湯がたまるのも魅力でした。
また、ベビーバスに対して日に日に大きくなっていく息子の成長を実感できる瞬間でもありました。

〈8ヶ月〜1歳〉

つかまり立ちで体を洗えるようになるまで、ベビーバスに座らせてのお風呂が続きました。
つかまり立ちが安定してきたら、体や頭を洗うときは立たせて、その後、湯船としてベビーバスを使いました。

 

著者:つばさ

性別:女性

年齢:35歳

35歳、パートワーキングママ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします