「明治ほほえみ らくらくキューブ」現役ママ2人の商品レビュー!

明治ほほえみ,らくらくキューブ

1人目

今までの粉ミルクは結構大きな缶に入っていて、赤ちゃんがミルクが早く欲しいと泣いているにもかかわらず、ひとすくいずつ計量スプーンで計量しなければなりませんでした

急ぐあまり何杯計量したか分からなくなり、もう一回計量し直しなんてことも有りつつ・・・。慌てて湯冷ましで溶かして飲ませていました。

 

それがこちらの粉ミルクは便利なキューブになっているので、とにかく計量がラク。スプーンで今何杯いれたかしら?なんて数えることもなく、必要な分をパキッと哺乳瓶に入れるだけ。

キューブタイプでも、溶けるのもとても早いです。お出かけるする時にも、持ち運びがラクでとてもありがたいです。

 

また、粉ミルクを使い終わった缶を捨てるもの大きくてかさばるので結構大変ですよね?

うちは一人っ子なので、そんなにたいした缶の量ではなかったのですが、兄弟の多い方はさらに大変だと思います。

その点、キューブタイプは紙の箱に入っているのでごみにも出しやすいですよ!

 

日本は母乳推奨派がいまだに根強いところがあるとは思いますが、粉ミルクもとても栄養価がすぐれていますし、母乳の出ない方や働いているお母さんにはとてもありがたい存在なんです。どれだけ赤ちゃんがミルク飲んでくれたのかも把握しやすいですしね。

 

粉ミルクを試したい方は是非一度「ほほえみ らくらくキューブ」を試してみてください!

 

著者:宮ちゃん。

性別:女性

年齢:40歳

あまり頑張り過ぎない育児推奨の兼業主婦

2人目

赤ちゃんを連れてのお出かけは、とにかく準備が大変で、荷物もとっても多くなります。

 

私が苦手だったのが、粉ミルクの準備です。
缶ごと持っていくわけにもいかないので、回数分小分けにしていくのですが、小さい容器に移すにもバラバラとこぼれ、ミルクなのでベタベタになります。

 

準備している間、放置される子どもはグズりだし、子どもを気にしながらの作業になるため、もはやスプーンで何杯入れたのか分からなくなり、一旦缶へ戻してもう一回やり直すことも、1度や2度ではありませんでした。

 

そんな時にうちの母が買ってきた、キューブ状のミルク。
1個が40mlで、さらに半分に割れるようになっめいるため、最小20mlから使えます。
1袋は5個入って200mlで、お出かけの時に必要な数をさっと袋ごと鞄へ入れていけるので、とても便利です!
そして、細長い形状の袋は無駄がないので、鞄の中でも幅をとりません。

 

また個人的に一番良かったのが、哺乳瓶に入れた後も、今どれくらい入っているのかが一目で分かるところです。

産後の更に寝不足のボーッとした頭で、粉ミルクをスプーンで哺乳瓶へ入れては、今どれだけ入れたのか分からなくなり、一旦缶へ全部戻すという作業を繰り返していた私には救世主でした。

 

結局、当初はお出かけ用に購入しましたが、自宅でも使うようになり、粉ミルクを辞めてこちらへ切り替えてしまいました。

著者:あらママ

性別:女性

年齢:40歳

イヤイヤ期真っ盛りの男の子ママ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう