「ママイト DAKKOLT」現役ママの商品レビュー!

子どもがひとり歩きを始めると大抵あるのが、「だっこ~」→「おりる~!」→「だっこ~!」→「あるく~!」→「だっこ~」…→「寝る…」こんな子供とのやり取り。

いちいち抱っこひもに入ったり出たりさせるのも面倒だし、腕や腰や膝などに負担が大きくてお出掛けがクタクタ…。

 

また、3歳くらいになると抱っこひもはもうキツくなってきてしまう頃ですが、まだまだ抱っこする機会は多いです。上手に自分でしがみついたりもしてくれますが…重い!寝てしまったりしたときには…更に重くてもう、フラフラです。

 

そんなお悩みに役立つのが『ダッコルト』です。
初めて使ったときには、第3の手ができたみたい!と感じました。おしりはダッコルトが支えてくれますので、荷物を持って片手だけでも抱っこが楽々!長時間はさすがにちょっとキツいですが、寝てしまったときも背中を支えることが出来るので、頭がフラッ!と揺れて落ちそうになる危険も少なくなります。

 

 

抱っこひもの形としてはとってもシンプルで、たすきのような形をしており、子供のおしりを支える所は滑り止めがついています。
くるくるっと丸めると、小学生の給食袋くらいの巾着に入るサイズになりますので、カバンにもすっぽり入ります。たすき掛けをしたままでもじゃまになりませんし、乗せたり降ろしたりが簡単で、すぐに使えて便利です。

 

また、長さが簡単に調節できるという点も便利です。乗せる時や降りるときにグッと伸ばして、抱っこの体勢をとるときはキュッと締めます。しっかり密着させて高い位置で抱っこすることができます。そして、体型の違うパパとママでも、同じ抱っこひもで大丈夫という所も良いですね。

 

 

「抱っこ」と「歩く」の間の時期に使えて、とっても役立つダッコルト。歩きたい気持ちを大切に、そして可愛い我が子をたくさん抱っこして、たくさんの愛を育みましょう。

 

ママイト (mamaito) DAKKOLT ヒッコリーブルー
  • ママイト (mamaito)
  • 価格   ¥ 6,236
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

著者:Rie

性別:女性

年齢:35歳

7歳、3歳の男の子がいる母です。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!