「おそらの絵本」で寝る前に子供とファンタジーの世界へ!

子どもが遊びまわってなかなか寝付けない時、まだちょっと遊びたい時、こちらの商品にお世話になりました。『おそらの絵本』です。

 

スマホをプロジェクターみたいに使って映し出しながら絵本が読めるキッドです。クリップになった羊をスマホにくっつけLEDライトをON。するとあっという間にスマホが投影機になります。

 

あとは天井に投影させ手で動かしながら話を進めていきます。専用アプリがありダウンロードすると絵本のBGM、さらに画面のボタンを押すと場面に応じた効果音を流すこともできます。
BGMはヒーリング効果がありそうな音や元気でポップな音や、その日の気分に合わせて選べます。
効果音は特に喜び何度も押したがりました。

 

クラウドファンディングで作られた商品とのことですが、なかなかよく考えられているなあと思います。子供だけでなく親も心安らぎますね。
ちょっとスマホに設置する手間はあるけど、通常のよくある投影機よりかなりコンパクトで使わない時に邪魔にならないのも良かったです。
また、お手軽な割に映りはなかなかいいです。

 

ディスクは別売りですがたくさんあって種類には困らず楽しめます。ただディスクがもう少し安ければ満点ですが…概ね満足です。

子どももこれがきっかけで絵本が大好きになりました。夢のある商品だと思います。

 

著者:ベイマックス

性別:女性

年齢:42歳

高齢出産にて28週生まれの未熟児男子を育てています。なんとかなるもんです。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!