先輩ママの必需品「ハイローチェア」はやっぱりすごい!

初めての子育てで試行錯誤するだろうと思っていた矢先、友人からのお下がりでコンビのハイローチェアをいただきました。

正直な感想は「大きいなー!すぐ邪魔になりそう」で、新生児を日中寝かせるための簡易ベッドとしか思っていなかったのが本音でした。

 

しかし実際に使ってみると、首すわりするまでの3~4ヶ月頃までは1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃん時代ですから、キャスター付きで移動させられて、電動スイングの付いているハイローチェアはとても便利でした。

さすが先輩ママ。。とっても感謝しました。

 

 

問題は寝返りを打ち始めたらもう使えないだろうという事でした。

案の定、寝返りを始めた5~6ヶ月頃、ベッドからはみ出し始めてお昼寝に使うには不安があり、日中のお昼寝はもっぱらベビーベッドを使う事が多くなり始めましたが、ベビーベッドで1日を過ごす事も赤ちゃんが飽きてしまうのかものすごくぐずるようになりました。

 

お座りさせようにも腰座りがまだだったのでぐずっては抱っこのしんどい時期。抱っこにほとほと疲れてしまい、ふと使用頻度が落ちたハイローチェアを思い出しました。

そういえばベッド以外に椅子としても使えたはず!と、リクライニングの背もたれを起こし気味にし、ベッドと椅子の中間くらいで横たわらせてみると、これがヒットでした!

 

見える景色が変わった事により、また機嫌よく過ごしてくれる時間が増えてきました。

リクライニングも徐々に起こしていき、すっかり椅子の角度になった頃、腰のすわりも完了したので離乳食が始まっていきました。

今度は離乳食を与えるときの「お食事椅子」としてまた大活躍し始めたハイローチェア。

今は2歳になったのでご飯の時の腰ベルトでくくりつけられる感じが嫌なのか、あまり座ってくれなくなりましたが、いまだにちょくちょく座りたがります。

 

友人に聞くとベッドやら椅子やらあれこれかさ張るグッズが部屋を占拠して処理に大変と聞きますが、我が家は結局ベビーベッドとハイローチェアのみで乗り切れました。

実際こんなに長く使えるものだと思っていなかったので、経済的に本当に助かりました。これから出産される方に、無駄なく長く使えるハイローチェアは本当に勧めたいグッズです!

 

著者:まりこ

性別:女性

年齢:42歳

2歳の女児を育てているママです

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!