彼女にデリカシーがなくて疲れた…男性100人が実践した対処法10選

【3位】割り切る・受け流す

割り切る・受け流す

最初から期待せず諦めの心を持つ

当時、資格の試験を控えていた私は、約半年をかけて勉学に励んでいました。私たちは同棲していたのですが、彼女は決して協力的ではなく、家事のほとんどを私が行っていました。

決してそれを言い訳にするわけではありませんが、結果は不合格でした。その通知が自宅に届いた時、彼女は「お金を掛けて受けているのにもったいない」という主旨の発言をしたため、私の感情は爆発しそうでした。

恐らく本人は私の気持ちを考えていないと思うので、言い返すこともなく、必死で気持ちを落ち着かせました。また私自身も無意識のうちに、彼女が私に協力することや気を使ってくれること等を期待していたため、腹立たしく感じたのだと思います。

相手に何かを求めるのではなく、最初から期待せず諦めの心を持つことで、気持ちに余裕ができました。

30代前半/メーカー系/男性

付き合うのをボランティアだと思って我慢する

私が買って3ヶ月の新車を彼女が運転することになったのですが、車庫から出した瞬間に電柱にゴツン。唖然としました。彼女はすぐにゴメンと謝ってきました。彼女に悪気はないのがわかっていたので、私は声を荒げることもなく、「大丈夫、しょうがないよ」と言って許しました。

なるべく気にしないようにしていたのですが、私は新車がヘコんだショックで元気がなくなり、二人の間に気まずい雰囲気が流れ、30分ほど続きました。すると急に彼女は怒り出し、「この雰囲気にしたのはあなただ」と怒り出しました。「私は車をぶつけたことを忘れようとしてるのに、あなたはまだ元気ないまま雰囲気を壊してる!」との言い分です。デリカシーのなさに驚きました。

もうこの人とはやっていけないと思いましたが、「別れたら死んでやる」などと言われていたので、すぐに別れることができませんでした。

仕方なく、付き合うのをボランティアだと思って我慢していました。

30代前半/医療・福祉系/男性

【4位】冷静に話し合う

冷静に話し合う

一旦、クールダウンした後、直接会って話し合う

初めは彼女とも楽しい会話が出来ていたのですが、会う度にいちいち私に対する不満をぶつけられるようになりました。「〇〇ができてない」「〇〇して欲しいのに」などと言われるのですが、いずれも些細なことなのでスルーしていました。

しかし彼女はそのことをずっとLINEでも言ってきます。毎日、不満と苛立ちまみれの内容ばかりで嫌になったので、一旦トークを消し、そのことを忘れるクールダウンの時間を設けました。

その後、別の日に直接会って話し合うことによって、お互いにわだかまりを解くことができました。

このようにぶつかり合うことも沢山あると思いますが、それを乗り越えてこそ2人の愛は深まると思うので、ぜひ実践してみてください。

20代前半/大学生/男性

散歩に出て頭を冷やしてから冷静に伝える

出会った当時の彼女は、しょっちゅう甘えてきて、何でもしてあげたくなるような可愛らしい子でした。しかし、同棲して何でもしてあげていたら、一人では何もできなくなりました。ゴミを捨てない、食べ終わった食器を運ばないし洗わない、在宅ワーク中なのに「構って」と邪魔をしてくるなど、自己中な感じが否めません。

「直してほしい」とか、「仕事中だ」と伝えたりしても、「あとでやろうと思った」や「私は暇だから」と返されます。

さすがに疲れてカッとなったのですが、喧嘩しても根本は解決しないと思ったので、冷静になるために散歩に出て頭を冷やすことにしました。外の空気を吸うことで、自分がどうしてほしいか、どこを直してほしいかを冷静に振り返ることができ、冷静に相手に伝えることができました。

感情的に話し合うのではなく、客観的に冷静に思いを伝えることも大切だと思いました。

20代後半/自営業/男性

【5位】第三者を味方につける

第三者を味方につける

可愛がっている熱帯魚を引き合いに出して抗議する

二階建ての借家で同棲して五年程になります。彼女はダイエットのため、二階でダンスをすることがあるのですが、階下に足音が響いてうるさいです。また、きしみ等、床材への負荷も気になります。

そのため、「一階で飼っている熱帯魚のベタが、振動で驚く」と説明し、ベタに「揺れるのいやだよね、こわいよね」と話しているところを聞かせています(笑)そのおかげもあり、今ではダンス教室に通ってくれることになりました。

また、彼女は夜にベタのいる部屋でテレビドラマを長々と見ていることがあるのですが、「ベタがもう寝る時間で寝たいと言っている。灯りがストレスになる」と言って、消灯してもらっています。

私達は二人ともベタを可愛がっているので、度々引き合いに出して助けてもらっています(笑)

30代後半/自営業/男性

彼女にデリカシーがなくて疲れた時の対処法まとめ

この記事では、彼女にデリカシーがなくて疲れた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼女にデリカシーがなくて疲れた時の対処法アンケートでは、1位は『距離を取る・無理に一緒にいない』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼女にデリカシーがなくて疲れた時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼女にデリカシーがなくて疲れた時の対処法を回答
調査期間 2022年09月02日~09月17日
回答者数 男性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼女にデリカシーがなくて疲れた時の対処法
1位 29票 距離を取る・無理に一緒にいない
2位 20票 ストレートに指摘・正直に伝える
3位 19票 割り切る・受け流す
4位 18票 冷静に話し合う
5位 9票 第三者を味方につける
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年09月02日~09月17日
回答者数:100人