【男女別】好きな人と喧嘩した…経験者が教える対処法

【男性編】好きな人と喧嘩した時の対処法ランキング

順位 割合 好きな人と喧嘩した時の対処法
1位 41% 頭を冷やす・冷静に話し合う
2位 22% 落ち着いた時点で先に謝る
3位 15% 時間を置き、普段のペースに戻る
4位 8% 気持ちが和らぐことをする
5位 7% 建設的な解決策を講じる
その他 7% 上記以外の回答

続いて、男性編をご紹介していきます。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた好きな人と喧嘩した時の対処法アンケート』によると、1位は『頭を冷やす・冷静に話し合う』、2位は『落ち着いた時点で先に謝る』、3位は『時間を置き、普段のペースに戻る』という結果に。

割合で見てみると、1位の『頭を冷やす・冷静に話し合う』が約41%、2位の『落ち着いた時点で先に謝る』が約22%、3位の『時間を置き、普段のペースに戻る』が約15%となっており、1~3位で約78%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に男性編の好きな人と喧嘩した時の対処法13選をご紹介していきましょう。

男性編1位|頭を冷やす・冷静に話し合う

頭を冷やす・冷静に話し合う

相手に断って散歩に行き、頭を冷やしてから話し合いの席に着く

彼女とはよくしょーもないことでケンカします。お互いに相手のことを思ってのケンカだったりするのですが、エスカレートすると感情のぶつけ合いになってしまうので、そういう時はひとまず外に出て、物理的に距離と時間を取るようにしています。

しばらく散歩でもしていると冷静になるので、何が悪かったのか、何が問題だったのかがわかり、お互いに冷静に話し合い仲直りすることが出来ます。

ただ外出する時にしっかり理由を言って出ないと、それはそれでケンカの原因になったり、逃げたと思われたりするので、そこはちゃんと説明しておいた方が良いです。

40代後半/サービス系/男性

すぐに軽く謝り、相手が落ち着いたら解決策について話し合う

私の何気ない一言で、彼女を怒らせてしまったことがあります。当時はその場に一緒にいたので「ごめん」とすぐに謝りました。

しかし彼女の怒りは収まらず「私が何に怒ってるのかわかってる?」と聞かれたので、確信が持てないながらも「気遣いが出来ていなくてごめん」と謝りました。

少しして彼女の怒りが収まったタイミングで、「これからはいきなり怒るのではなく、軽く指摘をして欲しい。俺も気になったことがあったら確認するから、感情だけではなく解決策を一緒に見つけて行きたい」と話すと、彼女も「わかった。私も急にキレてごめん・・・」と謝ってくれました。

お互いに妥協できる部分、できない部分は当然あると思いますので、まずは相手のことを知るということから始めると、大きな喧嘩にならないかもしれないです。

20代後半/サービス系/男性

まず相手の気持ちを全部吐き出せて、冷静になったタイミングで解決策を探す

今の嫁と交際中、喧嘩になった時の話です。当時、私は転職したてで色々と上手く行かず、イライラしておりました。彼女は彼女で、デートの予定も合わず、結婚の話も進まない事に憤りを感じていたと聞いています。

原因は食事のお店が決まらないという本当に些細なことでした。普段は喧嘩などほとんどしなかったのですが、車の中で言い合いになり、彼女が車から降りて歩いて帰り出しました。その瞬間、私は冷静になり、とにかく彼女を連れ戻して話を聞くことに徹しました。

いつも大人しい彼女ですが、感情的になり引けなくなった部分もあったようです。お互い冷静になることが第一と考え、とにかく不満に感じている部分を吐き出してもらいました。私にとってキツイ時間でしたが、おかげで前向きな話をすることができました。

人間、誰でも感情的になることがあると思います。その時はまず全部それを受け止めてから、次に繋げることが大切だと教えてもらった出来事でした。

30代後半/流通・小売系/男性

こちらから謝って、これからどうするかを話し合う

まず半日ほど距離を置きます。ある程度時間が経ってから、連絡を取って謝罪し、「これからこうしよう」と明確に話します。

これでお互いに納得できる状況になれば、関係は正常化したことになります。

時と場合によっては距離を置いたり、様子を見ながら時期が来たら声かけをしたりすれば、やがては関係が修復されると思います。

その場合の声かけは優しく、相手を尊重した態度でするのが良いと思います。

60代前半/公務員・教育系/男性

ひたすら相手の話を聞くことに徹する

好きな人と喧嘩してしまった時は、ひたすら聞くことに徹します。

自分の意見を言いたくても最初は我慢です。ここで自分の意見を言ってしまったりすると、かえって反感を買うことになります。

まずは相手を否定しないように優しい相槌を打ち、少し怒りが落ち着いてきたところで何が悲しかったか、何が不満だったかを聞き出します。そしてその悲しみに寄り添う言葉をかけます。

ここまできたら少しずつ自分の意見を伝えていきます。ですが、決して自分の意見を通すことはせず、あくまで彼女の気持ちを1番に考えていることが伝わるよう心掛けます。

40代前半/公務員・教育系/男性

男性編2位|落ち着いた時点で先に謝る

落ち着いた時点で先に謝る

彼女が表情をやわらげたタイミングで謝る

彼女と同棲していた時、将来のことについて大きな喧嘩をしてしまいました。それからはお互い口も利かず、私も謝る機会を完全に逸してしまいました。

ただ夕食だけは交代で担当していたので、TVをつけながら一緒に食べていました。彼女は当然何もしゃべらず、ずっと不機嫌そうな顔でTVをただ眺めているという状況でした。

数日経ったある時に、彼女がTVのお笑い番組を見ながら「ふふっ」と笑ったので、そのタイミングで私が「この間は少し言い過ぎた」と呟くように言ったら、「別にいいよ」と返ってきて仲直りできました。

相手のことを許せないと思っているうちは、相手に笑顔を見せることはあまりないと思います。なので、笑顔を見せたということは、少しはその気持ちが氷解したということだと思っています。なかなか謝れない時は、相手の笑顔をきっかけにすると謝りやすくなるのではないでしょうか。

40代前半/自営業/男性

先に謝る!

僕はゲームが好きだったので、彼女と付き合っていた頃、たくさん一緒に遊んでいました。

当時ハマっていたのは、対人戦でかなりストレスの溜まるゲームでした。内容はハンター1人、逃げる人4人に分かれ、僕はいつも逃げる側の方をしていました。

それで彼女と意見の食い違いで上手く噛み合わなかったことがあり、ついつい喧嘩をしてしまいました。

手っ取り早いのはやっぱり謝ることです。その時もこちらから謝ったらあっという間に仲直り出来たので、喧嘩した後すぐ謝ることを意識していけば大丈夫だと思います!

20代前半/大学生/男性

素直に先に謝る事

好きな女性と喧嘩をしてしまった時の対処法は謝る事です。基本的に男性は口喧嘩では女性に勝てません。理由は女性は男性よりも口数が多く、思考も大人だからです。

男性は夢や希望ばかりを追い求めがちですが、女性は常に冷静に現実を見ています。さらに感情的な側面もあるので、現実的な話を舌鋒鋭く捲し立てられると歯が立ちません。

どのような理由で喧嘩に発展したかは分かりませんが、意地は張らず強がらず、素直に先に謝る事が一番良い対処法です。

もちろん女性が浮気等をして、貴方が激怒し喧嘩になったという場合ならば話は別です。貴方は女性に一切謝る必要性はありませんので、女性に非を認めさせ、謝らせましょう。

40代前半/不動産・建設系/男性

男性編3位|時間を置き、普段のペースに戻る

時間を置き、普段のペースに戻る

一度距離を置いてみる

私は現在大学生で、同年代の子とサークルで知り合って興味を持ちました。最初は会話とかも少なくて、会う機会もほとんどありませんでしたが、大学祭の準備等で少しずつ会う回数が増えてきて、作業を通じて会話も増えてきました。

ある時、大学祭の準備が終わったので、本番も頑張っていこうという意味も込めて、2人でラーメンを食べにいきました。そこで、本番に向けた話はもちろん、普段の大学生活の話などもして充実した時間を過ごせました。そして大学祭当日も無事に終えることが出来ました。

そこから時間的にも余裕が出来てきたので、距離を縮めるチャンスだと勝手に思い込んでしまい、やたら食事に誘ってしまいました。私には相手の状況を考える気持ちが足りなかったと今では反省しております。

その子とはそれ以来連絡をすることもなく、会う回数も減ってきました。私の一方的な恋愛感情によってこのような状況を招いてしまったので、今は距離感というものを大切にして日々を過ごしております。

20代前半/大学生/男性

冷却期間をおいて何もなかったかのように日常に戻る

同居人と喧嘩になるきっかけは、大体いつも些細なことなのですが、たまに日ごろから溜まっていた不満が爆発することがあります。そういう時は割と徹底的にやりあってしまうので、相当険悪になります。

残念ながら、お互い指摘したことを根本的に改めようとはしないため、結局冷却期間をおいて現状で妥協することを繰り返しています。

育ってきた環境や性格など、簡単に変えられない・変わろうとしない頑固な一面は、長年一緒にいても歩み寄れない原因だと思います。「謝ったら負け」のような空気の中、微妙な距離感で何となく何もなかったかのように日常に戻るような日々を繰り返しています。

とにかくしばらく口を利かず、冷静に気持ちを落ち着かせることで何とか関係の修復を図っています。

50代前半/専門コンサル系/男性

男性編4位|気持ちが和らぐことをする

気持ちが和らぐことをする

謝りつつプレゼントを贈る

幼馴染と食の価値観の違いで喧嘩が起こりました。たまに幼馴染から料理を作ってもらっていたのですが、濃い味を望む私に対して、幼馴染は薄味派でした。

幼馴染は私の健康面を気遣って薄味の料理を作ってくれていたのですが、物足りないと感じてしまい、ある時、相手の目の前で料理に醤油やソースをかけてしまいました。すると「健康に気を使っているのに、意味ないじゃん」と言われて言い合いになり、喧嘩が起こりました。

それからしばらく料理を作ってもらえず、コンビニ弁当やカップ麺ばかりでした。

それがきっかけで、いかに幼馴染の料理が薄味でも美味しいかを実感したので、私は相手に「この前はごめんなさい。やっぱり〇〇の料理が恋しいです。薄味でもいいので作ってください」と懇願し、プレゼントを贈ったら許してもらえました。

20代後半/IT・通信系/男性

男性編5位|建設的な解決策を講じる

建設的な解決策を講じる

相手を不安がらせないよう、LINEの送り方を工夫する

同じ大学の好きな人とLINEのやり取りをするようになりました。初めのうちは好きな人とコミュニケーションを取れることが嬉しくて、頻繁にやり取りしていました。

しかしながら、大学の講義やサークル活動、バイトなどもあり、すぐにレスポンスを返すのが難しくなってきました。既読を付けたまま放っておくと、大学構内で直接会った時に「何で早く返信してくれないの?」と問い詰められてしまいました。

そこですぐに返信できる時だけ既読を付け、実際に返信するようにしました。

彼女も既読が付いているのに返信が来ないことが不安だったようで、その後は良好な関係を維持できました。

20代後半/IT・通信系/男性

好きな人と喧嘩した時の対処法まとめ

この記事では、好きな人と喧嘩した時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

好きな人と喧嘩した時の対処法アンケートでは、女性側の1位は『頭を冷やす・冷静に話し合う』、男性側の1位は『頭を冷やす・冷静に話し合う』、となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

【女性編】好きな人と喧嘩した時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 好きな人と喧嘩した時の対処法を回答
調査期間 2022年05月14日~05月29日
回答者数 女性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 好きな人と喧嘩した時の対処法
1位 46票 頭を冷やす・冷静に話し合う
2位 23票 落ち着いた時点で先に謝る
3位 10票 気持ちが和らぐことをする
4位 9票 時間を置き、普段のペースに戻る
5位 4票 言うべきことは言う
その他 8票 上記以外の回答

【男性編】好きな人と喧嘩した時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 好きな人と喧嘩した時の対処法を回答
調査期間 2022年05月14日~05月29日
回答者数 男性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 好きな人と喧嘩した時の対処法
1位 41票 頭を冷やす・冷静に話し合う
2位 22票 落ち着いた時点で先に謝る
3位 15票 時間を置き、普段のペースに戻る
4位 8票 気持ちが和らぐことをする
5位 7票 建設的な解決策を講じる
その他 7票 上記以外の回答