【男女別】好きな人と接点がない…経験者が教える対処法

【男性編】好きな人と接点がない時の対処法ランキング

順位 割合 好きな人と接点がない時の対処法
1位 26% 何でも良いから声をかける
2位 25% 共通点を探す・相手の好みを把握
3位 24% 知人や友人を頼る
4位 9% デートに誘う
5位 8% 接触回数を増やすこと
その他 8% 上記以外の回答

続いて、男性編をご紹介していきます。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた好きな人と接点がない時の対処法アンケート』によると、1位は『何でも良いから声をかける』、2位は『共通点を探す・相手の好みを把握』、3位は『知人や友人を頼る』という結果に。

割合で見てみると、1位の『何でも良いから声をかける』が約26%、2位の『共通点を探す・相手の好みを把握』が約25%、3位の『知人や友人を頼る』が約24%となっており、1~3位で約75%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に男性編の好きな人と接点がない時の対処法11選をご紹介していきましょう。

男性編1位|何でも良いから声をかける

何でも良いから声をかける

適当な理由をつけて連絡先を交換し、自分から積極的に連絡する

適当な理由をつけて連絡先を交換し、自分から積極的に連絡します。初めは「はい」か「いいえ」で答えられるような質問をして、相手が返信しやすいようにすることを心がけました。

慣れてきたら冗談も交えながら、少しずつ距離を縮めました。

ですが質問を毎回してても面倒なので、2、3回に1回程度質問しました。返信のペースも早すぎると面倒くさがられるので、相手のペースに合わせて返信しました。

一番距離が縮まるのは、相談相手になることだと思います。例えば自分が弱っている時、誰かが話を聞いてくれるだけでも心が軽くなると思います。それを意識して接するようにしたら、好きな人とも距離が縮みました。このようなことを心がけるといいと思います。

20代前半/大学生/男性

衣食住の話題をふって反応を見る

部署異動してきた上司はかなりドライで人見知りのような感じだけど、才色兼備で気になるタイプでした。何に興味があるのか気になり、もっと話したいと思っていたのですが、仕事以外に話をするスキがありませんでした。

ある日のお昼休み。入った飲食店で偶然彼女と席が近くなり、一人のようだったので、「ここ、よろしいですか?」と声をかけてみました。彼女はビックリしたようですが、「どうぞ〜」と言ってくれて、普通に話すことができました。

さり気なく彼女が何を注文したのか聞き、私も同じものを注文しました。その後、食べ物の話から、住んでいる場所など様々な会話ができ、その日を境に仕事の相談もしやすくなりました。

衣食住の話題をふって反応を見る方法はおすすめです。私はファッションが苦手なので、大体、食べ物や住まいの話をしていますが、生活に根差しているので話を広げやすいです。相手との共通点をいくつ作れるかというゲーム感覚で聞いてみると、自然と仲良くなれる気がします。

40代後半/IT・通信系/男性

何かしらの用事を作って、コミュニケーションをとる

好きな人と接点を持てないことほど、辛いことはないかと思います。私はその状況が耐えられないので、無理矢理にでも接点を作りました。

職場が違う人を好きになってしまった時には、用事もないのに好きな人の職場に足を運んでいました。また帰宅ルートを変更して、好きな人の会社の近くのコンビニに立ち寄り、遠回りしながら帰宅していました。

たまに偶然を装って会えた時の嬉しさがたまらなかった記憶があります。

あとは用事もないのに電話して、「今度、こういうイベントがあるんだけど、興味ないですか?」等、何かしらの理由をつけて誘っていました。

40代前半/医療・福祉系/男性

男性編2位|共通点を探す・相手の好みを把握

共通点を探す・相手の好みを把握

同じ趣味を始める

最近、気になる人ができたのですが、その女性との接点が全くありませんでした。そこでその子の知り合いに趣味を聞き出してもらい、自分もその趣味を始めました(彼女の趣味は、風景の写真撮影でした)。

私も真剣に風景の撮影に取り組み、ある程度の知識と話題を蓄積しました。それから満を持して知り合いに頼み込み、同じ趣味の集まりを開いてもらいました。

まず「最近始めたばかりであまり詳しくないんだけど…」と話を切り出し、相手のオススメスポットや撮り方などの話をして、そこから連絡先を聞きました。

ある程度仲良くなったら「この写真の場所、すごくいいね!今度、連れてってください!」と頼み、仲を深めて行きました。

20代前半/サービス系/男性

インスタグラムのアカウントをフォローし、共通の趣味を見つける

同じクラスの子に片想いしていたのですが、話す機会などがなかったので、とりあえずインスタグラムのアカウントをフォローしました。

その子のストーリーや投稿を見てみると、運の良いことに好きなゲームが同じだったので、これだ!と思い、ダイレクトメッセージで「初めまして!同じクラスの〇〇だけど、このゲーム好きなの?」と送りました。そこから話が盛り上がっていき、DMで話をする仲になりました。

そこから、普段の日常会話などもして仲が良くなっていき、クラスの中でも普通に会話できるような関係になりました。

20代前半/自営業/男性

相手の趣味をネットや動画で調べ、情報を入れてから会話する

好きな人とは全く接点がなく、会話もほとんどしたことがありませんでした。

しかし、彼女は夏に開催される音楽フェスが好きという情報を得ることが出来たので、私はまったく興味がなかったのですが、ネットで必死に調べました。そして、実際に行ったかのようになるまで詳しくなりました。

ふと会話する機会があった時に、「そういえばサマーフェスティバル好きだよね?」ということから、徐々に接点が出来ていろいろな会話をすることが出来るようになってきました。

自分に興味がなかったことでも、相手に合わせるだけでこんなにも好印象になるとは思いませんでした。

30代後半/医療・福祉系/男性

男性編3位|知人や友人を頼る

知人や友人を頼る

接点のある友達を使う

同じ学校で話したことがない子のことが気になったことがあります。そこで気になる子と同じクラスの友達に、彼女の趣味や好きな物などの情報を聞き、何人かの友達を交えて彼女をご飯や遊びに誘い、さりげなく話をして仲良くなりました。

職場の場合ならコピーをお願いしたり、仕事の事で話しかけ、普通に話せるようになった頃に、少しずつプライベートの話をしていくようにします。

いきなりプライベートの事から話すと距離を置かれてしまうことがあるので、仕事内容や天気など、当たり障りのないところから話しかけられればいいと思います。

30代後半/メーカー系/男性

共通の知人を介してなんとかつながりを作る

いきなり直接声をかけたりすると警戒されてしまうと思うので、共通の知人に紹介してもらうのがおススメです。

共通の知人がいない場合はちょっと難しいんですが、その場合もなんとかグループを作ったりするといいと思います。

私は好きな異性を前にすると普段のキャラクターを出せなくなってしまうので、1対1になると確実に失敗してしまいます。上手くいった時を振り返ると、大体男友達も交えて過ごす時が多かったかなと…。

これからの時代、マッチングアプリなどで面識のない人と恋愛することが多くなると思うので、その場合は「数打ちゃ当たる」の精神でガンガン行けばいいと思います。

30代前半/メーカー系/男性

社交的な友人と一緒に行動する

学生の頃、もう少し言葉を交わしたいなと思う異性がいました。しかし、クラスも異なっていたため、なかなか話す機会のない日々が続きました。

そのため、私は仲の良い友人を頼りました。彼はいろいろな人に声をかけて遊びに行くタイプだったため、そこに交ざればそのうち話せる機会もあるだろうと考えたからです。その結果、私は意中の相手と話す機会を得ました。

それは彼女も参加していたカラオケボックスでのこと。私が歌い終わった後、彼女が「〇〇君、上手だね」と私の歌声を褒めてくれたのです。それ以来、顔を合わせる度に言葉を交わせるようになりました。

惜しむらくは、彼女には既に彼氏がいたことでしたが、楽しい時間を過ごせたことは紛れもない事実ですので、今でも記憶に残る、良い思い出です。

20代後半/公務員・教育系/男性

男性編4位|デートに誘う

デートに誘う

とにかく全力でデートに誘う

高校時代、私は何人も好きになった人がいました。ですが、どの人も接点が少ない人ばかり。今思い返すと、高校生の頃の私は恥ずかしがりでコミュ障だったため、ただその人を眺めているだけで終わったことが多いような気がします。

「何もしないで終わる状態が一番勿体無いのだ」と反省した私は、大学生になってからエネルギッシュにアプローチをしていきました。気になる人ができたら即座に話しかけ、デートのお誘いをするということをひたすら繰り返しました。取り組み自体は非常に単純なのですが、これがとても効果的でした。

私なりに考えてみたのですが、異性の方も誘われて悪い気は絶対にしないと思います(何度もしつこく誘うと恐怖心を与えてしまいそうですが)。「俺(私)なんかが誘っても絶対に相手嫌がるよ・・・」と勝手に決めつけてしまっているから、相手との接点ができず、むしろ距離を遠ざけてしまう原因になってしまうのだと思います。接点があろうとなかろうと一度誘ってみるのがベストです。

2人きりだとハードルが高いのなら、友達同士も呼んで大人数で遊びましょう。多くの場合、相手も決して悪い気はしませんので、勇気を持ってみてください。

20代前半/法律系/男性

男性編5位|接触回数を増やすこと

接触回数を増やすこと

話す回数を増やすこと

待っているより自ら行動した方が、上手くいく確率は上がります。きっかけづくりでは大きく2パターンに分けて行動すると良いでしょう。

まず、共通の知り合いがいる場合は、食事や遊びで複数人で集まるのが1番です。接点を持ちたい相手の趣味嗜好に沿ったものが良いでしょう。カラオケやスポーツ、食事はお酒の有無などリサーチが必要になります。リサーチ不足で行動してしまうと、お目当ての人を誘えずに巻き込んだだけになってしまうことも。無事誘えれば、スタートラインに立てるのではないでしょうか。

次に共通の知り合いがいない場合は、一緒に出かけるのに時間がかかることがあると思います。まずは挨拶をするなどして、距離を縮めていきましょう。

直近の目標は話す回数を増やすことです。それができれば、次に共通の話題を見つけること。とにかく話さないと距離は縮まりません。些細なことでも話しかけてみましょう。

20代後半/商社系/男性

好きな人と接点がない時の対処法まとめ

この記事では、好きな人と接点がない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

好きな人と接点がない時の対処法アンケートでは、女性側の1位は『知人や友人を頼る』、男性側の1位は『何でも良いから声をかける』、となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

【女性編】好きな人と接点がない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 好きな人と接点がない時の対処法を回答
調査期間 2022年06月14日~06月29日
回答者数 女性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 好きな人と接点がない時の対処法
1位 37票 知人や友人を頼る
2位 29票 共通点を探す・相手の好みを把握
3位 10票 何でも良いから声をかける
4位 9票 接触回数を増やすこと
5位 8票 目線や行動でアピールする
その他 7票 上記以外の回答

【男性編】好きな人と接点がない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 好きな人と接点がない時の対処法を回答
調査期間 2022年06月14日~06月29日
回答者数 男性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 好きな人と接点がない時の対処法
1位 26票 何でも良いから声をかける
2位 25票 共通点を探す・相手の好みを把握
3位 24票 知人や友人を頼る
4位 9票 デートに誘う
5位 8票 接触回数を増やすこと
その他 8票 上記以外の回答