低予算でもクリスマスを子供の記憶に残る思い出にする方法とは!

クリスマス,低予算

クリスマス、子供にとって特別な一日。
子供達はサンタさんが来る日を楽しみに一年間良い子に過ごしているでしょう。
そんな子供を楽しませてあげたいと思うのが親心。
最新のゲーム機などの高価なプレゼントを用意して、レストランで食事をする家庭もあるでしょう。

しかし、消費税は上がるのに収入が上がらない家庭も多くあるのも現実です。
お子さんがいるご家庭では将来の教育資金を増やすため、娯楽費を節約している家庭もあるでしょう。

そこで今回は、出費を最小限に抑えてクリスマスに子供を楽しませるワザを紹介します。

1、子供と一緒に楽しく準備

12月になったら少しずつクリスマスらしさを取り入れていきます。

・アドベントカレンダー

アドベントカレンダーはお菓子売り場や、子供向け雑誌の付録などで安く入手することができます。
クリスマスまでの25日間、気持ちを盛り上げてくれます。

・クリスマスツリー

休日に子供と一緒にオーナメント作りをすると盛り上がります。
100円ショップで売られている、軽い紙粘土を利用します。
一袋で、ピンポン玉サイズの物なら15個ほど作ることが出来ます。
作る時間、乾くのを待つ時間、飾りつけ、子供にとって特別な時間になります。

・手作りリース

植物のつるが手に入る場合はそれを輪にしてリースの土台にします。
無い場合は、100円ショップの土台もしくは完成されているリースを利用するか、厚紙を好みの大きさ に切り抜いて土台にします。

散歩のときに拾った木の実などをグルーガンで着けたり、リボンで飾り付けます。
お子さんが小さくてグルーガンの使用が危ないときは強力両面テープやボンドで代用します。

2、子供には内緒の準備

・増えていく飾り

もしも庭に植木や鉢植えがあるのならば、100円ショップやホームセンターで売られているオーナメントで飾ります。
お子さんが幼稚園や学校などへ行っている間に、毎日少しずつ増やしていくことで「今日は何が増えるかな?」という楽しみになります。

・壁飾り

画用紙で子供が好きなキャラクターでクリスマスデザインの物を作り、模造紙に張り付けタペストリーのようにします。(幼稚園のお誕生会などのイメージ)

材料のカラー画用紙・両面テープ・模造紙は100円ショップで揃います。
それをクリスマスイブの朝、子供が起きてくる前にリビングの壁に貼り付けておくと、まるで夢の国へ来たように喜んでくれます。

・サンタさんからの手紙

小学生になりサンタさんの存在を疑い始めるようになってしまったら、
「サンタさんからの手紙」の出番です。友達から「サンタさんはいない」と言われショックを受けます。

大好きなサンタさんの存在や、信じていたパパ・ママを疑って迎えるクリスマスは可愛そうです。
秋頃に郵便局では、フィンランドサンタ郵便局から、「サンタさんからの手紙」が届くサービスに申し込むことが出来ます。
価格は1700円。
必要であれば、「サンタさんはいる!」という証拠を用意してあげましょう。

3、当日

簡単メニューで家族と過ごす時間が多くなるようにします。

・ケーキ作り

料理が苦手な場合はスーパーで売られているスポンジケーキやロールケーキに生クリームを塗り、お菓子や果物でデコレーションします。
ボールや泡だて器などの調理器具を使わないので洗い物をする手間がなく、家族との時間を楽しめますね。

・ごちそう作り

サンドイッチやフルーツポンチなど子供と作れるメニューを多くしましょう。

なんだかんだ言っても大好きなご飯をパパ・ママと一緒に作れる時間は子供にとって幸せな時間となります。

・一緒にお祝い

全ての準備が整ったら、家族みんなでクリスマスをお祝いです。

時間を掛けて作った飾りにご飯、そしてケーキ。みんなで一緒に映画を観ながらクリスマスを楽しみます。

クリスマスを家族みんなで迎えられたこと自体がとても素敵なことだと子供たちにもきっと伝わりますよ。

まとめ

お正月、クリスマス、バレンタインデーなど年間を通してイベントごとはたくさんあります。

近年では、そういったイベントに合わせたプレゼントや贈り物ばかりが目立って、イベント自体をあまり大切にしない風習もあるかと思います。

そうではなくて、そのイベントを家族みんなで楽しむような発想にしてみてはいかがでしょうか?

特に子供たちにとって、プレゼントは一生の思い出になることはあまりあありませんが、家族で過ごしたイベントというのは一生記憶の残るものになりますよ。

著者:さとみ

性別:女性

年齢:38歳

子供と過ごす時間を最優先し、倹約を心がける専業主婦です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ