妻が産休から職場復帰!夫として出来るサポートとは!

妻,職場復帰

第一子を出産し、フルタイムの職場に復帰を果たした妻を持つ夫です。

今回はそんな私の経験をもとに、育児・家事・仕事に追われる妻のサポートについて考えてみます。

このままで良いのか、我が家?

昨今、夫婦共働きの割合が増えてきているとはいえ、いざ自分がその立場になると、「働く妻」への負担の大きさには頭が下がる思いをしています。

 

我が家は、夫婦ともにフルタイムの仕事をしており、第一子となる長女が無事に保育園に入所することが出来、妻も晴れて産休から職場復帰を果たしました。

 

  • これまで、毎日お母さんと一緒にいれたのに、ある日突然、保育園に入れられてしまう哀れな娘。
  • 朝早くから夜遅くまで、育児・家事・仕事に追われる妻。
  • これまでと何ひとつ変わらない夫。

 

上記のような思いを巡らせ、父として夫として、「家庭運営」を考える時が来たのではないか!?と考えるに至りました。

聖域なき家庭運営改革

何かを変えなければと思い、「家庭を円滑に運営」するために、まず自分に出来ることはなにか?

 

考えてみた結論は「案外何でも出来る」ということでした。

 

よく、育児では「授乳」以外は何でも出来ると言いますが、娘が乳離れした今、我が家の育児・家事において、夫が手出し出来ない聖域はありませんでした。

ありがた迷惑にはご用心

では、何から取り掛かるか?焦ってあれもこれも手出ししてはいけません。

大事なのは夫婦お互いが気持ちよく、役割分担できることです。

正直、いきなり「手伝う?」というのも照れくさいので、まずは妻の動きをよく観察して、同時進行している案件を率先して手伝います。

 

例えば、食事の準備をしている時は、フリーになっている娘の相手に回る。
(保育園通いの娘に対しては、家にいる間は最大限構ってあげることが唯一の懺悔なのです。)

妻が娘の世話をしている間は、洗濯物や食器洗いの積み残しの処理に回ります。

 

この時大事になのが、「~しとくね」と言って、取りかかることです。

「やろうと思ってたのに」「自分のやりかたがあったのに」で揉めるのが、お互いがやる気はあるのに、モチベーションを削ぎ合ってしまい勿体ないです。

ありがた迷惑にならないよう気を付けましょう。

妻への感謝の気持ちを示そう

育児・家事に参戦してみてわかるのが、改めて「母は強し」ということです。

育児・家事の世界を取り仕切ってきた妻に対して、新参者の夫は到底太刀打ちできません。

 

卒なく家事をこなし、粘り強く育児に取り組む。外でも稼いでくる。

その敬意の気持ちを胸の奥深くにしまっていても、何の価値にもなりません。

夫の羨望のまなざしを背中で感じ取れる余裕なんて、世の働くお母さんは持ち合わせていないのです。

言葉に出したり、行動に移すことで、家庭の円滑な運営が進んでいくことでしょう。

著者:真面目

性別:男性

年齢:33歳

真面目サラリーマンです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ