【パパ目線】新生児期と離乳食期でのNO.1便利グッズとは?

新生児,便利グッズ

最近は、色々な育児グッズが世の中にはたくさんあります。
でも、たくさんありすぎて何を使えばいいかわからない。。とか、選び方がわからないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、我が家で役に立ったグッズを選び方も交えて月齢を追ってご紹介したいと思います。

新生児期のオススメ便利グッズ

まず、新生児期。

赤ちゃんは一度にたくさんの母乳やミルクを飲めないので、ちょこちょこ飲みで回数をたくさん飲みます。

 

そこで役立つのが授乳クッションです。
女性が母乳をあげる際に、胸の高さまで赤ちゃんの頭を自分でもっていかなくても授乳クッションがあればクッションがちょうど良く高さを出してくれるのでかなり疲れが軽減するのです。
実際私の妻もこれがあるのと無いのでは疲れ方が全く違うと手放せないようでした。

また、女性が使うだけでなく男性もミルクをあげる際に重宝しますよ。

 

授乳クッションはcの字になってるのが一般的で、それをお腹に装着すれば良いだけなので使用方法も簡単。
選びかたのポイントとしては、へたりにくい素材のものを選ぶこと。
安いものだとへたりやすい傾向にあるようです。
なるべくならインターネットで買うより、店舗で実物を見て買うのが良いと思います。

 

ちなみに我が家では空気タイプのものを使用していました。
穴が開かない限りはぼへたらないのと空気の量で高さ調節ができるので大変便利でした。
空気の他に、スタンダートな綿、マイクロビ−ズ、低反発などいろいろあるようです。

離乳食期のオススメ便利グッズ

新生児が終わるとあっという間に離乳食が始まります。
赤ちゃんは最初はすべてドロドロのものを食べて徐々に時間をかけて個体の食べ物を食べれるようになります。
ドロドロする方法はすり鉢ですったり、裏ごし機で裏ごししたりとありますが、家ではハンドブレンダー一択です。

 

最初のうちはそこまで量を食べないのですり鉢、裏ごし機でもいいのですが、量が増えると大変。
でもハンドブレンダーなら数秒で大量の離乳食が完成しちゃいます。
これを一回分の適量に分け、冷凍庫でフリージングしておけば毎日離乳食を作らずとも、レンジでチンでおっけーなのです。

 

使い方もスイッチを押すだけなので男である私にもできました。
アタッチメントも色々あり、みじん切りができるチョッパーだったり、泡立て器だったりが付属しているので、離乳食初期しか使えないということはまさそうです。
チョッパーは中期から使えますし、ハンドブレンダーもスムージーやポタージュ、とろのすりろおろしにも使えるそうです。
もちろん、ハンドブレンダー単体でも売ってます。

 

以上我が家のオススメでした。

著者:ユージーン

性別:男性

年齢:28歳

1歳児のパパしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ