子供が夢中に!年齢別おすすめシリーズ絵本5選!

絵本,シリーズ

娘に絵本を読んでいたころに、よく同じ絵本を持ってくることがありました。
大人からすれば、毎回同じ絵本で退屈しないのかと思うこともありますが、子供にとってはお気に入りの絵本が決まっているようです。そのため、お気に入りの絵本はシリーズで読んでいました。

 

今回は、そんな私の子育て経験をもとに子供が喜ぶシリーズ絵本を年齢別に紹介したいと思います。

0歳児から1歳児にオススメのシリーズ絵本


0~1歳児では、音を楽しめるものや色や形が分かりやすいものが喜びます。
娘が大きくなっても好きだったのは、かがくいひろしさんのだるまさんシリーズです。

 

「だ・る・ま・さ・ん・が」とだるまさんの絵が一面に広げられぺージをめくるとまさかの展開に読んでるこちらも楽しくなります。読み方を工夫して音を楽しんだりページをめくる前の子供のワクワクする顔に癒されます。

 

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)
  • かがくいひろし and ブロンズ新社
  • 価格   ¥ 2,754
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

2歳から3歳児にオススメのシリーズ絵本


ノンタンシリーズは、ロングセラーで自分の子どもの頃からあり懐かしくもあり始めは親が選んで読んでいましたが『ノンタンブランコのせて』は定番で、公園で「おまけのおまけのきしゃぽっぽー」と順番待ちをしている子供がいるとほほえましくなります。

自分のやりたいアピールが大きくなる魔の2歳児も楽しく順番待ちも学べる絵本です。

 

3歳児から4歳児にオススメのシリーズ絵本

成長しながらもまだまだ親に甘えたいこの頃にぴったりなのが、あきやまただしさんの「たまごにいちゃん」シリーズ。


たまごの殻から出て成長し、にいちゃんとしての自分とまだまだ甘えたい気持ちがあるせつない気持ちが描かれていて、兄弟姉妹が出来る子にとっては共感できる絵本で親としても考えさせられる絵本です。

 

たまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)
  • あきやま ただし
  • 価格   ¥ 1,404
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

5歳児から6歳児にオススメのシリーズ絵本


親から少しづつ離れて冒険したい気持ちがあらわれるこの頃にお勧めなのが、島田ゆかさんの『バムケロ』シリーズです。

 

しっかり者のバムと天真爛漫のケロの名コンビが繰り広げるドタバタ劇にくすっと笑えます。絵が細かく、何回見ても新たな発見があり飽きずに、娘が大きくなっても残しておいてと言った大好きな絵本の一つです。

 

小型絵本 バムとケロのおかいもの
  • 島田 ゆか
  • 価格   ¥ 972
  • 販売者 バムとケログッズと子どもの本のお店 ゆめたまご
クリックして今すぐチェック

6歳児から7歳児にオススメのシリーズ絵本

語彙も増え言葉に興味を示すようになってきたころにお勧めなのが、あきやまただしさんの『へんしん』シリーズ。

 

言葉がトンネルを通ると変身してしまうこのシリーズでは、子供が競って言葉遊びを始めます。小学校入学前に楽しみながら言葉の興味を持てる楽しい絵本です。

 

へんしんトンネル (新しいえほん)
  • あきやま ただし
  • 価格   ¥ 1,296
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

最後に

以上のように、思い返しても読み聞かせをしていたころの子供の反応を思い出すだけでも楽しく、この時期の楽しく絵本に接する時間が今の読書好きの子供に成長したのだと思います。

 

本が好きな子に育てたいなら、幼児期に親子共に絵本を楽しむことが大事だと思いますので、お気に入りの絵本を見つけて読んで欲しいです。

著者:絵本大好き親子

性別:女性

年齢:37歳

37歳専業主婦です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう