妊娠中に本当に助かった主人のサポート5つ!

妊娠中,サポート

妊娠をすると、妻としては本当に大変です。仕事をしながらだと、よりその大変さがあります。

 

そんな時、主人はというと仕事だけというのは、女性からするとどうしてもちょっと不公平さを感じてしまうものです。

子供をこれから育てて行く時に、そんな風になるとちょっと不安ですよね。

 

そこで今回は、私が体験したこんなことをされると助かった!という、主人のサポートについてご紹介していきたいと思います。

1、食事を作ってくれる

食事というのは毎日のこと。その時、特につわりのある時期だと嫌と思うことが多いのです。できたら、自分のことだけしたいと思うこともあります。

特にその匂いについて、ダメと思うこともしばしば。そんな時、機転を利かせて自分の食事は自分で作ってもらえるととっても嬉しいです。

 

また妊娠後期になった時も、お腹が大きくなるので動くことが大変です。

その時も、食事を作ってもらえると大変助かります。メニューを考えることも辛くなる時期なので、そんなサポートがあると助かりました。

2、掃除をしなくても文句を言わない

掃除というのは、きれい好きの私にとってはいつもしたいと思っていたことです。

しかしやっぱり妊娠中は、体がだるくなるのでそのことを我慢しているのです。

 

自分は我慢出来るのですが、主人はどうかというと辛かったみたいですね。家の中が汚れていると、そのことについて以前だったら文句をいうことも。

そんなことなく、その状況に慣れてくれたのはありがたかったです。

3、私の母と仲良くしてくれる

妊娠をしていると、親に頼ることも多くなります。

私の場合は、近くに親がいたのでその時にいろいろなことを頼むことがありました。しかし私ができないこともあったりしたのです。

 

そんな時、主人が依頼してくれたりすると、本当に嬉しかったです。通常のときは、そんなに顔を合わすこともないし、そんなに親と仲よくすることがありませんが、妊娠中だからこそいろいろなことでコミュニケーションを取ってくれるのは嬉しいものですね。

不安もあるので、その時に電話で伝えてくれたりして助かりました。

4、ゴミだしをしてくれる

ゴミだしというのは、妊娠中は体力的にも精神的にも大変です。その匂いがいやと思うことがありました。

そのとき、主人に頼むことができたのはとても助かりました。

5、買い物をしてくれる

買い物について、主人が仕事帰りにしてくれたこともとても助かりました。

そこまで行くのが面倒と思うこともあったので、その時についでにしてくれると嬉しかったです。

さいごに

以上、5つをご紹介してきました。

 

妊娠の妻が喜ぶことって、必ずしも高価なプレゼントなんかではなく、普段からの接し方なんですよね。

お金では買えない心使いや気遣いが何よりも嬉しいのです。

 

是非これから妊娠中との奥様との生活がある男性の方々は参考にしてみてくださいね。

著者:ゆう

性別:女性

年齢:55歳

55歳女性で事務職をしています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします