二児の母が実践している子育てのイライラ解消法をご紹介!

子育て,イライラ

子育て中はどうしてもイライラしてしまいますよね。
我が家では今日も幼稚園に行く前におもちゃをたくさん出して遊んでいて、片付けなさいと言ってもダラダラと片付けはじめ、結局家を出る時間までに片付けが出来ずにイライラとしました。

頑張って片付けた結果間に合わなかったら仕方ないなぁと思うけど、ダラダラしている子供の姿を見ると怒りが湧いてきますよね!

今回は、私が実践しているイライラの解消方法をいくつか紹介したいと思います。

怒りのピークは6秒!深呼吸して落ち着いて

怒りのピークは6秒と言われています。深呼吸を6回してみてください。沢山の酸素を取り入れてみてください。
だんだんと怒りが収まるはずです。

怒りが収まってきたところで、子供に注意するようにしましょう。そうすることで感情的にならずに叱れます。
感情的になって怒ってしまったときの顔をご自身で見たことありますか?
一度洗面所の前で感情的になって怒ってしまったときがあります。鏡に映った自分の顔をみてハッとしました。

それはそれは鬼の形相でとても見れる顔ではありませんでした。子どもにとってはすごく怖かったでしょうね。
感情的にならずに叱れるようにしたいですね。

子供に爆発しそうになったら抱きしめて

言うことを聞いてくれなくてイヤイヤ。ギャーっとなっている子供を見ているとイライラが募ってきて爆発しそうになりますよね。

子どもがイヤイヤしているときに何をいっても聞いてくれません。
そんなときは優しく抱きしめてあげてください。子供もだんだんと落ち着いてきて話を聞いてくれますし、ママ自信も落ち着いてきますよ。

何もかも休んでみる

さっき掃除したばかりなのにクレヨンで汚されたり、食べ物をぐちゃぐちゃされたり。せっかく綺麗にしたのにってイライラ。

そんなときは何もしなくてもいいじゃないですか。毎日休みなく育児に仕事に頑張っているから休憩だと思ってだらけちゃう日があってもいいんです。
旦那さんが仕事頑張ってきてくれていると思うと後ろめたい気持ちになるかもしれません。
ですが頑張りすぎてしまって心が折れてしまっては意味がありません。そうなる前に休憩してみましょう。

思いっきり泣いてみる

涙を流すことによってストレスが解消されます。ストレスによりホルモンバランスが乱れますが泣くことによりそのバランスが正常になりますよ。
子どもが寝たあとにでも好きな映画や音楽を聴いてすっきりするのもいいですね。

私は怒りを抑えていると泣きたくなるときがあります。なので子供と一緒に泣いてしまうこともあります。
子どもの前で泣くのはいけないことではありません。親も人間です。子供と一緒にスッキリしてそのあとは笑って遊べたらいいですね。

まとめ

今回は私も実践している4つのイライラ解消法をご紹介しました。

自分にあった解消法を見つけてもらえたら嬉しいです。

イライラするのはあなただけではありません。子どもに感情的にならずにイライラをうまく回避し楽しく子育て出来るようになれますように。

著者:みき

性別:女性

年齢:36歳

現在5歳男の子と1歳女の子の子育て中の主婦です。