家庭円満!冷め気味の夫婦仲を取り戻すための道のり!

夫婦仲,冷め

よく女性は結婚し、出産を終えるとホルモンの影響で夫へのあたりが強くなるといいますよね。
中には出産から大分経っているにもかかわらず、夫への態度がきついままの方も多いのではないでしょうか。
家庭は夫婦が共に協力して作っていくものなので、仲が良くないと明るい家庭を築くことはできません。

 

今回は、冷め気味の夫婦が明るい家庭を築くために実践できる方法をステップ方式でご紹介します。

【ステップ1】夫と積極的に会話をしよう

一日の出来事の報告会です。ニュースで見たことでもいいし、子供の話でもいいです。なんでもいいので、些細なことでも夫と情報共有をしましょう。

 

情報共有をしていく中で自分の思ったことを付け加え、逆に夫の意見も聞きてみましょう。
そうすることで夫が普段何を考えているのか分かる、いい機会になります。

【ステップ2】相手の立場に思いやりを持つ

打算的な話になってしまいますが、思いやりを持って接すると、相手も思いやりを持って返してきてくれます。
なかなか簡単なことではないのですが、自分も「大変、辛い」と感じていても、相手にも「あなたも大変なんだよね」「疲れているよね」と労うことを忘れないようにしましょう。

 

ここでステップ1が活きてきます。夫がどういう感じ方をする人間か分かってきているので、思いやりを持って接しなければならない場面が自然と見えてきます。

【ステップ3】家庭内限定!夫を立ててみよう

仕事以外は家でゴロゴロしている男性多いですよね。そんな姿を見て嫌気がさす妻も多いことでしょう。
そんなときに夫を立てるなんて、凄い皮肉なことですよね。
でもそのあとの効果を考えれば、家庭内限定で夫を立てても損はありません。

 

夫を立てるときはわざと子供の前で言うのです。
ステップ2で相手の立場で思いやりを持って接することができているので本来、夫婦間では特別立てる必要はないのですが、あえて子どもの前で立ててみるのです。
「お母さんはちょっとむずかしいから、お父さんに聞いてみて」
「お父さんってこういうこと得意だから、すごいんだよ」
と。
子どもは素直なので、こういうときはお父さんに頼るんだとすぐに学習します。
そうすることで、家庭内での役割分担が明確になっていき、夫自身も自分の役割を自覚する機会となります。

【ステップ4】好きと伝えよう

いきなりハードルが上がったと思った方もいるでしょう。
しかし、これはとても大事なことです。「好き」と伝えることに抵抗がある人は「大切に思っている」と言葉を変えてもいいので、とにかく大事に思っていると伝えましょう。

 

言われた方は気を悪くすることはありません。
「自分のことをちゃんと想っていてくれる」という実感が湧くのです。
人間は認められたいという欲求を持っています。ここで、妻が「あなたは大切な存在であること」を認めてあげるのです。
きっと認められた夫は、妻であるあなたを認めてくれるようになるでしょう。

さいごに

夫婦仲といっても、結局は人間関係です。
さらに夫とは家族といえど、血縁関係もありませんから、冷たく言えば他人です。
そんな人と夫婦として、円満な家庭を築いていきたいならば、それ相応の態度で示したり、努力をしなければなりません。

 

今回ご紹介した内容は全部実践を終えるまで時間は要しますが、一度愛を誓いあった仲ならば、決して難しいことではないはずです。
夫婦仲を取り戻して、愛を誓いあった当時のように、笑顔で明るい家庭を築いていきましょう。

著者:ユイナ

性別:女性

年齢:32歳

家族で遊ぶことに関しては常に全力投球です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう