出産前に買って良かった子育てグッズ4選!ママがご紹介!

出産前,用意

初めての出産・育児、何が必要で何が必要でないのか最初はわからないですよね?

お金が掛かる時期だからこそ、本当に必要なものを見極めたいママは多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなママの為に、私が自身の初めての出産・育児を経験して、赤ちゃんが産まれてみてから買っておけば良かった、また、買っておいて良かったと思ったグッズをご紹介したいと思います!

乳頭保護クリーム


敏感肌の方には特にオススメします!

初めての授乳・・・どんなに幸せな時間だろうと楽しみにしていたのですが、赤ちゃんは上手く吸えないし、最初は母乳もよく出ず、想像していた物と違ってびっくり。

何と言っても辛かったのが吸われた後の乳頭の痛み。元々私の肌が弱かったのと乳頭の形が吸いにくいせいで、痛みが強く出てしまう体質だったようです。

 

そんな時に準備していてすぐ使えて良かったのが乳頭保護クリーム。

赤ちゃんが口に入れても安心な素材で作られているので、不安なく使えました。私の場合痛みが続いたので、何ヶ月かは使い続けましたが、授乳も波に乗ると赤ちゃんも上手に吸えるようになって乳頭も慣れて痛みからも解放されていくので安心してくださいね。

スリーパー


ねんねの赤ちゃんから3歳くらいまで対応しているスリーパーがあるととっても安心です。
ねんねの時期は布団から出たままの肩が冷えないかとても気になりました。だからといって、顔の近くまで布団をかけてあげると動いた時に顔を塞いてしまわないか心配になったり・・・寝返りが始まると寝ている間に布団が外れたりすることもあります。

 

そんな時に便利なのがスリーパーです。

ねんね期は股下のスナップを留めて、大きくなったらワンピース型にして着せられるタイプが長く使えるのでオススメです。肩から股下まですっぽりを赤ちゃんの身体を覆ってくれるので、肩の冷えや布団が外れて寒くならないかな、という心配もなくなりました。

たっち、あんよの時期になるとますます寝相が悪くなるので、1歳になった我が子にも欠かせません。フリースやガーゼなど色々な素材があるので、季節に合わせて使い分けてあげるのも良いですね。

ヒップシート型の抱っこ紐


ヒップシート単体でも抱っこ紐型にしても使えるタイプがすごくオススメです。

2つめの抱っこ紐としてヒップシート型の抱っこ紐を買う方が増えてきていますよね。新生児期にはインサートが必要ですが、我が家は最初からヒップシート型の1種類だけしか購入しませんでした。

 

寝かし付けで腕が疲れた時はヒップシート単体で横抱きにして使えたり、抱っこ紐をするまでもないな〜と言う時にヒップシートに座らせて軽くお散歩に出かけたりできます。
ヒップシート単体でも抱っこ紐型にしても前向き抱っこ対応していて大人くらいの目線でいろんな景色を楽しめるので、前向き抱っこを喜ぶ赤ちゃんが多いみたいです。

電子レンジ・食洗機対応の子ども用食器


びっくりするほどあっという間に離乳食の時期はやってきます。

産まれる前はねんね時期のことで頭がいっぱいだったのですが、準備していて良かったなと実感した離乳食用の食器。フリージングでストックした物を温めてそのまま出せる電子レンジ対応の物がオススメです。

 

食器を落とすこともよくあるので、割れにくい素材の方が使い勝手が良いです。赤ちゃんが小さい間は洗い物ひとつでもなかなか大変だったりするものなので、食洗機で洗えると、手で洗う手間も省けて助かりますよ。

電子レンジ対応の物は食洗機使用OKの物が多いと思うので、購入時にチェックしてみてくださいね。あと、食器はママの好みでかわいいものを選ぶと離乳食の時期もモチベーションが保てて良いと思います。

さいごに

産後はママの身体も心も不安定で、自分の変化に戸惑ったり、休みなくやってくる赤ちゃんのお世話に・・・と大変な時期だと思います。そんなときに私が助けられたグッズのご紹介でした!

 

0〜1歳は赤ちゃんが1番成長する時期で、振り返ればあっという間に過ぎていったなあ、という印象です。大変な分、日々の感動もたくさんあります。これからママになるみなさんのお役に少しでも立てればうれしいです^^。

著者:さっちゃん

性別:女性

年齢:35歳

フリーのデザイナー。1歳になるやんちゃな息子と10歳の男の子ダックスのママです。育休から少しずつ仕事復帰を目指しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう