思春期の娘と会話を広げられたオンライン小説ベスト5!

娘がまだ幼い頃に主人と離婚した私は、女手一つで育てていきまるで友達のような感じで近所でも仲のいい親子として有名でした。

しかし、そんな娘にも思春期反抗期と言う時期が訪れ初めて何日も会話をしない日ができてしまいました。

 

私と一緒にいる時スマホばかりをいじる娘に苛立ち何度言い争った事か…。会話の糸口がつかめぬまま時間だけが過ぎていき、さぁ、これは困ったぞと思った時にとあるネットで面白い記事を見付けました。

私と同じように娘との会話に困っていたお母さんが、あるオンラインのラノベ小説をきっかけに会話が弾むようになったとのこと。

幸い私も娘も小説が好きという事で、一緒に読み始めたところこれが大ヒット!まさに親子の共通の話題とすることが出来ました。

 

この記事では、私が思春期の娘と会話を広げられたオンライン小説ベスト5をご紹介していきたいと思います。

1、『現実世界が嫌すぎて、親子で二次元に行ってみた。』

タイトルに惹かれ、読み始めることにしました。

早速読んでみたところ、私と同じように母子家庭の親子が二次元に行き右往左往しながらも親子として見直す事ができるという話なのですが、これが重苦しくなく最後まで軽快に読む事のできるお話でした。

 

小説の内容がまさに母と娘ということなのですが、会話に困っているお母さんにはピッタリだと思いますよ!

 

リンク:現実世界が嫌すぎて、親子で二次元に行ってみた。

2、『盗賊妖狐が現代に来たら、愛する彼女はヤンデレだった。かと思ったらツンデレに近いヤンデレだった。』

まずヤンデレと言う言葉が理解できずに苦しみました(笑)が、この単語も娘との話すきっかけになりました。

安定の読み切りになっていて、一話読む毎にお互い感想を言い合ったりしています。

 

1000年前の名の知れた盗賊妖狐が、現代に来て逢いたかった彼女にやっと会うという一見ラブストーリーなのですが、全く性格の変わってしまった彼女とのやり取りに笑えます。

こちらはまだ未完成の作品なので当分話は尽きなそうです。

 

リンク:盗賊妖狐が現代に来たら、愛する彼女はヤンデレだった。かと思ったらツンデレに近いヤンデレだった。

3、『職業レイヤーです。』

娘とあるテーマパークに行った時にカラフルな髪の色、普通ではあり得ない服装をした人達を目にしました。

 

後で聞いたところコスプレイベントだと聞きました。コスプレ?私には馴染みの無い言葉でしたが、この物語を読んで納得しました。

ヒロインは顔出しNGの声優でありながらコスプレが大好きであらゆるコスプレイベントに出席して自分を表現する、どんな子でも自分と言う存在を出せるよと言う話になっています。

 

リンク:職業レイヤーです。

4、『あの日初恋を届けてくれたキミに逢いたい』

短編でありながら心に残る甘酸っぱい物語になっています。

時代は変わり電子機器などがどんなに発達しても、人を好きなるトキメキはいつまでも変わらないものだと染々思いました。

 

リンク:あの日初恋を届けてくれたキミに逢いたい

5、『ストーカー合コン』

私達親子はフジテレビ『世にも奇妙な物語』が好きで、この物語はその番組でぜひ放送して欲しいようなストーリーになっています。

冒頭からのまさかの結末。どんでん返しと言う言葉が相応しく読み終えてからの満足感はなかなかのものです。

 

リンク:ストーカー合コン

さいごに

以上、オンライン小説を5つご紹介してきました。

もしお子様が小説やラノベ好きの場合は、会話のきっかけに是非試してみてくださいね。

著者:藍

性別:女性

年齢:35歳

娘の進学に迷っているアラフォーママです。毎日楽しく生きる事をモットーにしております。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!