ママ目線!出産祝いにもらって本当に嬉しかったもの4選!

出産祝い

身内や友達、同僚に赤ちゃんが生まれることはとても喜ばしいことですよね。
でも、いざ出産祝いを選ぼうとすると何がいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、出産経験のある私が実体験をもとに、お祝いでもらって本当に嬉しかったものを4つ、紹介したいと思います。

まずは、相場を知ろう !

あれ、ちょっと待って!それよりお祝いの相場が気になるよ~という人もいらっしゃると思うので、簡単に相場のお話しますね。

 

お祝いを渡す相手との関係性にもよるのですが、だいたい3000~1万円くらいが一般的で、双方に負担のない額となっています。
いいものをあげたい!!!と高いものを選んでしまうと、今度はお祝い返しの時に相手に気を使わせてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

さて、本題に戻ります。
出産祝いにもらって嬉しかったもの4選ご紹介していきましょう!

1、「80㎝以上のベビー服」


新生児用の服はとても可愛らしいのですが、皆さんが思っているより早く着れなくなってしまうものです。
「もう着れなくなったけど、せっかくもらったものだし…」と捨てるに捨てられずタンスの奥に眠ってしまうこともありました。
80㎝以上の服を選ぶと新生児用の服と比べて長く着ることができるのでプレゼントした方も嬉しいですよね。

 

2、「現金、商品券」


自分へのご褒美に使うのもよし、赤ちゃんのために使うのもよし、とにかく自由度の高い現金、商品券は何に使うか考えるだけでもわくわくしました。
もらったお金、商品券で○○買ったよ~と報告すると相手の方も気持ちいいでしょう。

 

3、「絵本」


赤ちゃんの頃から絵本の読み聞かせをして感性豊かになってほしい、と願うのが親心だと思います。
でも、新米ママだと特に、慣れない育児に追われクタクタになってしまい、絵本を買いに行く暇もないということも多々あります。
そういう時に絵本が手元にあると役立ちます。
まだ言葉が通じなくても絵本に興味を示してくれる赤ちゃんはとても愛らしく癒されます。

 

もう ぬげない
  • ヨシタケ シンスケ
  • 価格   ¥ 1,058
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

4、「よだれかけ、スタイ」

うちの長男はとにかくよだれの量がすごくて、よだれかけなしでは過ごせないほどでした。
ひどい時は1日に5枚は取り替えていたので、出産祝いでもらったものはフル活用していました。
最近はさらにデザイン豊富になり、見ているだけで楽しめそうですね。

 

まとめ

以上が私が出産祝いにもらって嬉しかったものでした。
これを見てもまだ悩んでるという人は、一度ママさんに直接、欲しいものを聞いてみてはいかがでしょうか。

 

サプライズにはなりませんが、「何かしてあげたい」という気持ちだけでも嬉しいものですよ。
ぜひ、ご参考にしてくださいね。

著者:沢田

性別:女性

年齢:25歳

シングルマザーとして4歳の育児に奮闘中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします