兄弟姉妹で理不尽な扱いを受けた時の対処方法3選!

同じ兄弟姉妹でも上と下で親の態度が違ったり、納得いかないことを言われて強いられたりする人もいるかもしれません。

どうしても兄弟姉妹はお互いを意識してしまうもの。比べられて良いこともあれば、時には辛い思いとなってしまうこともありますよね。

 

今回は、兄弟姉妹で比べられた時、理不尽な扱いを受けたときの対策についてご紹介したいと思います。

1、話し合う

まず圧倒的に多いのは、親は兄弟姉妹で比べていることを気がついてないことが多いです。
だから自分の気持ちを、正直に話して見ましょう。
そこで親が態度をかえてくれれば一番良いのですが、逆に「お姉ちゃんだから」「お兄ちゃんだから、我慢しなさい」といわれるケースもあります。

 

そこで、絶対に納得しないで下さい。そういった場合は、友達など他の家庭はどうか聞いてみるとと良いかもしれません。自分の家では当たり前と思っていたことが、他の家では違うといったパターンもあるからです。

2、役所に相談

上記でも解決できないとき、また学校の先生など自分の知っている人にも相談が出来ないときは、自分の住んでいる地域の市役所の電話相談や市民課などに連絡をしてみましょう。

役所の方や専門家の方がしっかりと話をきいてくれます。そしてアドバイスをしてくれるでしょう。話の流れによっては、カウンセラーなど紹介してもらえる場合もあり得ます。

ですから一人で悩まず、思い切って相談してみるとよいかと考えます。もし解決されなかったとしても、言ったことで気持ちがスッキリするかもしれえませんよ。

3、環境を変える

これは成人していたり働いてないと難しいかもしれませんが、家を出て環境を変えてみましょう。
一人になることで、違った意味で親のありがたみが分かる可能性があります。

 

それとは別に、ずっと束縛されていた生活をしていた兄弟姉妹からすると、初めて自分に正直に自由に行動することができます。それにより、家にいた時よりも考え方や自分のやりたいことなどが変わってくる可能性があります。
それは、外との接点が多くなるからです。
今まで家の中だけで窮屈な思いをしていて、いろんなことを制限されていたと思います。それが全て自分の判断で、物事を決めていくのですから。

そのかわり、責任も自分にかかってきます。そこのところは、覚悟をしましょう。

さいごに

親に言われると、それが当たり前と思いがちになってしまうことが多いです。

それが間違っていることに気が付かず、長く我慢してストレスがたまり、うつ病といった精神的な病を患うことも考えられます。

 

そうならないためにも、まずは話し合うことが大事です。
いくら親子でも言わないと分からないことがありますよね。そして言われて初めて気が付くこともあるように思います。

 

それでもダメな場合は、周りを頼りましょう。いろんな人の意見を聞くことで、自分の中で解決の糸口が開けてくることもあります。

家の中で心にふたをしてしまっては、いつまでたっても解決できないで終わってしまいます。

勇気がいることですが、自分から行動することで変わることがたくさんありますよ。

 

著者:みのり

性別:女性

年齢:45歳

主人と娘の三人家族です。趣味は、ハンドメイド・ショッピングなどです。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!