結婚20年を迎えた旦那が伝える夫婦円満の4つ秘訣!

妻と結婚してもうじき20年になります。
子供が1人おり3人で暮らしています。比較的夫婦仲も良い(ことにしておきましょう。)

 

さて、この記事では妻と20年連れ添った私が、妻とうまくやってく上で大切な4つの秘訣をご紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

1、怒らない・押し付けない

結婚当初は私が亭主関白路線を目指していたので、色々なことを注意したり自分の習慣・価値観を押し付けて口論になることが多かったです。

しかし、夫婦喧嘩のたびに環境が悪くなっていくのです、おそろしい。

 

環境と言ってもわかりにくいですが、妻のふるまい全般が悪化するのです。だから喧嘩する→環境悪化→さらに喧嘩→さらに悪化という悪循環になってしまいます。ということは、後になって気が付きますがこれは明らかに損なので怒らないほうがお得なんです。

 

心おだやかに料理はまずくても美味い、満足に食べられない人も世界には沢山いるんです。食べれるだけで幸せ。

少し太ってきても(うちの妻はスタイルは良いですが)口にださない。世界のどこかの国では太ってることが美しいんですから。言葉使いが悪くなってもいいんです。マフィアよりよっぽどましでしょう。

2、だって人間だもの

なんかパクリっぽくなってしまいましたが、我も人、妻も人です。

人は間違いも多くとても完璧なものではありません。だからお互い許しあい補っていきましょう。

間違って当然、正解なら大拍手で祝福しましょう。

3、思いやり

旦那は仕事、妻は家事育児色々あります。多分言えないこともあります。

俺が食わせてるんだ、なんて傲慢な考えはすぐに捨てましょう。

妻は家事ロボットじゃないのですから、感謝することを挙げだすとキリがありませんよ。

4、しょせんは他人じゃない

考えてみればそれまで違う地域、習慣、環境で育ってきた男女が一緒に生活するんだから押し付けは絶対いけません。

あなたの価値観、奥さんの価値観、当たり前ですが一緒じゃないです。少しずつ混ざって家族になってくんだです。決して「しょせんは他人」ではないのです。

著者:妻の下僕

性別:男性

年齢:49歳

昔はもてました。今はエロおやじですが。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!