可愛く残してあげたい!子供の写真を上手に撮る方法!

子供,写真

日を追うごとにあっという間に、成長していく我が子の写真を可愛く撮りたいと思う親御さんも多いはずです。

 

しかし、子役モデルのように上手にポーズをとってくれる子もいれば、ただでさえピントを合わすことが難しいお子さんもいるでしょう。

シャッターチャンスを逃すまいとかまえた途端に、泣き出してしまったり。

子供ってなかなか写真を撮るのが難しいと感じたことはないでしょうか?

 

上手にポーズをとって、思いっきり作り笑顔というよりは、自然な表情を残してみたいなと欲張りな思いも生まれますよね。

今回はそんなお子さん想いのお母さん、お父さんのためにお子さんの写真を上手に撮る方法を伝授します。

もしかすると、カメラマンになったような気分を味わえるかもしれませんよ!

お子さんの目線に合わせてみよう!

 

何となく、写真の仕上がりがイメージと違うなと感じるのは、お子さんを大人目線で撮影を始めてしまったことが原因でしょう。

 

つまりお子さんを上からの視線で撮影してしまうと、構図的にはハイアングルといって、頭の部分が強調されてしまうからです。

お子さんの可愛いパッチリとした目の表情を残したいのであれば、腰をかがめて、アングルを落としてみることです。

 

お子さんの目線になることで、表情も感じとることもできますし、何に興味があるのか察することができるのです。

そうすれば、そろそろお砂場に行くのかな?とか、あっちにいる犬が気になっているのかな?といった次の行動も想像できるでしょう。

 

よくシャッターチャンスを逃してしまうのは、お子さんの動きについていけないことも原因にあります。

次のアクションがなんとなく予想できると、スマホやカメラを構えるタイミングも逃しません。

ただし奇想天外、予測不能なのがお子さん方の良い所でもあります。

撮影ばかりにとらわれないで!まずは一緒に遊んであげよう!

 

良い写真を残そうとするあまりに、お子さんと一緒に遊んであげることを忘れてしまってはいけません。

子供は、写真を撮ってもらうことより、大好きなお父さん、お母さんと遊んでいる方が好きなのです。

まずは一緒に遊んであげれば、満足していい表情を見せるはずです。

じっとしてないお子さんも、ちょうど遊び疲れて、少しの間はじっとしてくれるかもしれません。

 

基本的なことですが、無理強いして撮影するのは良くありません。

赤ちゃんでさえ、親御さんが写真を撮るのに必死で抱っこしてくれなければ、スマホを見ただけでそっぽ向いたり泣いたりします。

写真を残すことよりも、記念を残すことを優先することが大事です。

こだわらずに、色々な表情を残してあげよう!

 

にっこり可愛いお子さんの表情を残せた時は、思わず周りにも自慢したくなりますね。

しかし、そんなシーンは長くは続かず、次に撮影しようとした時には泣いてしまったとか、ご機嫌ななめなんてことがよくあります。

 

そんな時は、泣いている表情、ムッと怒っている表情など迷わず写真に残しておくのです。

しばらく経って、これまでの写真を見直すと、全部同じ表情よりも様々な表情の写真が残っている方が、笑みを呼ぶ素敵な記念になるからです。

少しくらいカメラフレームから、はみ出したって構いません。

あまり難しいことを考えずに、どんどんシャッターをきってみましょう。

著者:しろくま

性別:女性

年齢:40歳

泣き虫の兄と男勝りの妹を持つ2児の母

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします