幼稚園のお弁当にキャラ弁は本当に必要?今一度考えてみて!

幼稚園,キャラ弁,必要

ネットやテレビで見かける幼稚園児向けのキャラ弁って、驚くほどキレイですよね!入園式前になると、本屋さんに続々と並べられる、キャラ弁作りの料理本。いやおうにも焦ってしまいますよね。

 

お気持ち分かります!

作ってやりたいけど、無理かも…と思ってるあなた。

大丈夫ですよ!キャラ弁なんて必要ありません!

 

何で私がそう思うに至ったか、実際に幼稚園児向けにどんなお弁当を作ってきたかお話ししますね。良かったら、参考にしてみて下さい!

幼稚園のお弁当について考えてみよう

皆さんは幼稚園のお弁当の意味って何だと思いますか?

 

もう卒園して数年経ちますが、娘の初めてのお弁当を作ったときの話です。

「リンゴのうさぎちゃんが食べられないって泣いてます…」

と、担任の先生から電話がかかってきたんです。

私は驚きのあまり「え!?」と言葉にしてしまいました。

 

娘が通ってた幼稚園は、入園説明会のとき必ず言われるんですよね。

基本的にキャラ弁はやめて下さい!と。

でも、女の子のお弁当だし…少しでもかわいくしてやりたいよね!と思うのが親心。

デザートとして入れたリンゴの皮をうさぎの耳に見立てて、切り込みを入れたんです。昔からよく見かけるあれです。

実際には逆効果でした…普段、皮をつけたままりんごを食べたことのなかった娘は、大好きなリンゴに皮が付いてる???とパニックを起こしてしまったというわけです。

娘の気持ちになってみた

冷静になって、娘の気持ちになって考えてみたんです。

初めてママと離れて食べる食事です。先生やお友達が一緒にいるとはいえ、親しいわけではない、むしろ不安の方が大きいのですよね。そこに、食べ慣れてないりんごの皮。かわいいとかかわいくないとか思えるほど心の余裕はありません。

 

園長先生いわく、お弁当はママの象徴!ママを感じて、子供がほっとできる存在なのです。

確かに…実感しました。

だから、それからは娘の食べ慣れているもの、食べやすいものを。そして何よりも食べきれる量を入れることを心掛けるようにしたんです。

すると、次第に完食できるようになったんですよね。

キャラ弁って本当に美味しいのかな?

もう一度、何の媒体でも良いので、よ〜くキャラ弁見てみて下さい!キャラ弁を作るためには、平面で細かい作業をする必要がありますよね。だから、平べったくて、切ったり、張ったりしやすい材料が必要なんです!

のりとかハムとかチーズとか。

 

本当にそれらの食材、お子さんが大好きですか?更に、実際に数時間経って、冷めたご飯と食べてみて美味しいか?想像してみて下さい!

う〜んどうだろう?と首をかしげたあなた。

そうなんです!

どんなに見た目がかわいくても、おいしくなければ仕方がないんですよね。

お弁当に大切なこと

幼稚園のお弁当で大切なことはなんでしょうか?

 

私は、娘の幼稚園3年間と、現在年長になる息子の2年半近くお弁当を作っています。その際、大切にしてることが3つあります!

 

  • 1、好きな物だけを入れる!
  • 2、その時の体調を考えて、食べきれる量や形状にする!
  • 3、衛生面に気を付ける!(特に夏は)

 

1、好きな物だけを入れる!

一つ目に違和感を感じたあなた。先程お話しした通り、お弁当はママの象徴です。ふいにママを感じられる大切な存在なのです。だから、ここで好き嫌いをなくそう!なんて考えないで下さい。

台無しです。

 

大好きなお友達と先生に囲まれて、ランチタイムを楽しんで欲しいですよね。人参嫌い子が、キャラ弁のように飾り切りや型抜きして、見た目をかわいくしたら、食べるようなる?実際のところ、なかなか難しいです…

2、その時の体調を考えて、食べきれる量や形状にする!

二つ目ですが、意外に重要です!

 

お子さんの体調どうですか?ちょっと食欲がない?風邪気味?なら、何を入れてやれば食べられる?

最近は、行事の練習が立て込んでるから、お弁当の時間が少し短いみたい。なら、量を少な目にした方が、食べやすいものをした方が良いかなあ?

今日は遠足、園外保育だからお外でお弁当ね!食べやすいものにしないと。おにぎり?サンドイッチ?細かい飾りの付いたキャラ弁って食べにくくない?

 

などなど。

3、衛生面に気を付ける!(特に夏は)

最後は言うまでもなく、でも忘れがちですよね。

実はキャラ弁で一番気になってることで、どんなに気を付けても、あんなに細かい作業をしてたら、衛生面が心配…

しかも、チーズとかハムとかお魚ソーセージとか、キュウリにミニトマト。どれも生で心配…火を通してないし、夏場は特に心配です。

 

もちろん、幼稚園でも対策は取ってくれますよ!暑くなり始める時期から、おかずとご飯のお弁当箱を分けるよう指示があるんです。おかずのみ冷蔵庫で保管でした。

それでもやっぱり、危険は避けたいですよね。その点でも、キャラ弁は幼稚園児のお弁当に不向きです。

 

もちろん、年長にくらいになると女の子は

「かわいいお弁当が良い!」

なんて言い始めます。もちろん、説明すれば分かる年齢なので、きちんと話はします。

でも、不満顔…

「ほんとに食べられる?」

と止めを指すと、諦めてくれました。

さいごに

キャラ弁を作らなきゃ!と焦ってたあなた。もう、大丈夫ですよね。見た目よりも、幼稚園のお弁当には大切なことがある。ときっと分かってもらえましたよね?

 

  • 好き嫌いの解消のためにお弁当を利用しない!それは家の食事で頑張りましょう。
  • 子供が気持ちよく食べ切れるように、量や形状に気を付ける!足りなければ、家でおやつを。
  • 何より衛生面に気を付ける!ベトベト触らない。汁気は切っておく。なま物はなるべく避ける。

 

など、わざわざキャラ弁にしなくても、子供は、ママの作ったお弁当に「ママの存在」をしっかり感じています。

大好きなものを詰めて、いっぱいの愛情を持たせてあげましょう。

著者:ミーママ

性別:女性

年齢:43歳

小学校高学年の娘と幼稚園年長の息子がいる、専業主婦です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします