家族の絆がもっと深まるファミリーキャンプの勧め!

家族,キャンプ

皆さん、家族でキャンプに行ったことってありますか?

わが家は夫婦2人と子ども3人の5人家族です。子どもは9歳(長男)7歳(長女)2歳(次男)。

普段から特別キャンプが好き!という家族ではありませんでしたが、ひょんなことから毎年の恒例行事となってきました。

今回は、私が勧めるファミリーキャンプについてご紹介していきたいと思います。

なぜキャンプに行こうと思ったのか!

わが家の悩みは、家族で出かけよう!子どもたちの喜ぶところに行こう!と思うと必ずと言っていいほどもめることでした。年の近い2人は性別の違いから行きたいところが違う、2人が納得する場所では末っ子は楽しめません。
末っ子が乳児の頃はそれでも良かったのですが、歩けるようになってからは抱っこ紐でずーっと抱っこというわけにもいかず、自然と別行動が増えました。ですが、それだとなんとなくモヤモヤと違和感が残ります。

夫もその頃同じことを考えていたようで、私がたまたま長女の幼稚園のお友達家族がキャンプに行った話をしたところ、夫が「うちも行ってみない!」と言ったのがきっかけで初めてのキャンプへ行くことになりました!

いざ!初めてのキャンプへ。

この日にしよう!と日程を決めて、キャンプ場へ予約の電話をしたのは1ヶ月くらい前でした。
その1ヶ月の間、夕食時、団らん時、お風呂の中、寝る前、子どもたちはずっとキャンプの話をしていました。

特に食べることが好きな長男は「BBQがしたい!このお肉とあの野菜を焼こう!」と次々と提案し、長女は、どんな遊びをするか、川でスイカ冷やしたいと楽しい想像ばかりでした。

夫が休みの日には家族みんなでキャンプ用品の買い出しをして、あーでもないこーでもないと家族の意見が飛び交いました。
そんなことをしながら1ヶ月が経ち、待ちに待った当日。キャンプ場に到着し、テントの設営や食事の準備をしましたが、いつもは私がガミガミ言わないと動かない子どもたちが自分から進んで手伝いをしてくれました。
末っ子も広いキャンプ場で好きなだけ走って動いて疲れ果てるまで遊びました。
帰りの車の中で、必ずまた行こう!と子どもたちと約束しました。

何度行っても飽きない、新しい発見が連続のファミリーキャンプ!

わが家のキャンプの回数も今年で10回を超えましたが、毎回子どもたちの成長を感じる機会になっています。

キャンプのおかげで長女は食べ物の好き嫌いが減りました。長男もテント設営はお手の物、次男はずーっと笑顔で過ごしています。
実は夫の知らなかった一面も発見し、かなり頼りがいのある男だなぁと改めて見直したのもキャンプの最中でした。
夫も私の料理の腕があがったのはキャンプのおかげだと褒めてくれます。今までは?というのは置いといて。笑

こんな感じで毎回お互いの良いところや成長を感じ、見えない絆を深めているわが家です。
みなさんもぜひ一度、チャレンジしてみてください。家族がもっと仲良くなりますよー!

著者:YUKA

性別:女性

年齢:32歳

元保育士 32歳 3児の母 食育アドバイザーの資格を持っています