私が実践して効果のあった母乳の出を良くする8つの方法とは!

母乳の出

赤ちゃんを母乳で育てたいと思うママは多いですが、体質や体調によっては出が悪かったり、足りているのかと不安になってしまったりと悩みは人それぞれです。

 

今回は私が実践してみて良かった母乳の出を良くする方法7つをご紹介していきます。

よく寝る。お昼寝する

疲れが溜まっていると母乳の出にも影響するので、できる限りゆっくり休むようにしましょう。

赤ちゃんが寝ている時に、お昼寝するのもオススメです。

ストレスを溜め込まない

精神的なストレスは母乳の出にも影響するので、あまり神経質にならずリラックスするように心がけましょう。

赤ちゃんにしっかり飲んでもらう

初めは赤ちゃんが上手に飲めなくても、機嫌が良い時やお腹がすいているタイミングを狙って、根気強く飲ませて見ましょう。
母乳は飲まれた分だけ生産される仕組みなので、吸われた分だけ母乳の分泌もよくなります。

あたたかい飲み物、汁物を飲む

母乳は水分からできているので、こまめに水分補給をしましょう。

毎食汁物をつけたり、ホットの飲み物を飲むことで体を温める効果もあります。

お風呂に入る

お風呂でリラックスしたり、体を温めると血流が良くなるので、母乳の出が良くなりやすいです。

赤ちゃんをいっぱい抱っこする

ママと赤ちゃんのお肌の触れ合いでオキシトシンという母乳分泌ホルモンが出るため、母乳が出やすくなります。

スキンシップは大切にしたいですね。

体を冷やさない

産後はホルモンバランスや自律神経の乱れで身体が冷えやすくなります。

冷え性の方は血流が悪くて、疲れやむくみの原因になることはもちろん、母乳の出にも影響があります。

厚着をしたり靴下や腹巻きを身につけるなどして、身体を温める事が大切です。特に首、手首、足首を温めると良いと言われていますよ。

AMOMAミルクアップブレンド


こちらはかなりオススメです。

オーガニックのハーブティーですが、割と飲みやすい味です。ジンジャーなどの身体の巡りをよくしてくれるハーブが配合されています。

個人差はありますが、私は飲むと身体がポカポカして、母乳がじわじわ作られるような感じでした。

まとめ

母乳は飲む血液と言われることもあるくらい、ママが身体を温めたり、リラックスして血流を良くすることが大切です。

 

私が実践してみて良かった母乳の出を良くする方法8つをぜひ参考にしてみて下さい。自分に合った方法を見つけて、多くのママたちに母乳育児を楽しんで頂ければと思います。

著者:3児のママりっちぇる

性別:女性

年齢:31歳

3人の育児に奮闘中のママです。以前は管理栄養士として働いていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ