3人のママが伝授!ワンオペお風呂を乗り切る5つのコツ!

ワンオペお風呂

ワンオペ育児の中でも、ママにとって最も負担がかかるのはお風呂ではないでしょうか?

料理や掃除は子どもが寝てる間に済ませることもできますが、お風呂ばかりはそういうわけにはいきませんよね。

私自身4歳2歳0歳の3人の子どもをもつママですが、よく周りの人からどうやって3人同時にお風呂に入れているの?と聞かれることがあります。
そこで今回は、ワンオペお風呂を乗り切るコツ5選をご紹介したいと思います。

1、パジャマとオムツを準備する

お風呂を上がったら、スムーズに服を着せてあげれるように、パジャマとオムツを準備しておくと安心です。

もちろんそれ以外にも、必要なものはすべて揃えておくことでお風呂上がりのバタバタがなくなります。

2、空調を使って部屋を快適にしておく

一人で子どもの服を着せていると、着るまでに時間がかかってしまいます。少し電気代はかかりますが、夏と冬は空調を使ってお部屋を快適にしておきましょう。

特に真冬は湯冷めや風邪の原因になるので、お部屋を暖かくてしておけば、焦らず落ち着いて服を着せることができます。

3、子供の機嫌が良い時間帯に行う

子どもが不機嫌になってしまうと、お風呂を嫌がり始めて入るタイミングを逃すことがあります。子どもの機嫌が良い時間帯を狙って、お風呂に誘うようにしましょう。
ちなみに、我が家の場合は夕食前の18時頃までには済ますようにしています。

4、パジャマを着られるように練習してみる

個人差はありますが、2歳くらいからはパジャマを着る練習をしてみると良いでしょう。

無理に練習させる必要はありませんが、少しでも着られたらとにかく褒めることで、子どもたちは喜んで着てくれるようになります。
我が家の4歳と2歳の子どもたちは、競争しながら楽しくパジャマを着てくれています。

5、アイテムに頼る

・お風呂用おもちゃで間をもたせる

お風呂を楽しい場所にしてあげることで、ママが洗っている待ち時間も楽しく遊んでくれて、お風呂がスムーズになります。

・泡ボディーソープで時間短縮する

固形石鹸を泡立てる時間が惜しいというママは、泡で出るタイプのボディソープがおすすめです。

・バスチェアなどで赤ちゃんの居場所をつくる

つかまり立ちできるまでは、浴室内で赤ちゃんが安全に待機できる場所を確保してあげましょう。

・フード付きバスタオルを使う

これはかなりおすすめで、フードをかぶるだけで身につけられるので拭く手間も省けます。

子どもが自分で歩いて移動する時に足に引っかかりにくく、転びにくいので安全です。

まとめ

お風呂が大変なのも、可愛い我が子と一緒にお風呂を楽しめるのも今だけです。

今回ご紹介したワンオペお風呂を乗り切るコツ5選をを参考にして、みなさんもお風呂を上手に乗り切ってくださいね。

毎日一人でお風呂に子どもを入れていると、ママはお風呂にゆっくり浸かる時間なんてありませんよね。たまには家族に代わってもらって、一人でお風呂に入ってリラックスするのも良いですよ!

著者:3児のママりっちぇる

性別:女性

年齢:31歳

3人の育児に奮闘中のママです。以前は管理栄養士として働いていました。