全ての親が子供に伝えたい人生で大切にしてほしい4つのこと!

子供に伝えたい

今年、成人式を迎える娘がいます。その娘の兄は既に大学を卒業し社会人1年生です。

成人になりこれからの人生において色んなことがあると思います。私にもまだ残りの人生にたくさんの出来事が待っていると思いますし、偉そうなことは言えないのですが、ここまで順調に育ってくれた子供たちに伝えたいことはまだまだあるものです。

親の立場になったからこそ分かることは多くありますが、その中でも共通していることもあるのです。

そこで、この記事では子を持つ全ての親が子供に伝えたいであろう4つのことをご紹介していきたいと思います。

1、常に人に対する思いやりを忘れないこと

どんな時でも相手を思いやる心を忘れないようにしてほしいと思います。

誰しも自分が一番大切だと思いますが、自分のことばかり考えて、相手のことを考えない人は平気で人を傷つけます。常に相手が何をどう思っているのかを考えることが生きていくうえで重要なのだと思います。

ただし、あまり気にしすぎたり、自分を基準にして考えることはいけません。適度にというのは難しいかもしれませんが、常日ごろからそのような気持ちを持ってほしいものです。

2、友人を大切にすること

若い時は余程のことがない限り、ある程度、友人がいるものだと思いますが、誰しもが年齢を重ねていくうちに疎遠になっていき、ふと気付いたら独りになっていることがあります。

だからこそ、人数ではなく信頼できる友人が一人でもいることが大切だと思います。

近年、ロボットや人工知能(AI)の普及が進み、人と人同士のコミュニケーションが大きく変化しています。これから先、さらにテクノロジーが発展していく中で、人とのつながりを大切にすることが重要になってくると思います。

3、自分の意志や目標をしっかりもつこと

人は目標が無いと生きる意欲を失います。

何事にも目標を明確にもって常にモチベーションを保ち、やり遂げることは大切なことです。また、自分の意志をしっかりもって、時にはそれをうまく相手に伝えることが重要です。

自分の意志で決断した時、責任感が養われ成長を促します。失敗を恐れず向かっていってほしいものです。

4、いつも明るく笑顔でいること

毎日笑顔を絶やさず明るく前向きに生きることで、周囲の人たちに良い影響を与え、何事もスムーズに進むでしょう。

仕事がうまく捗らず辛い時も苦しい時も、いつも明るく取り組むよう心がけることによって、周りの雰囲気が晴れやかになり、吸い寄せられるように人が集まってきます。

そのうちに仲間や相談相手も増え、いつの間にか困難を乗り越えています。特に女性にとっては、いつも笑顔を心がけることはたいへん大切なことだと思います。

最後に

これから先も急速な情報化や技術革新は、私たちの生活に大きな変化をもたらし、10年後、20年後に世の中がどうなっているか想像もつきません。

しかし、上記に挙げた4つのことはいつの時代も人生を送る上で大切なことです。親は恥ずかしい気持ちもあり改まって子供に直接このような話はしませんが、常にこういった気持ちを持って子供を見守っているということを少しでも分かっていただけると親としては大変嬉しいものですよ。

著者:りょう太

性別:男性

年齢:55歳

平凡な毎日を過ごしているサラリーマンです。