赤ちゃんがパクパク食べる簡単離乳食メニュー5選!

離乳食

生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルクで成長していきます。
そして生後6ヶ月くらいから離乳食を始めていきます。
最初は一口のお粥から始まり、少しずつ食べる食材の種類、量を増やしていくのです。

 

可愛い赤ちゃんの成長がさらに進むのは嬉しいものですが、離乳食になかなか慣れず、あまり食べられない赤ちゃんも多いのではないでしょうか?
そんな中でお母さんたちは少しでも食べられるよう様々な工夫をすると思います。

 

今回はそんなお母さんたちのために、簡単に作れる食べやすい離乳食をご紹介します。
基本的に食材はお湯で茹でて、月齢に合わせて潰したり切ったりしたものです。

1.しらすのお粥

 

月齢に合わせて炊いたお粥にしらすを入れるだけです。
しらすは熱湯をかけるだけでも大丈夫ですのでとても楽です。
(離乳食は熱を通す必要がありますし、塩抜きもできるので必ず熱湯をかけてください)

 

大人がしらすご飯を食べるように、赤ちゃんにもこの組み合わせはとても合うようです。
ほうれん草などを入れると色どりも良くなりますし、美味しくなりますよ。

2.人参と大根のお粥

 

月齢に合わせて炊いたお粥に、やわらかく茹でた人参や大根を混ぜます。
カツオや煮干しで取った和風だしを加えると風味もアップして食べやすくなります。
塩やお醤油などを入れる必要はありません。

 

離乳食後期になれば、大人が食べるお味噌汁を少し薄めて入れてみてもいいかもしれません。

3.ブロッコリーチキン

 

やわらかく茹でたブロッコリーと鶏肉を和えるだけです。
市販の離乳食のためのホワイトソースと一緒に和えると食べやすくなります。
鶏肉は茹でやすく、さっぱりとしたささみが良いですね。
お野菜とお肉を一緒に食べることができるので、食べさせるのも楽です。
ブロッコリーの代わりにキャベツでも美味しく作れます。

4.サーモンポテト

 

茹でたじゃがいもと鮭を和えるだけです。
じゃがいもはつぶしてマッシュポテトにすると、とても食べやすいですね。

 

じゃがいもと鮭の組み合わせは、大人の料理でも合うと思うのですが、赤ちゃんの味覚にもよく合うようです。
鮭はなかなか万能で、お粥に入れてもよいですし。
他のお野菜ともよく合うので離乳食にはもってこいの食材です。

5.さつまいもアップル

 

さつまいもとりんごをやわらかくなるまで一緒に煮て、そのまま混ぜるだけです。
離乳食初期の頃はブレンダーなどでペースト状にするとよいでしょう。
後期にもなれば小さめの角切りでも食べられます。

 

甘いので、赤ちゃんにはとても食べやすいですし、大人が食べてもちょうどよいくらいに美味しいです。
育児に疲れたお母さんのちょっとしたスイーツにもなっちゃいます。

さいごに

手の込んでいないくらいがちょうどいいです!
なかなか離乳食を食べられない赤ちゃんは心配になりますが、根気よく食事を続けていけば、きちんと食べられるようになりますよ。

 

何より、シンプルなものが一番です。
ほとんどの食材が冷凍も可能なので、気楽に離乳食作りをしましょう。

著者:さり

性別:女性

年齢:35歳

幼稚園に通う子供を育てている、のんびり主婦です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう